惑星探査車(プラネット・パスファインダー)/Planet Pathfinder》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

 ABYSS RISINGで登場した地属性機械族下級モンスター
 自身をリリースしてフィールド魔法サーチする起動効果を持つ。

 《テラ・フォーミング》内蔵しているが、このカードフィールドに出す手間が必要なので単純な汎用性では劣る。
 フィールド魔法サーチ手段は他にも《盆回し》《メタバース》も存在し、それらは固有の利点も併せ持つ。
 もっとも、上記カードはいずれも規制がかけられているため、フィールド魔法を軸にするデッキならばこちらにお呼びがかかる事もあり得る。
 ただし、【地縛神】の様に召喚権が重視されるデッキとは相性が悪い。
 特殊召喚モンスターを並べる【Sin】【ジェネレイド】ならば召喚権をこのカードに当てる行為も支障が出にくい。
 《ヌメロン・ネットワーク》《ヌメロン・ダイレクト》を活用する【ヌメロン】でも、召喚権を消費してもなお十分な展開が可能となる。

 モンスターカード故に効果が使えずとも各種素材に転用できるのは、魔法・罠カードの上記カード達には無い利点。
 ステータスが低いので、《召喚僧サモンプリースト》《機甲部隊の最前線》特殊召喚手段にも恵まれている。
 《ブラック・ガーデン》等で攻撃力を半分の500以下にすることができれば《機械複製術》によって複数をフィールドに並べることも可能。
 また、《スクラップ・リサイクラー》《ギアギアングラー》に対応するため、その点を活かしたい。
 フィールド魔法《転回操車》キーカードにする【列車】では種族属性サポートが噛み合うため採用候補になる。
 サーチできない場合でも機械族ランクエクシーズ素材《マシンナーズ・フォートレス》手札コストに活用してやれば手札腐らずに済む。

 レベル4の機械族モンスター2体と機械族1体が存在すれば、《ギアギガント X》でこのモンスターサーチし、さらに《プラチナ・ガジェット》リンク召喚してこのモンスターを出せる。
 一見難しく見えるが、《トイナイト》《ブンボーグ003》といった組み合わせや、《機械複製術》レベル機械族を増やせば可能。
 《炎王の孤島》《天空の虹彩》などのフィールド魔法《プラチナ・ガジェット》破壊してガジェットリクルートサーチも行える。

  • 「惑星探査車」とは、主に地球以外の宇宙に存在する天体を探査する目的で宇宙に放出された無人探査機の一つである。
    惑星や衛星表面の物質や地形を調査するため、そこに長期間滞在する。
    イラストの赤茶色の大地を見るに、火星を調査しているようである。
    • 「パスファインダー/Pathfinder」は「先駆者」「開拓者」を意味する英語である。
  • 作中やゲーム作品を含めても、Vがフィールド魔法を採用している描写は見られない。

関連カード

―《惑星探査車》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《惑星探査車》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1000 守1000

広告