《ネコーン》

効果モンスター
星4/地属性/植物族/攻1500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分のフィールドゾーンにカードが存在しなければ発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
自分の墓地のフィールド魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

 PREMIUM PACK 2023で登場した地属性植物族下級モンスター
 特殊召喚に成功した場合に自分フィールドゾーンカードが無ければフィールド魔法サーチする誘発効果破壊され墓地へ送られた場合に墓地フィールド魔法同名カードサーチする誘発効果を持つ。

 (1)はフィールド魔法サーチ効果
 発動のためにはこのカード特殊召喚が必要になる。
 植物族サポートとしては《ローンファイア・ブロッサム》《アロマセラフィ−ジャスミン》《薔薇恋人》等が、地属性サポートとしては春化精等が考えられる。
 特に《ローンファイア・ブロッサム》なら幅広いデッキで採用しやすく、リクルートできる点でトリガーにしやすい。
 汎用性の高いリクルーターとしては《召喚僧サモンプリースト》も有力な候補だろう。
 エクストラデッキカードでは《アロマセラフィ−ジャスミン》《森羅の舞踏娘 ピオネ》によって特殊召喚を狙える。
 後者は運の要素が絡むが、デッキトップ操作を得意とする【森羅】等で使う場合は成功率を高められる。
 デッキ内に必要なカードは増えるが、《聖種の地霊》ならば1枚から特殊召喚することが可能(ルートはあちらのページを参照)。

 (2)は墓地同名カードが存在するフィールド魔法サーチ効果
 トリガーとして戦闘効果破壊される必要があるため、能動的な発動を狙うなら自分効果破壊してしまいたい。
 墓地同名カードが必要になる点で、中盤以降で活きる効果と言える。

 フィールド魔法サーチャーとしては《惑星探査車》も存在するが、こちらは(1)にもコストが必要なく、(2)でもう1度サーチできるなどアドバンテージ面では優れている。
 一方《惑星探査車》召喚特殊召喚からリリースだけでサーチできるため、確実性・即効性ではこちらが劣る。

 自身の種族を活かした【植物族】関連では《ブラック・ガーデン》が汎用フィールド魔法として存在する。
 その他、【六花】では《六花来々》【蟲惑魔】では《蟲惑の園》【ローズ・ドラゴン】では《白薔薇の回廊》【アロマ】では《アロマガーデン》【森羅】では《森羅の霊峰》等がサーチ先の有力候補。
 【六花】【蟲惑魔】ではレベルも合致するので、効果が使えずともエクシーズ素材として利用できる。

 特に【六花】では《六花絢爛》(及びそれをサーチできる《六花のひとひら》《六花精ボタン》)によってアクセス可能である。
 このカード特殊召喚手段としては《六花精スノードロップ》が存在し、あちらの効果ランク4か8のエクシーズ召喚にも繋げられる。
 エクシーズ召喚先の候補の1つである《六花聖ストレナエ》はこのカードサルベージできるため、次のターンに2枚目のフィールド魔法サーチも検討できる。

  • カード名は「猫」「根っこ」「コーン」をかけたものと思われる。
    このモンスター自体にはコーンの要素はないが、後述の通り漫画での使い手が「コーン」カードを多用していたためだろう。

収録パック等


Tag: 《ネコーン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 植物族 攻1500 守500

広告