《クシャトリラ・バース》

永続魔法
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分はレベル7モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
Xモンスター以外の「クシャトリラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):相手が魔法カードの効果を発動した場合に、
自分フィールドに「クシャトリラ」モンスターが存在していれば、
相手の墓地のカード3枚を対象として発動できる。
そのカードを裏側表示で除外する。

 DARKWING BLASTで登場する永続魔法
 レベル7をリリース無しで召喚できる効果エクシーズモンスター以外のクシャトリラ蘇生帰還する効果相手魔法カード効果の発動時に自分クシャトリラコントロールしていれば、相手墓地カード3枚を裏側表示で除外する効果を持つ。

 (1)はライフコストがない代わりにレベル7に限定された《死皇帝の陵墓》と言える効果
 レベル7を中心とするデッキでは展開補助と手札事故のリスク軽減に利用できる。
 クシャトリラは共通効果で自己特殊召喚効果を持つものの、自分モンスターが存在する場合にはそれが行えないため、この効果に頼って通常召喚する機会も多いだろう。
 また、特殊召喚手段が限られるレベル7を使用する場合にも有効。

 クシャトリラ以外では《星遺物−『星鎧』》《霞の谷の巨神鳥》なら自身をコストとしてバウンスすれば毎ターン召喚でき相性が良い。
 その他、このカードを守れる《白竜の忍者》永続魔法に関する効果を持つ《EMスカイ・マジシャン》シナジーがある。

 (2)はエクシーズモンスター以外のクシャトリラ蘇生帰還
 特殊召喚されたクシャトリラには特に制約やデメリットも課されず、その運用法は幅広い。
 手札コスト墓地肥やし蘇生先を用意したり、エクシーズ素材として墓地へ送られたものを再利用するのも良いだろう。
 帰還も可能であるため、レベル7で構成されるクシャトリラと相性の良い《七星の宝刀》とも相性が良い。
 (3)の発動条件を満たすのにも役立つ。

 (3)は相手墓地カード3枚を裏側表示で除外する効果
 墓地を積極的に活用するデッキに対して刺さり魔法カードを使用しないデッキは少ないためトリガーも満たしやすい
 魔法カード効果の発動トリガーであるため、カードの発動を伴わない効果の発動トリガーになる。
 《クシャトリラ・シャングリラ》発動条件を満たしつつ、この効果による裏側表示での除外があちらの(2)のトリガーにもなるので相性が良い。
 3枚のカード対象発動する必要があるため、墓地カードが溜まっていない最序盤で発動しにくいのはネックといえる。

 (2)(3)は専ら【クシャトリラ】での使用がメインとなるが、(1)は【ランク7】を始めとするレベル7中心のデッキ全般で使用できるものである。
 このカードサーチでき、自身も手札から特殊召喚できる《クシャトリラ・ユニコーン》と共に出張採用も検討できよう。
 あちらが墓地除外ゾーンへ送られても(2)で再利用でき、(3)の条件も満たせる。

関連カード

イラスト関連

召喚した場合にのみ使用できる効果を持つレベル

特殊召喚できない、もしくは特殊召喚方法が限られるレベル

収録パック等


Tag: 《クシャトリラ・バース》 魔法 永続魔法 クシャトリラ

広告