【ゴブリンライダー】

デッキの概要

 特殊召喚効果を持つゴブリンライダーを主体とした【ランク3】寄りのデッキ
 属するカードには効果処理でエクシーズ素材を取り除く効果が多く、この特徴故に対【エクシーズ召喚】にはメタとしても機能する。

《百鬼羅刹 特攻ダグ/Goblin Biker Dugg Charger》
効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1600/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合に発動できる。
フィールドのX素材を1つ取り除き、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「ゴブリンライダー」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
《百鬼羅刹 巨魁ガボンガ/Goblin Biker Big Gabonga》
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/光属性/獣戦士族/攻2100/守   0
レベル3モンスター×2
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚した場合に発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのX素材が取り除かれた場合、フィールドの他の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのX素材とする。
(3):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。
デッキから「ゴブリン」モンスター1体をこのカードのX素材とする。
《百鬼羅刹大参上/Goblin Biker Grand Entrance》
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ゴブリン」モンスター1体を手札に加える。
その後、以下の効果を適用できる。
●フィールドのX素材を1つ取り除き、手札からレベル4以下の「ゴブリン」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
フィールドのX素材を1つ取り除く。
その後、自分の墓地から「ゴブリン」モンスター1体を手札に加える事ができる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターカードについて

ゴブリン

―相性の良いモンスター
 下記以外にも【ランク3】を参考に展開力の高いレベル3の採用を検討したい。
 後述するが、このデッキエクシーズモンスターをまず立てる事が重要であり、相手に多少の妨害を受けたところでエクシーズ召喚できる程度のリソースは常に手札墓地に用意するのが望ましい。
 また、ゴブリンライダーの展開効果エクシーズモンスターが無ければ意味を成さず、あちらが初手に固まると手札事故で展開できなくなる恐れもある。
 それを避ける意味合いでも、安定して初手でエクシーズ召喚が行えるように展開力の高いレベル3の存在は重要と言える。

エクストラデッキモンスターについて

ゴブリンエクシーズモンスター
 《百鬼羅刹大暴走》の(2)の効果を使用する場合はフィールドにこのモンスターらが必須となる。

―その他のエクシーズモンスター
 基本的にはゴブリンライダーのみで出せるランク3が最優先、次いで《百鬼羅刹大集会》との併用で出せるランク6が候補となる(【ランク3】【ランク6】も参照)。
 《ゴブリンドバーグ》《ゴブリン降下部隊》を採用した場合は《百鬼羅刹大集会》との併用でランク4・7も出せはするが、エクストラデッキの圧迫はよく考えたい。
 また、《百鬼羅刹大暴走》の(1)の効果相手メインフェイズでもエクシーズ召喚が可能となり、これを見据えた運用も検討できる。
 《百鬼羅刹大集会》レベル変動はターンを跨いでも維持されるため、レベル6にしたゴブリンライダー2体で相手ターンランク6を出すといった動きも可能。

シンクロモンスター
 《スクラップ・ゴブリン》を採用する場合はレベル6のシンクロモンスターを採用できる。
 《百鬼羅刹大集会》レベルを上げられればレベル12や《アルティマヤ・ツィオルキン》特殊召喚も可能となるが、エクストラデッキの圧迫は懸念される。

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

ゴブリンライダー
 《百鬼羅刹 特攻ダグ》の(2)によるサーチに対応する。

―相性の良いカード

戦術

 エクシーズ素材が無ければ性能を十分に発揮できないカードが多いため、毎ターンエクシーズ召喚を行える状況を作り出したい。
 特に初手のエクシーズ召喚は重要であり、相手からの妨害が無い場合は勿論のこと、できれば1〜2度の妨害を受けても尚エクシーズ召喚できる程度のリソースを確保できる様な初期手札が望ましい。
 何度かデッキを回してその様な手札が安定してできるように、ゴブリンライダーの採用枚数と汎用レベルモンスターの採用枚数のバランスを決めたい。
 一度デッキが回り始めれば毎ターン安定してゴブリンライダーを展開できるようになり、固有効果で得たアドバンテージで更なる展開・妨害を行える理想的な動きとなる。

 なお、相手エクシーズ召喚を使用する場合は上記の問題の大半は解決し、初手にゴブリンライダーが固まってきても問題なく展開が行える。
 もっとも、相手依存でデッキを組むのはリスクが高すぎるため、基本的には相手エクシーズモンスターを使用しない場合を想定してデッキを構築すべきだろう。

