コイントス/Coin Toss

 一部のカードに見られる、効果を判定する際に行う行為。
 文字通りコインを投げ、その結果によって効果が決まる。
 当然ながら、基本的に成功率は1/2となる。

 「コインの表裏を当てる」タイプと「コインの表が出るか裏が出るかで効果が分かれている」タイプの2通りが存在する。
 前者の場合、予想が当たった場合にアドバンテージが得られ、外れた場合にディスアドバンテージを負う事が多い。
 後者の場合、表にメリット効果が、裏にデメリット効果が設定されていることが多い。
 なお、成功するかは不確定な上、失敗した場合のデメリットが大きいためか、カード効果の発動自体にはコストが無い場合が多い。

  • 一連の判定動作を全て自分で行うため、あくまで理論上だが練習によって精度を上げる事は可能である。
  • トラブル防止のため、コイントスを行う前にコインのどちらが表面でどちらが裏面なのかを互いに確認しておく事が望ましい。
    例えば日本の硬貨の場合、「昭和◯◯年」「平成◯◯年」と鋳造年が刻まれている方が裏であるという、造幣局での取り決めが採用される事が多い。
    これに従うと、ほとんどの硬貨は「100」「10」などの額面が記されている方が裏にあたるが、5円玉だけは「五円」と刻まれている面が表である。
  • デュエリストボックスに付属し、その後単品販売もされたデュエル専用計算機「デュエリストデバイス」には、電子的にコイントスができる機能がある。
    大会では通常、実物のコインを用いずスマホアプリ等でコイントスを行う事は禁止されているが、「デュエリストデバイス」のコイントス機能だけは公認大会規定でも使用を認められている。
  • アニメGXの「明日香vsボーイ」戦にて、ボーイが《サンド・ギャンブラー》等を使用し、コイントスでの判定を行っている。
    斎王琢磨の使用したアルカナフォーステキスト上はコイントスを行う事になっていたが、特にコイントスは行われずにソリッドビジョンのカードがひとりでに回転して「正位置」「逆位置」を決定していた。
  • アニメ5D'sの「クロウvsレオ」戦において、レオがコイントスによって攻撃力を上げる効果を持つモンスター「クロック・ナイト」シリーズを使用している。
    こちらはアニメGXのボーイとは違い、コイントスをプレイヤーのレオではなく、効果を使うモンスター自身が行っていた。
  • アニメZEXALのWDC決勝大会デュエルコースターにおいて、《運命の分かれ道》がレーン上に設置されていた。
    遊馬とゴーシュがこのレーン上を通過し、見事二人ともコイントスで表を当てライフ回復した。
    ちなみに、このとき現れたコインはやけに大きかった。
  • コナミのゲーム作品において―
    一部のゲームソフトには、電子的にコイントスを行える機能がついている。
    なお、前述のデュエリストデバイスと異なり、こちらは公式の大会では使用できない。
  • WORLD CHAMPIONSHIP 2007のテーマデュエルには、「コイントスを5回以上連続で成功させる(表裏を当てる)」というものがあり、最高ランクのSを取るには10回連続で成功させなければならない。
    TAG FORCEシリーズにも同様のチャレンジ(コイントス10連続成功)が存在する。
    1度目で成功する確率は1/2の10乗で0.09765625%と、相当厳しいものとなっている。
    《セカンド・チャンス》を併用したとしても、1度目で成功する確率は3/4の10乗で5.63135147%と、かなりの難易度を誇る。
  • TAG FORCE 23DUEL TERMINALに登場する斎王琢磨は、アルカナフォースのコイントスに限り、かなりの確率で自分に有利な結果が出るよう設定されている。
    また、このシリーズではアルカナフォースの効果でコイントスを行う際、コインを表示する代わりにアニメと同様にカードを回転させて「正位置」「逆位置」を決定する演出が行われる。
    一方、TAG FORCE SPECIALではそのような補正と演出が消されてしまい、大幅に弱体化している。
  • デュエルリンクスではジャンケンではなくコイントスで先攻後攻を決める方式を取っている。
    尚、表が出たら自分が先攻と決められており、デッキタイプによって有利な方を選択する方式ではないので注意。

関連カード

―コイントスを行う効果を含むカード

――上記以外のコイントスに関連するカード

関連リンク

FAQ

Q:ショップデュエルにおいて、デュエリストデバイスのコイントス機能、ゲーム内のコイントス機能、携帯アプリ「遊戯王5D'sモバイル」のコイントス機能を用いてコイントス判定を行うことはできますか?
A:コイントスの判定を「デュエリストデバイス」を用いて行うことは可能ですが、それ以外の電子機器を使用する事はできません。(14/05/06)

Q:コイントス時、不正防止のために相手がジャッジによるコイントスを要求しました。
  この場合、ジャッジにコイントスをさせなければいけませんか?
A:明確な規定はありません。
  よって、当日の審判の方にご相談頂き、その判断に従ってください。(11/04/15)

広告