黒衣竜(くろごりゅう)アルビオン/Albion the Shrouded Dragon》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アルバスの落胤」として扱う。
(2):このカードが手札・墓地に存在する場合、
「アルバスの落胤」1体または「烙印」魔法・罠カード1枚を手札・デッキから墓地へ送って発動できる。
そのカードをどこから墓地へ送ったかによって以下の効果を適用する。
●手札:このカードを特殊召喚する。
●デッキ:このカードをデッキの一番下に戻す。
手札から戻した場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。

 DAWN OF MAJESTYで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 フィールド墓地《アルバスの落胤》として扱うルール効果手札デッキから《アルバスの落胤》または烙印魔法・罠カード墓地へ送り、その元の場所によって異なる効果適用する起動効果を持つ。

 (1)はフィールド墓地《アルバスの落胤》として扱う効果
 《アルバスの落胤》は多数の専用サポートカードを備えており、その恩恵にあずかれるのは大きい。
 また、《白の烙印》による墓地融合のサポートにもなる。

 ただし、《アルバスの落胤》サポートカードすべてと相性が良い訳ではない。
 あちらは特殊召喚時の効果によりフィールドに出す価値の高いモンスターだが、こちらはフィールドでは程々のステータスバニラでしかない。
 従って、《烙印の絆》《ドラグマ・エンカウンター》といったカード特殊召喚しても、そのままでは単なるアタッカーにしかならない。
 また、デッキ内では当然《アルバスの落胤》扱いではないので、《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスター効果によるリクルートにも対応しない。

 (2)は《アルバスの落胤》烙印魔法・罠カード墓地へ送って手札墓地発動する効果
 コストとなるカードをどこから墓地へ送ったかで適用する効果が異なる。
 なお、共通効果を持つ烙印コスト墓地発動した場合、《アルバスの落胤》効果コストにした扱いのため、エンドフェイズにその烙印セットできる。
 デッキから墓地へ送った場合は遅行性のサーチ効果となり、特に罠カードならばエンドフェイズの遅さも関係ない。

 手札からの場合は自身の特殊召喚
 手札から出すとコストも含めて2枚の消費となるので少々重く、できる限り墓地から特殊召喚したい。
 この手の効果にありがちな除外デメリットや制約も特になく、表示形式も任意なので特殊召喚後の活用の幅は広い。

 デッキからの場合は自身をデッキボトム戻す効果
 墓地から戻した場合はこのカードデッキ《アルバスの落胤》烙印を入れ替える結果となり、後続の展開を見据えた一手となる。
 手札から戻した場合は追加でドローが行えるので、手札交換を兼ね備えた墓地肥やしとなる。

  • 黒衣(くろご)」とは、人形浄瑠璃・歌舞伎などの演目において舞台袖などから手助け役をする係。
    顔も含め、身体の大半を黒い布で隠し黒ずくめの姿でいるのが基本スタイルであり、このカードイラストも身体の大部分が黒一色である。
    現代では「黒子(くろこ)」が定着しているが、本来「黒子」は「黒衣」の当て字であり、また「くろこ」は訛り言葉である。
    • 「見えないことになっている者」「そこには居ないことになっている者」という点を、父親に認知されない庶子である「落胤」と掛けているのだろうか。
  • また《アルバスの落胤》デスピアと何らかの関係性が窺えること、そのデスピアが劇や舞台をモチーフとしていることも意識されて「黒衣(くろご)」なのかもしれない。

関連カード

カード名イラスト関連

―《黒衣竜アルビオン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:墓地の《黒衣竜アルビオン》(《アルバスの落胤》扱い)が手札《烙印凶鳴》墓地に送って効果発動した場合、《烙印凶鳴》セットできますか?
A:はい、《烙印凶鳴》の(2)の効果セットできます。(21/04/17)

Q:手札の《黒衣竜アルビオン》が手札《烙印凶鳴》墓地に送って効果発動した場合、《烙印凶鳴》セットできますか?
A:いいえ、《黒衣竜アルビオン》の効果発動するために墓地へ送られた扱いであるため《烙印凶鳴》の(2)の効果発動できません。(21/04/17)


Tag: 《黒衣竜アルビオン》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2000

広告