《トポロジック・ボマー・ドラゴン/Topologic Bomber Dragon》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 CODE OF THE DUELISTで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター特殊召喚された場合にメインモンスターゾーンモンスターを全て破壊する誘発効果攻撃後に相手モンスター元々の攻撃力ダメージ相手に与える誘発効果を持つ。

 リンク素材効果モンスターのみであるため、通常モンスターモンスタートークンは直接リンク素材にできない。
 とはいえ、リンク3以下の効果持ちリンクモンスターを経由させればいいので、縛りの回避は容易である。

 (1)はモンスター全体除去する効果
 破壊範囲はメインモンスターゾーン全てと非常に広く、発動条件も緩いため、制圧力は高い。
 このカード以外のリンクモンスターリンク先でも発動するため、相手リンクモンスターの展開を大きく牽制できる。
 ただし、自分モンスター破壊される。
 このカードメインモンスターゾーンに存在しているならば自身も巻き込まれることになるため、継続的に発動するならエクストラモンスターゾーンに出す必要がある。
 自分モンスター破壊される点を利用して破壊された場合の効果を使う手もある。
 また、トリガーとなる特殊召喚自分でもいいため、相手の展開後に特殊召喚破壊するのも手。
 《リビングデッドの呼び声》《戦線復帰》などでリンク先特殊召喚する他、相手の行動をトリガー特殊召喚が行える《幻煌の都 パシフィス》《ドラゴン・アイス》と併用して牽制も可能。

 (1)の効果の発動後は他のモンスター攻撃できず、強制効果ゆえにリンク先特殊召喚すると無差別に発動するため、後続の展開そのものが難しい。
 (1)を発動させないためには、リンク先には通常召喚しかできず、リンクマーカーが逆にデメリットとなってしまう。
 効果を受けない耐性を持つモンスターと併用すれば、全体除去攻撃不可のデメリットの両方を回避できるものの、併用するには多くのカードを使ってしまう。

 (2)は相手モンスター攻撃後に発生する元々の攻撃力分のバーン効果
 戦闘を介するが、戦闘破壊する必要がないため、戦闘破壊耐性のあるモンスターにも有効。
 また自身が戦闘破壊される場合でも発動するため、反射を覚悟でこのカードより攻撃力の高いモンスター攻撃バーン勝利を狙うことも可能。
 とはいえ基本的に(1)の効果除去することが多い。
 耐性を持っているモンスターか、エクストラモンスターゾーンに存在するモンスターは(1)の効果除去できないため、この効果が活かせる。

  • カード名は「トポロジー」と「ロジックボム」の合成だろうか。
    「トポロジー(topology)」は日本語では「位相幾何学」と呼ばれる数学分野。
    ギリシャ語の「トポス」が語源であり、これは「位置」や「場所」を意味する。
    情報技術関係の用語では、コンピュータ端末とそれを繋ぐ経路のつながりを抽象化して考える「ネットワーク・トポロジー」という概念がある。
    また「トポロジック(topologic)」で「トポロジー的な」「位相の」の意味合いになる。
    「ロジックボム(logic bomb)」はコンピュータウイルスまたはマルウェア(悪意あるプログラム)の一種で、普段はコンピュータに潜伏し、特定の時間などの設定された条件を引き金に活動を開始しプログラムの破壊などを行うものを言う。
    フィールド繋がりのある特定位置への特殊召喚を引き金に破壊を行う」という、このモンスター効果と合致している。
    • また、翼は「クラインの壺」を、尾は「メビウスの輪」を、右手に浮かんでいるシンボルは「三葉結び目」をそれぞれ模した形状となっており、これらはいずれも位相幾何学で扱われる図形である。
  • 攻撃名に使われている「マリシャスコード」は、コンピュータウイルスやスパイウェアなどの悪意を持ったプログラムの総称を意味する言葉であり、マルウェアとほぼ同義である。
    「マリシャス」については《E−HERO マリシャス・エッジ》を参照。
  • 使い手のリボルバーは「Storm Access」で入手直後に「良き力だ」と述べており、このカードの性能を高く評価している。
    またPlaymakerからも「リボルバーのエースモンスターの1体」と評価されている。
  • 一方で「リボルバーvs鬼塚/Go鬼塚」戦や「Ai vsパンドール」戦では強制効果を逆利用されてしまっているシーンが見られる。
    また、「リボルバーvs別所エマ/ゴーストガール」戦では相手に上手くあしらわれてあっさり除去されている等、大型モンスターながら所謂かませ役に甘んじる事も割と見られる。
    キャラクターに性能が評価されており、視聴者も性能を把握している既出モンスターであるため、対戦相手の強さを描写する役割も担わされていると言える。
  • 「vs Playmaker」(4戦目)にてPlaymakerが使用した《シールド・ハンドラ》によって効果無効化されたのだが、結果的にそれによってリボルバーの大量展開とエクストラリンクを許してしまった。
    その際にリボルバーからは「お前がトポロジック・ボマーの効果を無効にしなければ、こんな状況は生まれなかった」と告げられたほか、そのセリフ以前の劇中のデュエルの実況動画においては「さっきトポロジック・ボマーの効果を無効にしたのが悪かった」とコメントされていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:このカード自分から見て左側のエクストラモンスターゾーンに存在する状況で、自分《ソウル・チャージ》発動し、自分から見て一番右側のメインモンスターゾーン《プロキシー・ドラゴン》を、その隣に《バックアップ・セクレタリー》特殊召喚した場合、このカードの(1)の効果発動しますか?
A:はい、発動します。(17/06/01)


Tag: 《トポロジック・ボマー・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 サイバース族 攻3000

広告