天霆號(ネガロギア)アーゼウス/Divine Arsenal AA-ZEUS - Sky Thunder》

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/機械族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、
自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキ・EXデッキからカードを1枚選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

 PHANTOM RAGEで登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 エクシーズモンスター戦闘を行ったターンエクシーズモンスターに重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキスト、自身以外のフィールドのカード墓地へ送る誘発即時効果、自身以外の自分フィールドのカード相手によって破壊された場合に手札デッキエクストラデッキから選んだカード1枚を自身のエクシーズ素材にする誘発効果を持つ。

 正規のエクシーズ素材の指定が重いため、専ら自身の効果外テキストで出すことになるだろう。
 シンプルにステータスが高いため、エクシーズ素材が足りなくともステータスアップとして出す選択肢もある。
 「戦闘を行ったターン」という条件から基本的にはメインフェイズ2に出すことになり、それ故に先攻ターン目にはこの方法で出せない。
 直接攻撃可能なエクシーズモンスターフィールドの状況に左右されずに戦闘が成立しやすいため相性が良く、相手モンスターを残してしまう欠点も後述の(1)で補える。
 《ワンダー・エクシーズ》等を使えばエクシーズモンスター攻撃を行ったバトルフェイズ中に重ねられ、追撃も可能になる。

 なお、重ねるエクシーズモンスターは、必ずしも戦闘を行ったエクシーズモンスターである必要はない。
 例えば、2体素材の《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》直接攻撃後に《ダウナード・マジシャン》を経由してこのカードを重ねれば、エクシーズ素材を4つ持てるため(1)を合計2回発動できる。
 召喚条件を満たすのは自分エクシーズモンスターでなくともよい。
 そのため、相手エクシーズモンスター攻撃した後のメインフェイズ2にエクシーズ召喚を行い、このカードを重ねるというプレイングも可能。
 《精神操作》などでその相手エクシーズモンスターコントロール奪取し、このカードを重ねるという方法もある。
 また、この手のエクシーズモンスターには珍しく、《天霆號アーゼウス》自身にも2枚目の同名カードを重ねることが可能。
 このカードが次の自分ターンまで残ることは少ないだろうが、覚えておいて損はない。

 正規のエクシーズ召喚については《No.77 ザ・セブン・シンズ》を参照。
 手間はかかるが、(1)の効果バトルフェイズ以前に使用すれば、安全に直接攻撃を狙う事が出来る。
 追加の特殊召喚手段もあれば、ゲームエンドに持ち込める可能性も出てくるだろう。

 (1)は、自身以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る効果
 対象をとらず破壊も介さないフリーチェーン全体除去であり、非常に除去性能が高い。
 相手ターンにも妨害・制圧として発動するのもよいが、その場合耐性の無いこのカードのみが残るため、相手の再展開次第ではピンチに陥る点は注意。
 1ターンに1度の制限は無いため、エクシーズ素材さえあれば再度効果発動して相手の再展開した布陣を崩すことはできる。
 なお、自身の効果外テキストで出した場合はメインフェイズ2になるため、この効果リセットを行ってから直接攻撃という手順は取れない。

 (2)は手札デッキエクストラデッキの任意のカードを自身のエクシーズ素材にする効果
 墓地へ送りたいカードを選べば擬似的な万能墓地肥やしとしても機能する。
 また、《無限起動ゴライアス》エクシーズ素材にする事によって耐性を得る事も可能。
 だが、トリガー相手による破壊に限定されている上に、エクシーズ召喚のタイミングや(1)の効果を考えると、自爆特攻するには次の自分ターンを待つ必要がある。
 受け身の場合も、基本的にはこのカードが真っ先に除去に狙われるため、発動機会があるかは微妙なところ。
 基本的にはおまけの効果として、運良く発動できれば良い、ぐらいに考えておいた方が良いだろう。

 総じて【エクシーズ召喚】全般で採用できる汎用性の高いエクシーズモンスターと言えよう。
 特に、単体でのステータス制圧力に難がある低ランク主体のデッキでは弱点を補えるのでエクストラデッキの枠を割く価値はある。
 直接攻撃可能な《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》《鍵魔人ハミハミハミング》戦闘破壊耐性を持つ《神騎セイントレア》等を利用すれば効果外テキストによる召喚条件も満たしやすい。
 【メルフィー】では上記の《神騎セイントレア》直接攻撃可能な《わくわくメルフィーズ》を出しやすく、メルフィーの共通効果でこのカード除去も回避しやすい。
 ただしデッキ特有の制約には注意が必要で、例えば【メルフィー】では《魔獣の懐柔》を使ったターンにはエクシーズ召喚できない。

  • カード名は「ネガティブ」とギリシア語で説話を意味する「ロギア」、「アーセナル」とギリシア神話に登場する神「ゼウス」を組み合わせたものだろう。
  • ゼウスとは、ギリシア神話における天空神であり、オリュンポス12神の頂点に立つ最高神である。
    巨神族(タイタン)の長でもある農耕神クロノスと大地の女神レアの間に生まれた最後の子で、冥府の神ハデスや海神ポセイドンは兄弟にあたる。
    クロノスは「自分の息子に王位を奪われる」という予言を恐れ、息子達を全て丸呑みにしていたのだが、ゼウスはレアの機転により兄弟で唯一難を逃れ、クレタ島でニンフに育てられる。
    成人したゼウスは父神クロノスに嘔吐薬を飲ませ、呑み込まれていた兄弟を助けだし、彼らと共にクロノス率いる巨神族との全面戦争「ティタノマキア」を起こす。
    10年にわたった戦争の末に遂にクロノスらを打ち倒し、戦争での功績を認められたゼウスは、最高神となったとされる。
  • ゼウスは、天空神であると同時に唯一雷を操ることのできる雷神でもあり、彼の持つ雷霆(ケラウノス)は宇宙すら焼き尽くすという。
    カード名前半の「天霆號」は、ゼウスが天空神であること、また彼の持つ雷霆から取られたものだろう。
    ちなみに、霆は「カミナリ」を意味する。
  • 「號」は「叫ぶ」等の意味もあるが、機械族であることを考えると「号」の旧字体として使っていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《天霆號アーゼウス》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク12 光属性 機械族 攻3000 守3000

広告