六花(りっか)薄氷(うすらい)/Rikka Sheet》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場した通常罠
 相手表側表示モンスター効果無効にする効果コストとして植物族リリースして発動した場合には、さらにそのモンスター植物族にしエンドフェイズまでコントロールを得る効果を持つ。

 植物族コストとしてリリースできる効果外テキストについての基本的な事柄は《六花絢爛》フリーチェーンを活かした扱い方は《六花深々》を参照。

 相手モンスター効果の発動フリーチェーンで封じられるため妨害・制圧カードとなる。
 ただしあくまで効果の発動を封じるのであって効果無効にするわけではないため、相手効果の発動チェーンしても既に発動しているその効果は封じられない。
 また先打ちが行えないため召喚・特殊召喚に成功した場合の誘発効果には無力であり、フリーチェーン効果ならこの効果チェーンして発動される恐れもある。
 この効果のみでは《無限泡影》に劣るため、基本的には追加効果も視野に入れた運用をしたい。

 リリースを行い発動した場合には、そのモンスター植物族にしエンドフェイズまでコントロールを得られる
 上述の通り効果無効にするわけではないため、《大捕り物》同様発動しない制圧効果持ちのコントロールを得た場合1ターン限りとはいえその効果相手の行動を制限することもできる。
 エンドフェイズには相手フィールドに戻ってしまうためそれまでに各種素材やリリースに当てたい。
 植物族にした上でコントロール奪取できるため、それをリリースすることで「フィールド植物族がリリースされた場合」の効果トリガーにもなる。
 またレベルを持つモンスターであれば《六花精スノードロップ》効果レベル変更することもできるため、自分ターンコントロール奪取した場合エクシーズ素材にすることも難しくない。

  • 一般的に「薄氷」と書いた場合は「はくひょう」と読み、文字通り薄い氷そのものを指す。
    しかし、俳句ではこのカードの様に「うすらい」と読み、春の季語を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《六花の薄氷》 通常罠 六花

広告