《ガーディアン・スライム》

効果モンスター
星10/水属性/水族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードの守備力はそのダメージ計算時のみ、
その相手モンスターの攻撃力分アップする。
(3):このカードが手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ラーの翼神竜」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場する水属性水族最上級モンスター
 ダメージを受けた場合に手札から特殊召喚する効果、自身の守備力戦闘を行う相手モンスター攻撃力分アップする効果《ラーの翼神竜》サポート魔法・罠カードサーチする効果を持つ。

 (1)は自身の特殊召喚効果
 ダメージはどちらのカードで受けてもよく、自爆特攻お互いダメージを受けるカードを使えば能動的に特殊召喚可能。
 能動的に使うなら《Emトリック・クラウン》墓地へ送り、蘇生させるのがよいか。
 相手ターンダメージを受けた際に使用し、(2)の効果にする手もある。

 (2)は攻撃してきたモンスター攻撃力を自身の守備力にする効果
 守備表示特殊召喚すれば1ターンに1度ではあるが戦闘破壊されないとして機能する。
 ただ、超重武者などには効かない点には留意したい。

 (3)は自身が墓地へ送られた場合に《ラーの翼神竜》カード名が記された魔法・罠カードサーチする効果
 能動的にフィールドから墓地へ送るにはリンク素材の他、《神・スライム》特殊召喚リリースに使うといい。
 《神・スライム》特殊召喚リリースに使い、《古の呪文》サーチしてそのまま《ラーの翼神竜》サーチすれば、アドバンス召喚が可能。
 手札から墓地へ送られた場合もトリガーとなるので手札コストにしてもいい。
 《サルベージ》で回収すれば再度サーチを狙える。

 メインデッキに入るモンスターカードでは唯一、単体で《神・スライム》特殊召喚リリースとなる事ができ、自身も特殊召喚が容易。
 (3)の効果サーチ対象【ラーの翼神竜】以外では使いにくいカードが多いが、このサーチ効果を無視して《神・スライム》に特化させた構築で使用することも可能。
 《神・スライム》自体が【ラーの翼神竜】と相性のよいカードではあるが、《神縛りの塚》を用いてアタッカーとしたりする場合でもこのカードは経由先として扱いやすい。
 同じく《神・スライム》の展開に役立つ《リアクター・スライム》《メタル・リフレクト・スライム》水族なので、併用しつつ【水族】でエースを特殊召喚する手段としての運用もできる。
 水属性サポートを用いても良く、《ジェネクス・ウンディーネ》墓地に置く、《海晶乙女コーラルアネモネ》蘇生させるなどの方法を併用すればより楽に展開できる。

 《ウェポンサモナー》でのサーチに対応するガーディアンであるため、速効性の低いシリーズカードガーディアンばかりである【ガーディアン】では《神・スライム》をエースアタッカーにできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ガーディアン・スライム》 モンスター 効果モンスター 星10 水属性 水族 攻0 守0 ガーディアン

広告