(トラップ)カード/Trap Cards

 罠カードは魔法カードと同じくさまざまな効果で戦いをサポートします。
 しかし、魔法との大きな違いは、相手ターン効果発動できる点です。
 魔法カードが攻撃的な効果が多いのに対し、罠カードは妨害、不意打ちといった効果が多いのも特徴です。
 ただし、相手の出方にあわせて発動するため、使いどころが難しいカードです。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • 特に条件がなければ1ターンに何枚でも発動できる。
    ただし、空撃ちなどは不可能である。
  • リシドはデッキの殆どが罠カードで構成されたトラップデッキを使用していた。
  • アニメARC-Vでは、アクションデュエルで使用する罠カード「アクショントラップ」が登場している。
    アクションマジックとは性質が異なり、プレイヤーが拾うと即座に発動する。
    またアクションマジックとは異なり、場合によってはプレイヤーをピンチにするものも存在するせいか、公式サイト内の熱血!デュエル塾」では塾長から「ちょっぴり意地悪なカード」と紹介されている。
  • アニメでは爆弾地雷等といった装置として罠カードが利用される事が多々ある。
  • 東映版の初期では「わなカード」と呼ばれていた。
    またアニメDMでも、しばしばそう呼ばれていることがある。
  • コナミのゲーム作品において―
    最強カードバトル!では永続罠カウンター罠が収録されていない。

関連リンク

広告