ペンデュラムスケール/Pendulum Scale

 ペンデュラム召喚を行う時にチェックする数字です。
 モンスターレベルとは異なる数字が書かれている場合もあります。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • 現在、変動なしのペンデュラムスケールの最大値は13、最小値は0となっている。
  • ペンデュラムスケールの評価について。
    左右のペンデュラムゾーンに置かれたカードのスケールの差が大きいほどペンデュラム召喚できるモンスターの幅が広がる。
    従って、スケールの数値は高ければ高いほど評価が高まり、また低ければ低いほど評価が高まる。
    上はスケール7以上、下はスケール2以下であれば、概ね優秀なスケールを有していると言える。
    スケール8以上とスケール1以下は貴重で、ペンデュラム召喚導入から1年以上デメリットのないものが存在しなかった。
  • ペンデュラムスケールを表示する欄は2つ存在するが、左右の欄に異なるペンデュラムスケールが記されたカードは存在しない。
    また、ルールブックにも「右のペンデュラムゾーンでは右のペンデュラムスケールを参照する」といった規定はない。
  • 「スケール(scale)」は「目盛り」を意味する。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ・漫画ARC-Vにおいて登場した新要素。
    青い光の柱に浮いたペンデュラムモンスターの下にペンデュラムスケールの数字が現れる。
    劇中では専ら省略して「スケール」と呼ばれており、ペンデュラムスケールの数値を表す際には「スケール1」「スケール8」などと呼称する。
    また、既に2枚のカードペンデュラムゾーンに置かれて、その内の1枚がフィールドから離れた際、エドは「ペンデュラムスケールを崩した」と表現していた。
  • 漫画ARC-Vは、話数の単位が「スケール1」「スケール2」…となっている。
  • アニメARC-Vに登場した《EMオッドアイズ・プリースト》は本放送時のペンデュラムスケールは3だったのだが、本来ペンデュラム召喚できないレベルペンデュラム召喚するミスが生じてしまった。
    辻褄を合わせるためか再放送時にペンデュラムスケールを1に修正している。

関連カード

―ペンデュラムスケールに関連する効果を持つカード

関連リンク

FAQ

Q:右側のペンデュラムゾーンに置かれている時は右側のペンデュラムスケールを、左側のペンデュラムゾーンに置かれている時は左側のペンデュラムスケールを参照してペンデュラム召喚を行うのでしょうか?
A:現時点では、左右どちらのペンデュラムゾーンにカードを置いた場合でも、どちらのペンデュラムスケールを適用しても構いません。(14/03/21)

広告