暗黒界(あんこくかい)龍神(りゅうしん) グラファ/Grapha, Dragon Lord of Dark World》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2700/守1800
(1):このカードは「暗黒界の龍神 グラファ」以外の自分フィールドの
「暗黒界」モンスター1体を持ち主の手札に戻し、墓地から特殊召喚できる。
(2):このカードが効果で手札から墓地へ捨てられた場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動する。
その相手のカードを破壊する。
相手の効果で捨てられた場合、さらに相手の手札をランダムに1枚選んで確認する。
それがモンスターだった場合、そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚できる。

 ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−で登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 フィールド同名カード以外の暗黒界モンスター1体を手札戻し自己再生する召喚ルール効果手札から効果捨てられた場合に相手フィールドのカード破壊する誘発効果を持つ。
 相手によって捨てられた場合は、誘発効果相手手札ピーピングとそれがモンスターならばコントロール奪取できる処理が追加される。

 (1)は暗黒界手札戻しての自己再生
 【暗黒界】では非常に容易に特殊召喚でき、実質的にコスト無しで2700打点を用意できるので有用性が高く、戦線維持に貢献する。
 暗黒界下級モンスターを1枚手札に抱えておくだけで何度でも自己再生できるため、実質的に破壊耐性を持っているに等しい。

 (2)は暗黒界共通のトリガーによる相手フィールドのカード破壊
 《暗黒界の策士 グリン》《暗黒界の刺客 カーキ》上位互換と言える効果で、カードの種類や表裏の指定もないため汎用性は高い。
 【暗黒界】ならば手札から捨てるのは容易であり、強制効果ではあるが相手フィールド限定なので、自分カード破壊される心配もない。
 この効果の存在から、バウンスされた場合も痛手になりにくい。

 相手によって捨てられた場合、更にピーピングが可能となり、それがモンスターならば奪う事もできる。
 運の要素が強く、除去だけでも十分アドバンテージを獲得できるため、安定性を考えれば無理に狙う必要はない。
 成功して大型モンスターを奪えれば、自己再生した自身とで高い総攻撃力となるだろう。

 種族属性カテゴリレベルに恵まれており、様々なサポートカードの恩恵を受けられる。
 《暗黒界の門》があれば手札から容易に捨てる事ができる上に、フィールドでは攻撃力3000の大台に乗る。
 その他、未界域効果手札から捨てることで(2)の除去も狙える。
 デッキから墓地へ送る手段として《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《悪魔の嘆き》などを採用する手も考えられるが、未界域効果などでデッキ回転させてドロー捨てる動きを狙う方が無理を生じにくい。
 また、ほぼノーコストウイルスカード発動できるので、容易に相手に大損害を与える事もできる。
 レベル8なので《トレード・イン》にも対応しているが、手札コストとして捨てるため、(2)の効果発動しない。
 その他、《暗黒界の龍神王 グラファ》融合素材に指定されているので、《E・HERO プリズマー》による墓地送り《融合派兵》によるリクルートにも対応する。

 名実ともに【暗黒界】のエースというべきカードだが、暗黒界の常としてフィールドに出した後はバニラ同然となってしまう。
 フィールドに残すよりも、何らかの素材等として積極的に活用し、自己再生を活かしたい。
 また、他の暗黒界と同様に除外に対しては非常に弱く、《次元の裂け目》等が存在すると、ほとんど働けなくなってしまう。

  • 2019年7月31日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第7期投票では第8位にランクインした。
  • カード名の由来は、グレー系の一種であり、「黒鉛」を意味する金属色「グラファイト(Graphite)」だろう。
  • KONAMI英語版ホームページに時折掲載されていたSTRATEGY SITEでは、グラファ自身が筆者として何度か登場し、暗黒界関連の商品紹介を行なっていた。
    暗黒界の新カード紹介はもちろん、関係のないエヴォルカイザー対策の記事にまで顔を出し、精力的に宣伝を行う名物キャラと化していた。
    マスターガイド2で「見た目は怖いけど、本当は優しい」と説明されている暗黒界だが、彼自身も部下思いの人物(?)のようだ。

関連カード

―《暗黒界の龍神 グラファ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果効果分類は無く、チェーンブロックを作りません(分類されない効果)。(11/06/18)
  もう1つは、誘発効果です。(11/06/29)

(1)の効果について

Q:《暗黒界の龍神 グラファ》の自身を特殊召喚する際に手札戻す処理は、「コスト」ですか、「効果」ですか?
A:《暗黒界の龍神 グラファ》の『「暗黒界」と名のついたモンスター1体を手札戻し』とは、自身を特殊召喚する為の手順であり、「コスト」でも「効果処理」でもありません。(11/06/29)

Q:《縮退回路》効果が適用中に、墓地の《暗黒界の龍神 グラファ》自身の手順による方法で墓地から特殊召喚できますか?
A:できません。(14/06/27)

Q:《マクロコスモス》発動されている時、このカードの自身の効果による特殊召喚《神の警告》無効にされました。
  この場合、このカード除外されますか?
A:はい、除外されます。(11/09/04)

Q:このカード《冥界の魔王 ハ・デス》戦闘破壊された場合、自身の効果特殊召喚できますか?
A:このカード効果無効にされるため、自身の効果墓地から特殊召喚する事はできません。(11/09/08)

(2)の効果について

Q:相手によって捨てられた場合の効果の処理時、対象に選択したカードが存在しなくなり破壊できなかった場合、ランダム手札確認する処理は行われますか?
A:いいえ、行われません。(11/06/18)

Q:相手によって捨てられ、且つ相手手札が0枚だったとします。
  この場合、確認する処理は行えない訳ですが、相手《歯車街》破壊した時、相手《歯車街》効果発動できますか?
A:はい、破壊された後に効果処理が行われなかった扱いになり、タイミングを逃さず発動できます。(11/06/25)

Q:相手によって捨てられた時、ランダム確認するのは、強制ですか?
A:はい、強制です。
  その際、確認したのがモンスターだった場合、特殊召喚するかどうかは任意です。(11/06/18)

Q:ランダム確認したのが特殊召喚できない《古代の機械巨人》等の場合、どのような処理になりますか?
A:特殊召喚する処理は行われず、そのモンスター手札に残ります。(11/06/22)

Q:相手フィールドのカード破壊と、相手手札確認は同時扱いですか?
A:いいえ、破壊してから確認をするため別のタイミングとして扱います。(11/06/18)

Q:相手によって捨てられた時、《神の警告》等でこのカード破壊効果無効にできますか?
A:相手によって捨てられた時に発動したカード破壊する効果に対して、《神の警告》等を発動して無効にできます。
  自分捨てる場合は特殊召喚を行わないので、《神の警告》等では無効にできません。(11/06/18)


Tag: 《暗黒界の龍神 グラファ》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2700 守1800 暗黒界

広告