《ローンファイア・ブロッサム/Lonefire Blossom》

効果モンスター
星3/炎属性/植物族/攻 500/守1400
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキから植物族モンスター1体を特殊召喚する。

 EXTRA PACKで登場した炎属性植物族下級モンスター
 植物族リリースし、デッキから植物族特殊召喚する起動効果を持つ。

 このカード自身もコストにできるため、自身をデッキ植物族モンスターに替える効果と見なせる。
 自身以外をリリースすることもできるが、低ステータスのこのモンスターが残ってしまう上、1ターンに1度の制約もリセットできない。
 《墓穴の指名者》を回避するといった理由を除く限り、自身をリリースすべきだろう。
 リクルート先は植物族であればレベル属性縛りが一切無く、特殊召喚不可のモンスター以外は全てが候補となる。

 このカードを序盤で展開するならば、《アロマセラフィ−ジャスミン》等によるリクルートが必要となる。
 《捕食植物オフリス・スコーピオ》から入る方法や、《聖種の地霊》から始動する方法など、展開法はいくつかある。

 自身をリリース墓地に落ちた後は、蘇生カードによって使い回す事が可能である。
 つまり蘇生カードを「任意の植物族モンスターリクルートするカード」として扱う事ができるようになる。

 《次元の裂け目》等の全体除外カードの影響下で無力化されないのは利点だが、再利用が封じられるため展開能力は下がる可能性がある。
 《生贄封じの仮面》等のリリース封じにも弱い。

 《御前試合》が存在する場合、デッキにもこのカードがあれば炎属性植物族モンスターリクルート可能な状況となるため発動ができ、フィールドが空ならば効果解決時属性を問わずリクルートできる。

 欠点はデッキからしか特殊召喚できず、リクルートしたいモンスターを先にドローしてしまうと手札事故となる点。
 手札事故は、《薔薇恋人》通常召喚またはリクルートし、《リンクリボー》などをリンク召喚、さらに墓地から《薔薇恋人》効果発動するなどして対処可能。
 あるいはアロマギミックで使用する《恵みの風》などでデッキに戻すと良い。

 デッキからリクルートしつつ、自身を墓地にため込みやすい性質上、墓地コストに適しているのは利点であると言える。
 《継承の印》の発動条件を満たすほか、《恵みの風》デッキ戻し要員などに活用できる。

  • その高いリクルート能力に加え、高いコンボ性・応用性を持つ。
    このため、特定の植物族との出張が目立つたびに規制され、出張先が規制されるとこのカードは緩和される傾向が繰り返し見られる。
    出張という言葉が使われ始めた時期にその代表例として挙げられることも多かった。
  • 「ブロッサム(blossom)」とは、主に「食用果樹の花」を意味し、英語圏では「開花する」という意味合いがある。

関連カード

―自身または他のモンスターリリースすることでリクルートを行えるモンスター

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果デッキから2枚目の《ローンファイア・ブロッサム》を特殊召喚しました。
  この場合、2枚目の《ローンファイア・ブロッサム》は、このターン内に効果発動できますか?
A:発動できます。
  勿論、効果発動した後にフィールドを離れ、そのターン内に再びフィールドに出された場合も、「1ターンに1度」という制約はリセットされるので、問題なく効果を使うことができます。(08/09/13)

Q:フィールドがすべて埋まっている(自分メインモンスターゾーンに空きがない)時に、自身をリリースして効果発動できますか?
A:発動できます。(10/05/23)


Tag: 《ローンファイア・ブロッサム》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 植物族 攻500 守1400

広告