対象をとらない効果

 対象をとる効果以外の効果のこと。
 詳しく言えば、カードの効果のうち、発動時にどのカードに影響を及ぼすのかを選択しないもののこと。
 効果処理時効果の適用を行う目標を決定する効果のことを指す場合が多いが、正確には、上記の通り、対象をとる効果以外の効果全般を指す用語であり、目標を選ばない効果プレイヤーに対する効果などもこれに当たる。
 対象をとる効果のページも参照。

対象をとる効果との処理の違いについて

《ジャンク・パペット/Junk Puppet》
通常魔法
自分の墓地の「ギミック・パペット」と名のついた
モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを特殊召喚する。
「ジャンク・パペット」は1ターンに1枚しか発動できない。
《堕天使の戒壇/Darklord Contact》
通常魔法
「堕天使の戒壇」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「堕天使」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 《ジャンク・パペット》《堕天使の戒壇》は、どちらも「特定のカテゴリモンスター1体を蘇生する」という類似した効果を持つが、前者は対象をとる効果、後者は対象をとらない効果である。
 この2枚を例に、対象をとる効果と対象をとらない効果の処理がどのように異なるかを解説する。

対象をとらない効果の範囲について

 (パーフェクトルールブック2017 P137 より引用)


  • 第9期以降のテキストでは、対象をとる効果には必ず「◯◯を対象として発動できる」と明記されている。
    第9期以降のカードは効果に丸番号(wikiでは(1)(2)で代用)がついているのが特徴であり、丸番号があり「対象として」との明記がなければ全て対象をとらない効果である。
  • 第8期のカードは、「選択する」という言葉が使われている場合対象をとる効果である。
    「選ぶ」という言葉を使用している場合、対象をとらない効果である。

  • 対象をとらない効果は、対象をとる効果より妨害されにくいというメリットがある。
    一般論として、ほぼ同じ効果で対象をとるカードととらないカードがあれば、対象をとらない効果の方が優秀と言える。
  • 対象をとらない効果は、対象カードを移動させる事で不発にする事ができないため、対象をとる効果より妨害されにくい。
  • 第9期頃から「フィールドカードを1枚選んで破壊する」といった類の「対象を取らない効果」が増えつつある。
    これらは、前述の「手札デッキから選ぶ」や「効果処理時に枚数が決定する」といった例とは異なり、効果発動時の段階で選ぶ枚数も決まっており「対象をとる効果」であっても効果の処理上の不都合はないはずである。
    この頃から「効果対象にならない」耐性を持つモンスターが急増しているため、それらに対するメタカードとしての意味もあるのだろう。

対象をとらない効果に関する効果を持つカード

モンスターカード

関連リンク

広告