宝玉獣(ほうぎょくじゅう) エメラルド・タートル/Crystal Beast Emerald Tortoise》

効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 600/守2000
(1):1ターンに1度、このターン攻撃を行った自分フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターを守備表示にする。
(2):表側表示のこのカードがモンスターゾーンで破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した水属性水族下級モンスター
 宝玉獣共通の分類されない効果、同ターン攻撃した自分モンスター守備表示に変更する起動効果を持つ。

 宝玉獣共通の自身を永続魔法化する(2)の効果については宝玉獣を参照。

 (1)の固有効果攻撃を行った自分モンスターメインフェイズ2守備表示にする効果
 基本的には相手ターンでの反撃ダメージを防ぐために使うことになる。
 類似効果を持つ《暗黒ステゴ》と比べて攻撃力が劣るが、自分フィールドの他のモンスターにも適用でき、《ドリーム・ピエロ》とのコンボも可能ではある。

 しかし、守備力2000では戦闘破壊効果破壊される可能性は高く、守備表示にしても戦闘ダメージを減らせる程度の意味しかない。
 このモンスターも、究極宝玉神を採用したタイプの【宝玉獣】にその条件を満たすために採用されている、というケースがほとんどである。

 変わったところでは、【現世と冥界の逆転】【ティアラメンツ】との混合構築で採用されるケースが見られる。
 墓地効果フィールド魔法サーチできる《救いの架け橋》を使用する場合の宝玉獣側のサーチ先として、ティアラメンツ融合素材となれる水族のこのカードが選ばれている形である。

  • 「エメラルド(Emerald)」とは緑色をした宝石の名である。
    日本では「翠玉(すいぎょく)」「緑玉(りょくぎょく)」と呼ばれている。
    5月の誕生石としても知られており、石言葉は「幸運・希望」。
    「緑柱石(ベリル/Beryl)」の一種に分類され、成分はアクアマリンに近い。
  • アニメではイラストが宝玉の甲羅の輝きが強く、背景の意匠も異なっている。
  • 同作においてヨハンが使用した通常罠《宝玉の砦》のイラストに描かれている。

関連カード

―《宝玉獣 エメラルド・タートル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分モンスター直接攻撃宣言したとき、相手《バトルフェーダー》効果発動したためバトルフェイズが終了しました。
  この場合、次のメインフェイズ2で(1)の効果により直接攻撃宣言をしたモンスター表示形式を変更できますか?
A:その場合、自分モンスターによってダメージ計算を行っていないので、このカード効果発動する事はできません。(12/04/30)


Tag: 《宝玉獣 エメラルド・タートル》 効果モンスター モンスター 星3 水属性 水族 攻600 守2000 宝玉獣

広告