閉ザサレシ世界ノ冥神(サロス=エレス・クルヌギアス)

リンク・効果モンスター
リンク5/光属性/悪魔族/攻3000
【リンクマーカー:上/右上/右/下/右下】
効果モンスター4体以上
このカードをリンク召喚する場合、相手フィールドのモンスターも1体までリンク素材にできる。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):リンク召喚したこのカードは、
このカードを対象とする効果以外の相手の発動した効果を受けない。
(3):1ターンに1度、墓地からモンスターを特殊召喚する効果を含む、
魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その発動を無効にする。

 BLAZING VORTEXで登場した光属性悪魔族リンクモンスター
 相手モンスター1体もリンク素材に利用できる効果外テキストリンク召喚に成功した場合に相手表側表示モンスター効果無効にする誘発効果対象を取る効果以外の相手発動した効果を受けない永続効果モンスター蘇生する効果を含む効果の発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 リンク5で4体以上のリンク素材を要求するため非常に重いが、効果外テキストにより相手モンスターも1体までリンク素材にできる。
 素材の指定も効果モンスターと緩く殆どの相手モンスターリンク素材として耐性などに邪魔されずに処理できる。
 それでも3体以上のモンスターは自前で展開する必要があるため、ある程度の展開力は求められる。
 そこまでの展開力があるデッキの場合は《ヴァレルロード・ドラゴン》《アクセスコード・トーカー》などのリンク4のモンスターリンク召喚可能である場合が多く、それらで殆どの相手モンスター除去できる場面も多い。

 リンク素材5体に対し指定は4体以上のため、リンクモンスターを組み込むことでリンク素材4体に軽減することができる。
 どちらのフィールドに存在するかの指定は無いため、相手フィールドリンク2が存在すればこちらの消費を3体分に軽減可能。
 このため、リンク2をフィールドに残すと優先的に処理されやすくなるリスクが存在するようになる。
 なお、リンク3以上の相手モンスターリンクの数字ではなく1体分としてなら組み込めるため、こちらで残り4体分を用意すれば問題なく処理できる。
 また下記の裁定から《I:Pマスカレーナ》《星遺物からの目醒め》効果を用いたコンボ相手ターン中に効果外テキスト適用相手モンスター1体もリンク素材にできる。
 そのため《I:Pマスカレーナ》を含む効果モンスター3体か、《星遺物からの目醒め》効果モンスター4体残して相手ターンに移行→そのターン中にこのリンクモンスターリンク召喚出来れば相手の行動を妨害封殺することが出来る。

 【イビルツイン】の場合はライブツインイビルツインの共通効果や基本線戦術の都合上エクストラデッキから悪魔族モンスターしか出せなくなる代わりに《トロイメア・グリフォン》《破械雙王神ライゴウ》リンク4のリンクモンスターを簡単に用意出来るほどの展開力を持つため、下記の(1)(2)(3)の効果を考慮すると最終盤面に展開するモンスターとしては申し分ない性能といえる。
 とはいえ、このモンスターリンク召喚を狙う過程で5体の召喚特殊召喚を行う場合が多いので、相手から《原始生命態ニビル》を使われかねない点は注意する必要がある。

 (1)の効果相手フィールド表側表示モンスター効果無効化する効果
 相手モンスター効果無効にすることでそのターンの行動を妨害されることを防げる。
 (2)の耐性もあるため、《天罰》など対象をとらない効果には妨害されないが、《エフェクト・ヴェーラー》《無限泡影》など効果無効には対象をとる効果のほうが多く、それらの妨害は防げない点は注意。
 なお無効化は永続であるため、次のターン以降も無力化しておける。

 (2)は対象を取る効果以外の相手効果を受けない効果
 対象をとらない効果への耐性は非常に珍しい効果であり、通常では防ぐのが難しい汎用カードである《冥王結界波》《禁じられた一滴》《超融合》ですらこのカードには通用しないのは大きい。
 一方除去や妨害で最も多い対象をとる効果には耐性を持たない脆さもあるので、これが耐性として機能するかは難しい所。
 対象をとる効果に対する防御手段には《スキル・プリズナー》など汎用手段も存在するので、そちらと併用して補えればより強固に出来る。

 (3)は蘇生を含む効果の発動無効にする効果
 ノーコストであり蘇生を用いるデッキは多いため、汎用性の高い妨害効果と言える。

  • 当初は、2020年10月17日に「2020-3rd期間内ランキングデュエルエリアランキング特典限定ラバー製デュエルフィールドデザイン」の詳細画像として公式ツイッターにてイラストのみが公開された。(→参照
    その後、10月23日の遊戯王OCGタイムズ内にて詳細なテキストが明らかとなった。
  • カード名のルビはシュメール語であり、「サロス」は3600を、「エレス」は女王を、「クル・ヌ・ギ・ア」は冥界を意味する。
    「ギアス」に関しては《ファイナル・ギアス》を参照。
    • イラストの背景に日食と思われる様子が描かれていることから、日食・月食が発生する「サロス周期」を意味している様である。
      クル・ヌ・ギ・アは、『ギルガメッシュ叙事詩』や『イシュタル(イナンナ)の冥界下り』によると、食事は粘土で埃が御馳走、住む者たちは翼のようなものが付いた着物を着て、暗く乾燥していて光を見ることもないという酷い世界であるとされる。
  • シュメール語由来で女王の名前を持つ冥界の女神ということでモチーフはメソポタミア神話の冥界の女神・エレシュキガルか。
    その名前は「冥界の女王」の意味を持ち、クル・ヌ・ギ・アを支配していたが、時代が進むにつれてその役割は夫の冥界神・ネルガルに引き継がれ、次第にネルガルの伴侶の神として扱われることの方が多くなっていった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《閉ザサレシ世界ノ冥神》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク5 光属性 悪魔族 攻3000

広告