運命(うんめい)のウラドラ》

通常魔法
(1):1000LPを払い、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
相手ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は1000アップし、以下の効果を適用する。
●そのモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
自分のデッキの一番下のカードをお互いに確認し、デッキの一番上または一番下に戻す。
確認したカードがドラゴン族・恐竜族・海竜族・幻竜族モンスターだった場合、
その攻撃力1000につき1枚、自分はデッキからドローする。
その後、自分はドローした数×1000LP回復する。

 BATTLE OF CHAOSで登場した通常魔法
 ライフコスト1000を払い、自分モンスター1体の攻撃力を1000強化し、そのモンスター戦闘破壊すれば追加効果発動できる効果を持つ。

 強化だけでは他に使いやすいカードはいくらでもあるため、追加効果適用を狙いたい。
 使いやすいデッキボトム操作カードとしては《鎖龍蛇−スカルデット》《闇鋼龍 ダークネスメタル》アダマシアなどになるか。
 《終焉龍 カオス・エンペラー》は自身をリンク素材などに使用することでデッキの一番下に戻り、攻撃力3000なので3枚のドローにつなげることができる。
 確認したカードはその後デッキボトムにも戻せるため、連続攻撃全体攻撃持ちのモンスター適用した場合、戦闘破壊した数だけドローライフ回復を繰り返せる。
 また効果相手ターン終了時まで続くのでコンバットトリック《バトルマニア》等の攻撃の強要でも機会を増やせる。
 デッキの一番下が該当の種族でなかったとしてもこのカードの効果デッキの一番下を入れ替えることができる。

  • カード名の「ウラドラ」とは、麻雀のルール「裏ドラ」に「銅鑼」を掛けたものだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《運命のウラドラ》 魔法 通常魔法

広告