《バリアンズ・カオス・ドロー》

通常魔法
(1):自分ドローフェイズに通常のドローをしたこのカードを公開し続ける事で、
そのターンのメインフェイズ1に、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「セブンス」通常魔法カード1枚を墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
●デッキからモンスターを2体まで効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターを全て含む自分フィールドのモンスターを素材として「No.」Xモンスター1体をX召喚する。

 デュエリストパック−深淵のデュエリスト編−で登場した通常魔法
 通常のドロー手札に加えた自身をメインフェイズ1まで公開することで発動でき、「墓地へ送ったセブンス通常魔法発動時の効果コピー」または「任意の2体のモンスターリクルートしてそれらをエクシーズ素材No.エクシーズ召喚」のいずれかを適用する効果を持つ。

 発動条件を満たす方法については《シャイニング・ドロー》も参照。
 こちら固有のサポートカードで補助するのならば《七皇昇格》デッキトップ置くことができる。

 1つ目の効果墓地へ送ったセブンス通常魔法効果コピー
 《七皇昇格》コピーした場合はセブンスバリアンズRUM速攻魔法サーチが行えるため戦術の幅が広がる。
 《RUM−七皇の剣》コピーすれば一気にCNo.101〜107を呼び出すことができ、劣勢からの逆転も期待できる。
 しかし、あちらのみをサポートするなら、このカードを経由する必要はなく、あちらを直接デッキトップ置く方が良い。
 このカードRUMデッキトップ置くことが可能な《No.71 リバリアン・シャーク》などには対応していないため、サポートを共有するとしても使い勝手でやや劣る。
 《RUM−七皇の剣》《七皇昇格》と共に採用し、《RUM−七皇の剣》コピーできる場合はそちらを、できない場合は《七皇昇格》コピーか2つ目の効果との使い分けを狙うことになるだろう。

 2つ目の効果は2体のモンスターリクルートからのNo.エクシーズ召喚
 リクルート先の効果無効となるが、エクシーズ素材となった際に使用できる効果や、その後墓地へ送られた後に使用できる効果ならば問題ない。
 例えば、《銀河眼の残光竜》を出して《No.62 銀河眼の光子竜皇》エクシーズ召喚すれば、攻撃力を倍にしての1ターンキルも可能。
 リクルート先の指定は無いため非常に幅広いが、リクルートした2体いずれもをエクシーズ素材に使う必要があるので同レベルという条件はある。
 なお、他にモンスターが存在する場合はそれもエクシーズ素材とする事で3体以上の素材でのエクシーズ召喚も行える。

  • イラストに描かれている人物はシルエットになっているが、髪型やデュエルディスクの特徴からして、劇中でバリアンズ・カオス・ドローを使用した時のナッシュであると思われる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。」の制約を持つ《七皇昇格》発動した同じターンに、2枚目の《七皇昇格》墓地へ送って、《バリアンズ・カオス・ドロー》の1つ目の効果発動できますか?
A:できます。(21/11/22)


Tag: 《バリアンズ・カオス・ドロー》 魔法 通常魔法 バリアンズ

広告