《セリオンズ“ブルズ”アイン》

効果モンスター
星7/炎属性/戦士族/攻2100/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の、「セリオンズ」モンスターまたは戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、対象のモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):自分フィールドの「セリオンズ」カード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):このカードを装備した「セリオンズ」モンスターは、攻撃力が700アップし、このカード名の(2)の効果を得る。

 DIMENSION FORCEで登場した炎属性戦士族最上級モンスター
 手札から特殊召喚墓地セリオンズモンスターまたは戦士族装備する起動効果セリオンズカード相手フィールドのカード1枚ずつを破壊する起動効果、自身を装備したセリオンズモンスターに700の攻撃力強化とこのカードの(2)の効果を付与する効果を持つ。

 セリオンズモンスターは指定種族が異なる以外には(1)と(3)は一致した共通効果である。

 (1)は特殊召喚墓地セリオンズか同種族装備カード化。
 【セリオンズ】では容易に満たせる条件であり、ある程度墓地カードが増えた中盤以降は1ターンに複数体を展開することも難しくない。
 装備カードにされたセリオンズは(3)の共通効果を付与してくれるため、単純に展開する以上のリターンを得られる。
 同名カード装備することもできるが、攻撃力の上昇だけで追加の効果は得られないため、基本的には別のセリオンズ装備したい。
 ただし、《VV−真羅万象》を併用すれば装備カードにしたモンスター特殊召喚でき、レベルが同じなのでエクシーズ召喚が可能。

 また、それぞれの種族デッキ出張採用すれば容易に特殊召喚できる高レベルモンスターとしても利用可能。
 その場合は一部のモンスターは(2)がやや使いにくくなり、(3)も得られないので上記に比べるとパワーは落ちるが、それでもアタッカーにはなる。
 高レベルを生かしてシンクロ素材エクシーズ素材として活用するのもよいだろう。

 (3)は自身を装備したセリオンズ強化と自身の(2)を付与する効果
 装備したセリオンズはそのモンスターも固有効果を持つため合計で複数の効果を持ち、更に強化により大体は最上級モンスターに相応しいアタッカーとなる。
 ただし、同名カード装備した場合は(2)が重複するので、可能ならば他のセリオンズ装備したい。

 このカードの場合は対応種族戦士族である。
 装備候補の戦士族としては、装備カードになった場合の効果を持つ焔聖騎士ユニオン《チューン・ナイト》などが考えられる。
 またフィールドから墓地へ送られた場合の効果を持つ剛鬼《焔聖騎士−ローラン》などを装備し、その効果の利用も狙える。
 このカード自体はイグナイトペンデュラム効果サーチ可能であり、《聖騎士の追想 イゾルデ》を利用すればサーチ特殊召喚も容易に行える。
 このカード自身が炎属性戦士族であるため、上記の焔聖騎士イグナイトとは炎属性戦士族のサポートを共有できる。

 (2)の固有効果セリオンズカード相手フィールドのカード破壊
 《スクラップ・ドラゴン》のような除去であり、(1)でセリオンズ装備していればそれを破壊することで1:0交換になる。
 自身を破壊してもよいため【戦士族】でも単体除去として機能させることはできる。
 また上述の《チューン・ナイト》《焔聖騎士−オジエ》装備していれば身代わり耐性効果により、このカードを生存させつつ単体除去が可能。
 前者の場合はあちらが装備状態から特殊召喚が可能なチューナーなのでこのカードと共にレベル8のシンクロ召喚も可能となる。

  • 牛をモチーフにした見た目などから推測するに、カード名の由来はおうし座ε星「アイン」と英語で「的中」を意味する「ブルズアイ」のダブルミーニングか。
    • 脚部の形状から、ドイツ語で一輪車を意味する「アインラート(Einrad)」ともかけているかもしれない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《セリオンズ“ブルズ”アイン》 モンスター 効果モンスター 星7 炎属性 戦士族 攻2100 守1600 セリオンズ

広告