聖邪(せいじゃ)のステンドグラス/Stained Glass of Light & Dark》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの効果モンスターの種族によって以下の効果をそれぞれ適用できる。
●天使族:自分はデッキから3枚ドローする。
その後、手札を2枚選んで好きな順番でデッキの一番下に戻す。
●悪魔族:相手はデッキから1枚ドローする。
その後、手札をランダムに1枚選んで捨てる。
さらに相手は手札がある場合には1枚選んで捨てる。

 BURST OF DESTINYで登場した通常罠
 自分フィールドに存在する効果モンスター種族天使族悪魔族)によって指定されている自分または相手手札交換効果適用する効果を持つ。

 天使族効果は、3枚ドローし2枚をデッキボトム戻す効果
 3枚もの手札交換が可能であり、手札の質をかなり高められる。

 悪魔族効果は、相手に1枚ドローさせ、相手手札1枚をランダムに捨て、更に手札があればもう1枚選んで捨てる効果
 ドローさせるものの、相手手札が1枚以上あればハンデスにより1枚分手札を減らせる。
 ただし1枚目はランダム、2枚目は相手が選んで捨てるため効果的にハンデスできない可能性もある。

 どちらの効果も単体ではこのカードの消費と併せて等価ではあるが天使族悪魔族が両方存在すれば、両方を適用できその場合はカード・アドバンテージを稼げる。
 なお適用は任意であるため、相手【暗黒界】【未界域】などだと判明している場合には悪魔族が存在しても2つ目の効果適用しないということも選択できる。

 両種族を使用するデッキとしては、【デスピア】【ファーニマル】【夢魔鏡】【彼岸】などが該当。
 中でもキーカード《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を内包する【彼岸】《デスピアの大導劇神》融合素材デスピア融合召喚すれば条件を満たす【デスピア】は2つの効果を利用しやすい。
 また、悪魔族トロイメア《No.41 泥睡魔獣バグースカ》といった汎用性の高いモンスターエクストラデッキに存在するので、それらを活用すれば【天使族】でも両方の効果を狙える。
 一方で天使族汎用性の高いエクストラデッキモンスターが少なく、【悪魔族】でも無理なく採用できるものは《召命の神弓−アポロウーサ》《ライトロード・セイント ミネルバ》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》程度。
 《魔界発現世行きデスガイド》を採用している場合は《彼岸の黒天使 ケルビーニ》で条件を満たしやすいか。
 【DD】【魔界劇団】であれば適当なペンデュラムモンスター2体で出せる《グランドレミコード・ミューゼシア》で賄うのも手か。

 【天使族】の中でも【代行者】【雲魔物】は、それぞれ素引きした《神聖なる球体》《雲魔物−スモークボール》デッキに戻しつつドローリクルートに繋げることができるので有効に使える。
 後者は悪魔族である《雲魔物−ゴースト・フォッグ》《雲魔物−ポイズン・クラウド》がいる為、トロイメア等に頼らずとも両方の効果を狙いやすい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《聖邪のステンドグラス》 通常罠

広告