月女神の鏃(アルテミット・スレイ)/Ultimate Slayer》

通常魔法
このカードの発動に対して相手はモンスターの効果を発動できない。
(1):EXデッキからモンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターと同じ種類(融合・S・X・P・リンク)の相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

 POWER OF THE ELEMENTSで登場した通常魔法
 エクストラデッキからモンスター墓地へ送り、そのカードと同じ種類相手モンスターバウンスする効果を持つ。

 エクストラデッキに同種類のカードを採用する必要があるが、モンスターにはチェーンされずに除去を行える。
 近い除去カードとして、対象をとらずチェーンも許さない壊獣も存在する。
 こちらの利点としてはバウンスであるため、《氷剣竜ミラジェイド》のような「離れた」をトリガーとする効果を持つモンスター除去としても使いやすい。
 さらに相手モンスターを与えず、特殊召喚を行わないため、特殊召喚封じなども無視できる。
 また《旧神ヌトス》のような墓地へ送ることに意味のあるカード墓地へ送る事ができれば、そちらでアドバンテージを得ることもできる。
 コストとして相性の良いモンスターについてはこちらも参照。
 なお、墓地送りコストであるため、《禁じられた一滴》同様にコストとしての墓地送りを阻害する《M・HERO ダーク・ロウ》には注意。

 対応力を広げたい場合はエクストラデッキに幅広いカードの種類を採用する必要があるが、元よりエクストラデッキをあまり使わないデッキならばこの点は気になりにくい。
 ただし、《強欲で金満な壺》で目的のカードの種類除外されて、このカード発動出来なくなる場合があるので、注意が必要。
 【ドラグマ】エクストラデッキ墓地へ送るのが重要となるデッキなので、非常に相性が良い。
 【マギストス】ならペンデュラムモンスター以外の全種類を自然に採用でき、それらは墓地から装備できるため、コストともシナジーを持つ。
 またマッチ戦であればサイドデッキからの入れ替えが前提となるため、相手デッキを把握しつつこのカードコストにするためだけのモンスターを入れる事が現実的となり強みを活かした使い方が可能。

 魔法・罠カードによるチェーンは可能なため、壊獣と異なり無効サクリファイス・エスケープは可能な点に注意。
 また、チェーン不可はあくまで直接このカードに対してのみのため、このカードに他のカードチェーンすると、モンスター効果発動可能となる。
 一例として、このカードチェーンして《サイクロン》発動し、それにチェーンしてフリーチェーン《神竜騎士フェルグラント》発動することで、モンスター効果による防御も可能となる。
 とはいえ、「発動無効にする効果」に関しては直後に組む必要があるため、宣告者等についてはこの抜け道は使えず確実に処理できる。
 このカードの有力な仮想敵である《氷剣竜ミラジェイド》を採用するデッキにも《赫の烙印》などでサクリファイス・エスケープしながら除去を通される可能性がある点は注意したい。

  • 「アルテミット」とは、一般的に「究極」という意味の「アルティメット/Ultimate」の表記ゆれとして扱われる。
    また、「月女神」のルビとして使われているため、アルテミスも意識していると思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《月女神の鏃》 魔法 通常魔法

広告