コンタクト融合/Contact Fusion

 POWER OF THE DUELISTから登場した、《E・HERO ネオス》ネオスペーシアンが行う特殊召喚の通称。
 この方法で特殊召喚される融合モンスターは「コンタクト融合体」と呼ばれ、以下の共通する召喚条件を持つ。

自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。

 また、《E・HERO マリン・ネオス》以外は以下の共通する誘発効果を持つ。

エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。

 通常の融合モンスターと異なり、特殊召喚する際に《融合》などの一般的な融合召喚を行うカードを用いて融合召喚するという形をとらない。
 特殊召喚は、自分フィールド融合素材デッキ戻すことで行われる。
 特殊召喚に他のカードを介さず融合素材のみで特殊召喚できる代わりに、《融合》のように手札から融合素材を用意することはできずフィールドに揃えなければならない。
 特に、共通の融合素材である《E・HERO ネオス》最上級モンスターであるため、正規の特殊召喚は難しいように見える。
 だが、《E・HERO ネオス》ネオスペーシアンはどちらもサポートカードが非常に豊富であり、実際には特殊召喚はさほど難しくない。
 《E・HERO エアー・ネオス》1ターンキルが狙えるほどである。

 一方で、ほぼ全てのコンタクト融合体が持つエンドフェイズエクストラデッキに戻ってしまう効果は大きなデメリットになる。
 このため、《ネオスペース》《インスタント・ネオスペース》《コンタクト・アウト》チェンジといったデメリット回避手段が必要になる。

 蘇生制限を満たした場合、蘇生帰還は可能だが、その場合もエンドフェイズエクストラデッキに戻ってしまう。

 基本的には、《E・HERO ネオス》と全てのネオスペーシアンがそれぞれ1対1で対応する。
 《E・HERO マリン・ネオス》を除き、ステータス《E・HERO ネオス》と同じレベル7・攻撃力2500・守備力2000で統一されており、属性融合素材ネオスペーシアンと同じである。
 また、《E・HERO ネオス》1体に加えネオスペーシアン2体を必要とするコンタクト融合は「トリプルコンタクト融合」と呼ばれる。
 いずれも通常のコンタクト融合体よりも強化された効果エクストラデッキに戻った際に発動する誘発効果を持っている。
 ステータスネオスペーシアン1体で行うコンタクト融合体より高く、それぞれレベル9・攻撃力3000・守備力2500で統一されている。
 現在この方法を取るモンスターは3体存在する。

  • 特殊召喚魔法カードを必要としないため、アニメでは「十代vs明日香」(2戦目)や「十代vs空野」戦など、魔法カード無効化による融合封じを切り抜けるためにも使われている。
    「十代vsツバインシュタイン」戦では、「融合には3枚のカードが必要」と考えていたツバインシュタインの思惑を崩した。
    「十代vsクロノス」(2戦目)からは、《ミラクル・コンタクト》発動しての擬似的なコンタクト融合も行われている。

関連リンク

―コンタクト融合で特殊召喚されるモンスター

―「『ネオス』と名のついた融合モンスター」または「《E・HERO ネオス》融合素材とする融合モンスター」に関する効果を持つカード

―類似した手順で召喚されるモンスター

―その他のリンク

FAQ

Q:自分の場の装備魔法扱いの《E・HERO ネオス》デッキに戻し、これらのモンスター特殊召喚することはできますか?
A:はい、特殊召喚できます。(10/07/29)

広告