1ターン目の展開例

 《魔界発現世行きデスガイド》初動パターン

  1. 《魔界発現世行きデスガイド》召喚して《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》リクルート
  2. 上記2体で《百鬼羅刹 巨魁ガボンガ》エクシーズ召喚して(1)で《百鬼羅刹 特攻ダグ》サーチX素材2→1)
  3. 《百鬼羅刹 特攻ダグ》を(1)で特殊召喚して(2)で《百鬼羅刹大参上》サーチX素材1→0)
  4. 《百鬼羅刹 巨魁ガボンガ》の上に《エクシーズ・アーマー・フォートレス》を重ねて(X素材0→1)《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》を(2)で自己再生X素材1→0)
  5. 《百鬼羅刹 特攻ダグ》《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》《彼岸の黒天使 ケルビーニ》リンク召喚《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》除外される)
  6. 《彼岸の黒天使 ケルビーニ》の(3)のコストとして《百鬼羅刹 神速ブーン》デッキから墓地へ送る
  7. 《エクシーズ・アーマー・フォートレス》の上に《FA−クリスタル・ゼロ・ランサー》《FA−ダーク・ナイト・ランサー》《迅雷の騎士ガイアドラグーン》でも可)を順に重ねる(X素材0→2)
  8. 《百鬼羅刹大参上》の(1)で《百鬼羅刹 爆音クラッタ》サーチし、エクシーズ素材を取り除く事でそのまま特殊召喚X素材2→1)
  9. 《百鬼羅刹 爆音クラッタ》の(1)で《百鬼羅刹 神速ブーン》蘇生
  10. 《百鬼羅刹大参上》の(2)で《百鬼羅刹 特攻ダグ》サルベージX素材1→0)
  11. 《百鬼羅刹 爆音クラッタ》《百鬼羅刹 神速ブーン》《虚空海竜リヴァイエール》エクシーズ召喚
  12. エクシーズ素材《百鬼羅刹 神速ブーン》の方を取り除いて《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》帰還X素材2→1)
  13. 《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》の(1)で手札《百鬼羅刹 特攻ダグ》特殊召喚
  14. 《虚空海竜リヴァイエール》エクシーズ素材を取り除いて《百鬼羅刹 神速ブーン》自己再生X素材1→0)

 結果、フィールド《彼岸の黒天使 ケルビーニ》《FA−ダーク・ナイト・ランサー》《虚空海竜リヴァイエール》《百鬼羅刹 冷血ミアンダ》《百鬼羅刹 特攻ダグ》《百鬼羅刹 神速ブーン》の6体を並べられる。
 ここから大型リンク召喚に繋げたり、別のランク3を並べて未来皇ホープに繋げたりと展開は多彩に広がる。

デッキの種類

【転移アシッド・ゴーレム】

 エクシーズ召喚した《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》相手送りつけ、その後ゴブリンライダー効果でそのエクシーズ素材を取り除くコンボ
 決まれば相手特殊召喚が封じられた上に毎ターン2000ダメージを受ける状態となり、数ターン粘るだけで勝利を得られる。
 送りつける手段としては、別途相手フィールドモンスターを展開する手段を用意する必要になるが、《転晶のコーディネラル》が扱いやすい。
 相手フィールドモンスター送りつける手段の一例としては以下のようなものが考えられる。

  1. ゴブリンスクラップ両方に属する《スクラップ・ゴブリン》リンク素材に含め、《スクラップ・ワイバーン》リンク召喚
  2. 《スクラップ・ワイバーン》の(1)の効果《スクラップ・ゴブリン》蘇生し、《スクラップ・ゴブリン》破壊
  3. 《スクラップ・ワイバーン》の(2)の効果《スクラップ・ゴーレム》リクルートし、自分フィールドのカード1枚を破壊
  4. 《スクラップ・ゴーレム》効果相手フィールド《スクラップ・ゴブリン》蘇生

 スクラップデッキに採用する必要があるが、ゴブリンサポートも受けられる《スクラップ・ゴブリン》であれば展開も容易であり、《スクラップ・ゴーレム》効果自分フィールド蘇生すればシンプルな展開ギミックとしても優秀。
 《スクラップ・ゴブリン》チューナーであることからシンクロ召喚に移行することも可能であり、リンク召喚を狙う場合3体のスクラップ種族が異なる地属性であるため、《ライトロード・ドミニオン キュリオス》リンク召喚も可能。
 その他、ランク3には送りつけ効果を持つ《No.26 次元孔路オクトバイパス》も存在し、この場合必要カードエクストラデッキの2体と非常にコンパクトに収まる。
 一方で《No.26 次元孔路オクトバイパス》効果バトルフェイズを経由する必要があり、この手の制圧が最も有効な先攻ターン目に使えないという欠点を持つ。

このデッキの派生

 展開力の高いレベル3(中心の)カテゴリとの混合デッキは作りやすく、その展開力で起点となる初手のエクシーズ召喚をサポートしてくれる。
 幻影騎士団彼岸などは墓地効果を持つものも多いため、自己再生持ちが多いゴブリンライダーとは墓地肥やしを共有できる点も噛み合う。

このデッキの弱点

 これまでにも記載した通り、初手のエクシーズ召喚を潰されると起点が作れないためデッキが回らなくなる。
 手札誘発に限っても手段は複数考えられるので、こちらとしてもそれを回避する手段を用意するか、1〜2回程度の妨害は想定内と割り切るくらいのつもりが良い。
 属性種族がばらけているので《群雄割拠》《御前試合》も厄介な存在。

 また、墓地から特殊召喚するものは特殊召喚効果チェーンする形での除外デッキ戻しによる妨害も狙われやすく、その点も気を付けたい。
 その様な形で展開を阻止されても効果発動した事には変わりないので、そのターンは他の同名カードも自身の効果で展開が行えなくなってしまう。

 当然のことながら【エクシーズ召喚】全体が苦手とするエクストラデッキメタ特殊召喚メタも強く刺さる

 弱点とはやや異なるが、ミラーマッチになるとお互いお互いエクシーズ素材を取り合う泥仕合になりがち。
 エクシーズモンスターを出さなければこちらの動きも鈍り、かと言ってエクシーズモンスターを出せば相手の展開もサポートしてしまうため悩ましいところである。

代表的なカード

関連リンク

広告