三幻神

 《オシリスの天空竜》《オベリスクの巨神兵》《ラーの翼神竜》3体の総称。
 通称「神のカード」。
 いずれもレベル10・神属性幻神獣族モンスターであり、以下の共通した召喚制限ルール効果永続効果を持つ。

このカードを通常召喚する場合、
3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には
(このカード以外の)魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。

 また、特殊召喚できない《ラーの翼神竜》以外の2体は以下の共通した誘発効果を持つ。

(5):このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを墓地へ送る。

 3体のリリースという重いコストを必要とするものの、こと召喚に関しては神に相応しい能力を誇っている。

  • 三幻神をモチーフとして作られた三幻魔三邪神も存在する。
    これらは初めから公式のデュエルで使用可能である。
  • 原作・アニメにおいて―
    ファラオの墓にある石版より再現された「神のカード」。
    デュエルモンスターズの創造主であるペガサス・J・クロフォードの思惑を越えた超自然的な力を持ってしまったため、彼はこれらのカードを生み出した事を最大の過ちだったと言い残している。
    ペガサスの依頼を受けたエジプト考古局によって長らく王家の谷に封印されていたが、レアカード窃盗組織「グールズ」により3枚のうち2枚が盗まれてしまう。
    ここから「神のカード」に纏わる数多のエピソードが生まれる事となる。
    強力な耐性(下記参照)や効果を有しており、その様相をマリクは「モンスターではない、神だ!」と評し、作中のバトルシティ編におけるデュエルの中心を担っていた。
    その後の「ファラオの記憶編」では幻の召喚獣として登場する。
    最終決戦ではファラオの名の下に三幻神を束ね《光の創造神 ホルアクティ》を誕生させ、大邪神ゾーク・ネクロファデスとの戦いに終止符を打った。
  • 「三幻神」は英語版アニメでは「Egyptian God Cards」と呼ばれている。
    「God」の言葉が使用できるのは、「エジプトの神」という言い回しを用いることでキリスト教の唯一神でない事を示しているためである。
  • アニメGXでは、デュエル・アカデミアのランクとして三幻神の名前が使われている。
    最上位はオベリスク・ブルー、中間がラー・イエロー、最下位がオシリス・レッドと呼ばれている。
    女子生徒は成績関係なくオベリスク・ブルー所属となっているが、アニメでは例外として早乙女レイが「ジェネックス」準優勝特権で第3期までオシリス・レッドに所属した。
    かつて《オベリスクの巨神兵》の使い手だったオーナーの意向が反映された順位付けだろうか。
  • ペガサスが十代達に語っているように、オリジナルの神のカードは既にこの時には存在しない。
    しかし多くの人の記憶には残っているためか、作中では幾度か話の話題に上がっただけでなく、《ラーの翼神竜》コピーカードが登場している。
  • アニメGXのラストデュエルである「十代vs遊戯」戦は、過去に飛ばされた十代が遊戯のデッキからその気配を感じ取っており、三幻神を全てデッキに投入していたと思われる。
  • アニメ5D'sでは直接の登場はなかったが、チーム・太陽の切り札《眠れる巨人ズシン》が「三幻神に匹敵する力を持つ」と評されている。
    時代設定ではアニメDMのバトルシティ編から数十年が経過しているのだが、未だにその名前と力は伝わっているようである。
  • なお世界観や設定の違いからかアニメZEXALシリーズ・アニメARC-V・アニメVRAINSでは、「三幻神」について上記のように言及されることはなくなっている。
  • 原作の後日譚となる劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』では、3枚とも神殿の地下深くへと失われている。
    ただし劇中では1度だけ《オベリスクの巨神兵》が使用されたが、それについては当該ページを参照。
  • TAG FORCE SPの海馬ルートでは、マリク、遊戯を倒した海馬が三幻神を手中に揃え、2度と外の者に渡らせるなと勧告をした上でイシズに返却することとなる。
    エンディングでは彼の最も信頼するモンスター《青眼の白龍》をバックに「神のカードが保管される貴様らの王家ごと買い取ってくれる!!」と豪語している。

関連リンク

―三幻神

―三幻神をモチーフとするモンスター

―その他のリンク

広告