《エヴォルテクター シュバリエ/Evocator Chevalier》

デュアル・効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1900/守 900
(1):このカードはフィールド・墓地に存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):フィールドの通常モンスター扱いのこのカードを通常召喚としてもう1度召喚できる。
その場合このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送り、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−で登場した炎属性戦士族下級デュアルモンスター
 デュアルモンスター共通のルール効果を持ち、再度召喚する事で相手フィールドのカード破壊する起動効果を得る。

 デメリットのない戦士族下級モンスター、および下級デュアルモンスターの中でトップクラスの攻撃力を持つ。
 また、デュアル関連カードには《昇華騎士−エクスパラディン》など同じ炎属性戦士族が多く、これらと連携を取りやすい。
 効果自体は汎用的だが、いかんせんデュアルという癖の強い性質の持ち主のため、【装備ビート】デッキに搭載しても召喚権不足に悩まされるだけである。
 炎属性・戦士族軸【デュアル】で採用すべきであろう。

 再度召喚により、装備カード除去カードに変換できる起動効果を得る。
 この効果は1ターン内の発動可能回数に制限がなく、破壊できるカードの種類を問わないため、装備カードがある限り相手フィールドのカード破壊し続けることが可能である。
 コストにする装備カードとしては、墓地へ送られた場合に通常モンスター蘇生できる《スーペルヴィス》が筆頭候補。
 このカードを再度召喚状態にする手助けにもなるため一石三鳥となる。
 この他、《昇華騎士−エクスパラディン》《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》など、炎属性戦士族には装備カード関連のカードが多い。
 これらで確保した装備カード除去に変換するカードとして運用するのが良いだろう。

  • 「シュバリエ(Chevalier)」とは、フランス語で騎士を意味する。
    「エヴォルテクター」は「エヴォリューション(Evolution)」と「プロテクター(Protector)」の造語だろうか。
    英語名の「Evocator」は「呼び起こす人」や「降霊者」を意味する。

関連カード

―類似効果を持つモンスター

―《エヴォルテクター シュバリエ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果になります。(09/06/20)

Q:《戦線復活の代償》をこのカード装備させている状態で効果発動しました。
  この時このカードフィールドに存在していませんが、どういう処理になりますか?
A:効果発動時にこのカード自身は墓地へ送られますが、その場合でも破壊する効果適用されます。(09/06/21)

Q:《スキルドレイン》効果適用されたこのモンスターフィールドに存在します。
  《スーペルヴィス》装備したこのモンスターは、効果を発動をして装備カードコストとして墓地へ送ることができますか?
  (効果無効化されますが、モンスター効果の発動自体は可能ですか?)
A:効果無効化されますが、発動はできます。(09/08/16)

Q:墓地へ送るのはコストですか?
A:コストです。(09/07/09)

Q:対象をとりますか
A:とります。(10/05/28)

Q:相手フィールド《剣闘獣の戦車》が伏せてあり、剣闘獣モンスターが1体のみ存在しています。
  自分フィールドには効果モンスター状態の《エヴォルテクター シュバリエ》がおり、相手フィールド剣闘獣モンスター自分《ビッグバン・シュート》装備してあります。
  《ビッグバン・シュート》コストに《エヴォルテクター シュバリエ》の効果発動する場合、相手モンスターはどのタイミングで除外されますか?
  又、この状況で相手《剣闘獣の戦車》発動できますか?
A:コストを払った時点で、剣闘獣モンスター除外されます。
  よって、《剣闘獣の戦車》発動するタイミングでは剣闘獣モンスターフィールドから既に存在しなくなっているので、《剣闘獣の戦車》発動ができません。(09/07/09)

Q:相手フィールドに、自分発動した《ビッグバン・シュート》装備したモンスター1体のみが存在する場合、その《ビッグバン・シュート》をコストにして効果発動できますか?
A:コストにした時点で、相手フィールドカードが存在しなくなるため、効果発動すること自体ができません。(09/09/12)

Q:このカード通常モンスター扱いの時に《スーペルヴィス》装備し、《スーペルヴィス》墓地へ送ってこのカードの効果発動した場合、このカードに対して《エフェクト・ヴェーラー》効果発動する事はできますか?
A:いいえ、《スーペルヴィス》墓地へ送った時点で通常モンスター扱いに戻っているのでこのカードを選択して発動する事はできません。(12/05/16)

Q:このカード通常モンスター扱いの時に《スーペルヴィス》装備し、《スーペルヴィス》墓地へ送ってこのカードの効果発動した場合、このカード通常モンスター扱いになってますが、このカード効果に対して《天罰》発動する事ができますか?
A:はい、その場合でも効果モンスター効果として発動しているので《天罰》発動でき、その効果無効にし破壊します。(12/05/16)


Tag: 《エヴォルテクター シュバリエ》 モンスター デュアルモンスター 効果モンスター 星4 炎属性 戦士族 攻1900 守900

広告