VWXYZ(ヴィトゥズィ)

デッキ の概要

 ユニオンモンスター除外することでエクストラデッキから特殊召喚されるVWXYZシリーズに主眼を置いたデッキ

《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》
融合・効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻3000/守2800
「X−クロス・キャノン」+「Y−ドラゴン・イアヘッド」+「Z−ジリオン・キャタピラー」
自分のフィールド・墓地の上記のカードを除外した場合のみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):相手ターンに1度、手札を1枚捨て、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):フィールド・墓地のこのカードを除外し、
EXデッキの機械族・光属性・レベル8融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記された自分の墓地・除外状態の融合素材モンスターを3体まで特殊召喚する。
《XYZ−ドラゴン・キャノン/XYZ-Dragon Cannon》
融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2600
「X−ヘッド・キャノン」+「Y−ドラゴン・ヘッド」+「Z−メタル・キャタピラー」
自分フィールドの上記のカードを除外した場合のみEXデッキから特殊召喚できる。
このカードは墓地から特殊召喚できない。
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを破壊する。 

デッキ構築に際して

 VWXYZ融合モンスターはいずれもフィールド(・墓地)から融合素材除外することで《融合》なしで特殊召喚できる。
 このため、融合素材フィールドに出したり装備カードにできるような構築を心がけたい。

 中でも《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》墓地から融合素材を利用できアドバンテージを失わないので、これを主軸にしていく。
 その他、サポートカードが多い《XYZ−ドラゴン・キャノン》も比較的出しやすい部類。
 《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》といった大型モンスターも有するが、普通に運用すると召喚の手間と維持の難しさからディスアドバンテージになるため、主軸にするのはお勧めできない。

メインデッキモンスターについて

 サポートカードの傾向から機械族光属性が中心となる。

VWXYZモンスター

―相性の良い機械族モンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 《X−クロス・キャノン》デメリットから光属性が中心となる。

VWXYZ及びそれらに関連するモンスター

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

テキストユニオンモンスターと記された魔法・罠カード
 《ユニオン・コントローラー》サーチできる。

  • その他

機械族サポートカード

―その他のカード

戦術

 主力となる《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》特殊召喚するために、融合素材フィールド墓地に集める事に注力する。
 最初に《ユニオン格納庫》《ユニオン・アクティベーション》を使ってキーカードを集めていく。
 《ユニオン格納庫》《X−クロス・キャノン》デッキからユニオンモンスター装備できるので、これらで足りないカードを引っ張ってくる。
 《ユニオン・コントローラー》が出せればさらにサーチリクルート効果を持つ魔法カードサーチして連続して展開していく事が可能となる。

 首尾よく融合素材が集まったらそれらを除外して大型モンスター特殊召喚を行う。
 上手く墓地が溜まれば《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》《ABC−ドラゴン・バスター》を並べる事も難しくない。
 その《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》墓地へ送れば(2)で《XYZ−ドラゴン・キャノン》特殊召喚も整えられ、《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》特殊召喚も見えてくる。

 VWXYZはいずれも手札コストが必要なので長期戦には向いていない。
 大型モンスターには攻撃力耐性といった点でも厳しいので、制圧向けの布陣を作るか短期決戦を望みたい。

デッキの種類

【おジャマ】混合軸

 おジャマコストVWXYZABC融合素材を揃えられる《おジャマ改造》を軸とする構築。
 おジャマが3体いれば即座に《XYZ−ドラゴン・キャノン》《ABC−ドラゴン・バスター》を出せるので、《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》を出すのも困難ではない。
 《おジャマジック》《闇の量産工場》などおジャマサーチサルベージ手段は多く、手札コストも確保しやすい。
 また、《おジャマパーティ》VWXYZ融合モンスター耐性を与えられる。

【アームド・ドラゴン】混合軸

《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン/Armed Dragon Catapult Cannon》
融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻3500/守3000
「VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン」+「アームド・ドラゴン LV7」
自分が上記のカード全ての特殊召喚に成功しているデュエル中に、
自分のフィールド・墓地の上記のカードを除外した場合のみ、
EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は除外されている自分・相手のカードと同名カードの効果を発動できない。
(2):相手ターンに1度、デッキ・EXデッキからカード1枚を除外して発動できる。 
相手のフィールド・墓地のカードを全て除外する。 

 アームド・ドラゴンモンスターを採用した《アームド・ドラゴン・カタパルトキャノン》融合召喚を狙うデッキタイプ。
 融合素材からも分かる通りその難易度は非常に高く、2体の特定のモンスター特殊召喚に特化した構築にしなくてはならない。

 上述の【おジャマ】混合軸に更に【アームド・ドラゴン】のギミックを投入する方法もあり、《おジャマッチング》はこれらの2つのデッキサポートカードとなる。
 アームド・ドラゴンも同様に《おジャマパーティ》耐性を与えられるため、ある程度サポートの共有は可能である。
 それでも構築の難易度が高いことには変わりはない。

【デモンスミス】混合型

 【デモンスミス】は《X−クロス・キャノン》効果の発動後でも展開ができ、《ユニオン・コントローラー》ランク6を出しやすいという点で相性がいい。
 デモンスミス側は《魔を刻むデモンスミス》《刻まれし魔の詠聖》《魔轟神ルリー》及び融合モンスターリンクモンスターを少量採用し展開を補佐する。
 種族がばらける事で《ライトロード・ドミニオン キュリオス》を通常の構築よりも出しやすくなるメリットもある。

このデッキの弱点

 墓地除外状態への依存度が高いため《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》に弱い。
 一応エクシーズモンスターリンクモンスターを展開できれば状況を打開することは可能。
 他には《ライオウ》などの特殊召喚及びサーチ阻害カードにも弱い。
 《幽鬼うさぎ》《タイフーン》のように装備カードを始めとする永続カードを狙われるのも苦手。

 融合モンスター手札コストが必要なので効果無効にされるだけでもディスアドバンテージは大きい。
 また、いずれも対象をとる効果ばかりで、《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》以外は最大攻撃力が3000なので対象耐性を持つ大型モンスターも厳しい。
 《XYZ−ハイパー・ドラゴン・キャノン》《ABC−ドラゴン・バスター》は展開前に妨害ができるものの、後攻ターン目のように捲り返す場面では苦しいものがある。
 そういった場面に備えられるよう手札誘発《ライトニング・ストーム》といった後攻で輝くカードは多く投入したいところ。

代表的なカード

関連リンク

広告