電脳(サイバー)エナジーショック》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「人造人間−サイコ・ショッカー」が存在する場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、
さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。
●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
●自分フィールドの全ての「人造人間−サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した速攻魔法
 《人造人間−サイコ・ショッカー》が存在する時フィールドのカード破壊し、破壊したカード罠カードなら2つの追加効果どちらかを適用する効果を持つ。

 発動条件はあるが、コストデメリットの無いフリーチェーン速攻魔法で、カードの種類も問わないため、単体除去としての性能は高い。
 下級モンスター《人造人間−サイコ・ジャッカー》《人造人間−サイコ・ショッカー》として扱えるため、容易に発動条件を満たせる。

 破壊したカード罠カードだった場合、更に2つの追加効果のどちらかを適用できる。

 1つ目の追加効果フィールド表側表示カードの効果無効にする効果
 この効果対象をとらない効果であり、モンスターでも魔法・罠カードもよいため、妨害・制圧などに適する。
 変わったところでは、自分カード無効にできるため《人造人間−サイコ・ショッカー》無効にし、そのターン罠カード発動するなどといった使い方も可能。

 2つ目の追加効果自分フィールドの全ての《人造人間−サイコ・ショッカー》攻撃力を800上げる効果
 《人造人間−サイコ・ショッカー》攻撃力を3200に上げることができ、戦闘破壊を行いやすくなる。
 さらに《人造人間−サイコ・ジャッカー》《地獄の暴走召喚》を使うなどで、複数体《人造人間−サイコ・ショッカー》用意できれば総強化量も大きなものになる。
 なお1つ目の追加効果と違いこちらの強化は永続である。

 ただ、追加効果適用条件として罠カード破壊する必要がある。
 通常のデッキにおいて罠カードモンスター魔法カードに比べ採用枚数が少なく、相手カード除去した上で追加効果まで狙える可能性は低い。
 基本的に単体除去として使い、積極的に追加効果を狙う場合は、自分罠カード破壊する事も考えておきたい。
 《人造人間−サイコ・ショッカー》サポートカードであり、相手モンスター永続罠扱いにできる《サイコ・ギガサイバー》とは相性が良い。

  • アニメ・ゲームにおける人造人間攻撃名はいずれも「電脳(サイバー)エナジー○○」という命名法則になっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《電脳エナジーショック》 魔法 速攻魔法 サイバー

広告