効果外テキスト/(True) Condition

 カードの処理について記述したテキストのうち、効果として扱われないものの事(ルール効果等と同様、非公式用語である)。
 召喚制限特殊召喚モンスター召喚条件、素材・用途制限、維持コスト特殊勝利条件などが該当する。
 そのカード専用の「ルール」とも言える。

効果以外のテキスト

 (遊戯王OCGパーフェクトルールブック p153より引用)


  • 第9期より効果として扱うテキストは文頭に番号が付く様になった。
    つまり、テキスト欄にある文頭に番号がないテキストは効果外テキストである。
    • 例えば以下の《クリッター》の場合、『「クリッター」の効果1ターンに1度しか使用できない。』が効果外テキスト、『(1):このカードが〜』以下の部分は効果である。
      《クリッター/Sangan》
      効果モンスター
      星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 600
      「クリッター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
      (1):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
      デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。
      このターン、自分はこの効果で手札に加えたカード及びその同名カードの発動ができない。
    • ただし、丸番号のついている効果外テキストが存在する場合もある。
      例えばカード単位や個別の効果にだけ掛かる発動条件などは関連する効果テキスト内に含めて書かれている事もある。
      デュアル効果獲得条件やカード名縛りでない「1ターンに1度」など)
    • 第9期以前のカードの場合、効果か効果外テキストかを見分けるのは困難である。
      極端な例では一文の中に効果テキストと効果外テキストが一繋ぎで記述されているものもある。(ダストンの共通デメリットなど)
  • 誓約効果効果という名前を持っているが、これはあくまで俗称であり、実際には効果として扱われない効果外テキストにあたるので注意が必要である。
    詳しくは誓約効果のページを参照。

効果外テキストの種類

 効果外テキストには様々なものがあるが、その中でも代表的な物を列記する。

召喚条件

 効果外テキストのうち、特殊召喚モンスターやその他の効果モンスターフィールド通常召喚、または特殊召喚するための条件。
 本Wiki内では主に特殊召喚モンスターについて用いられることが多いが、公式用語としては特殊召喚モンスターでなくとも「このカード特殊召喚できない」というテキスト召喚条件にあたり、召喚条件を無視できるカードを使えば特殊召喚できる。
 当項目ではWiki内での表記としての特殊召喚モンスター召喚条件について説明する。

召喚制限

 効果外テキストのうち、召喚特殊召喚の方法を制限するもの。
 本Wiki内では主に「特殊召喚モンスター以外で通常召喚特殊召喚の方法を制限するもの」に用いられる用語だが、召喚条件の項目にあるように、公式用語としては召喚条件に含まれる。
 当項目では特殊召喚モンスター以外の召喚条件について説明する。

 以下のような「特殊召喚できない」テキストが代表的な召喚制限だが、ゴーストリックのように表側表示での召喚を制限するもの、《タツノオトシオヤ》のように特殊召喚の方法を制限するものなどもある。

《BF−極北のブリザード/Blackwing - Blizzard the Far North》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/鳥獣族/攻1300/守   0
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。 

発動条件

 効果外テキストのうち、効果ないしカード発動条件を示した物。
 「《カード名》の効果1ターンに1度しか使用できない」等の、同名カード全体に渡る発動条件に限り、丸番号なしの効果外テキスト部分に記載される。
 これは効果外テキストではあるが、《ファントム・オブ・カオス》等で効果をコピーした場合、一緒にコピーされる点に注意したい。
 例えば下記の《熱血獣士ウルフバーク》《ファントム・オブ・カオス》でコピーしても、効果外テキストを無視して蘇生効果を1ターンに何度も使うことはできない。

《熱血獣士ウルフバーク/Coach Soldier Wolfbark》
効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1200
「熱血獣士ウルフバーク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の獣戦士族・炎属性・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

効果の獲得条件

 効果外テキストのうち、ディフォーマーデュアル等、特定の条件下でのみ効果を得るカードの、効果の獲得条件を示した物。
 これは効果外テキストではあるが、《ファントム・オブ・カオス》等で効果をコピーした場合、一緒にコピーされる。
 また扱いとしては効果外テキストではあるものの、文脈の都合上丸数字の後に記載される事が多い。
 例えば以下の《E・HERO アナザー・ネオス》の場合、(1)はルール効果、(2)は再度召喚して効果モンスターとなる部分までが効果外テキスト、●以降は永続効果という扱いとなる。

《E・HERO アナザー・ネオス/Elemental HERO Neos Alius》
デュアル・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1900/守1300
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、
通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを
通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「E・HERO ネオス」として扱う。

維持コスト

 効果外テキストのうち、一定のコストを支払わないと自壊する処理を示した物。
 維持に必要なコストには、ライフポイントを払う、リリースを行う、手札公開するなどがある。

《プレデター・プランター》
永続魔法
このカードのコントローラーは、自分スタンバイフェイズ毎に800LPを払う。
またはLPを払わずにこのカードを破壊する。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地からレベル4以下の「捕食植物」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
《スクリーン・オブ・レッド/Red Screen》
永続罠
このカードのコントローラーは自分エンドフェイズ毎に1000LPを払う。
1000LP払えない場合このカードを破壊する。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、相手モンスターは攻撃宣言できない。
(2):自分の墓地のレベル1チューナー1体を対象として発動できる。
このカードを破壊し、そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はフィールドに「レッド・デーモンズ・ドラゴン」が存在する場合に発動と処理ができる。

特殊勝利条件

 効果外テキストの内、特殊勝利の条件を示した物。
 特殊勝利に関するテキストは例外なく効果外テキストである。
 よって特殊勝利は条件を満たすと同時にチェーンを作ることなく成立し、あらゆる効果によって無効にできない。
 もちろん、特殊勝利条件を満たすための効果(下記の《ウィジャ盤》なら(1)の効果)を無効にする事で間接的に特殊勝利を妨害することは可能である。
 詳細は特殊勝利を参照。

《ウィジャ盤/Destiny Board》
永続罠
このカードと「死のメッセージ」カード4種類が
自分フィールドに揃った時、自分はデュエルに勝利する。
(1):相手エンドフェイズにこの効果を発動する。
手札・デッキから、「死のメッセージ」カード1枚を
「E」「A」「T」「H」の順番で自分の魔法&罠カードゾーンに出す。
(2):自分フィールドの「ウィジャ盤」または「死のメッセージ」カードがフィールドから離れた時に
自分フィールドの「ウィジャ盤」及び「死のメッセージ」カードは全て墓地へ送られる。

関連カード

関連リンク

広告