《ブラッド・ローズ・ドラゴン》

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/ドラゴン族/攻3200/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
お互いの墓地のカードを全て除外する。
このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または
植物族Sモンスターを素材としてS召喚していた場合、
さらにこのカード以外のお互いのフィールドのカードを全て破壊できる。
(2):カードを破壊する効果を相手が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にする。
その後、自分のEXデッキ・墓地から「ブラック・ローズ・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚できる。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した炎属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合にお互い墓地を全て除外し、特定のシンクロモンスターシンクロ素材としていた場合はさらにフィールド全体除去できる誘発効果、自身をリリースして相手破壊効果発動無効にし、任意で《ブラック・ローズ・ドラゴン》特殊召喚できる誘発即時効果を持つ。

 (1)はシンクロ召喚に成功した場合のお互い墓地除外
 両者の墓地リソースが丸ごと失われるので、墓地が肥えた中盤以降ではデュエルに与える影響は大きい。
 こちらも影響を受けるが、相手デッキ墓地利用を活用するタイプであれば相手の戦術を切り崩せるので、結果として得られるメリットは大きい。

 《ブラック・ローズ・ドラゴン》植物族シンクロモンスターシンクロ素材にすれば、追加で自身以外の全体除去も可能。
 自身の攻撃力3200による直接攻撃も通りやすくなるのでフィニッシャーになる事も容易い。
 前半の効果相手墓地を空にしているため、墓地効果による妨害も受けにくいのも大きい。

 (2)は自身をコストにした効果破壊発動無効
 このカードは失われてしまうが、エクストラデッキ墓地より《ブラック・ローズ・ドラゴン》を展開できるので、自分フィールドががら空きになる事は防げる。
 とはいえ、この効果特殊召喚した《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚扱いではないため全体除去効果は使えず、また予め墓地へ送っておいたとしても、自身の(1)の効果を使うと除外してしまう点に注意したい。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》攻撃力もそこまで高くなく、弱体化効果も(1)とは噛み合いが悪いため壁以上の戦力として運用できるかは状況に左右されやすい。
 特殊召喚はあくまでも任意であるので、《ブラック・ローズ・ドラゴン》の展開を狙えない状況でも全体除去などは止めるべきだろう。

 性能をフルに活かすのならば【ローズ・ドラゴン】【植物族】での採用となる。
 ただし、それらのデッキ墓地リソースも重要なので(1)の墓地除外によるこちらへの影響も小さくない。
 出来る限り帰還サルベージなど、除外されたこちらのカードを再利用できる戦術も組み込ませたい。

 (1)の前半と(2)はデッキを選ばない効果であり、そのステータスも含めて汎用レベル10シンクロモンスターとしても扱える。
 【Sin】シンクロ召喚が狙いやすく、(構築にもよるが)墓地除外も然程影響せずに戦えるので、(1)によるこちらへの影響は抑えやすい。

関連カード

サポートカード

―《ブラッド・ローズ・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ブラッド・ローズ・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星10 炎属性 ドラゴン族 攻3200 守2400 ローズ・ドラゴン ローズ

広告