戦華(せんか)

デッキの概要

 獣戦士族で統一された戦華を中心としたビートダウンデッキ
 自軍の効果の発動トリガーとしたり、敵軍の数を参照したりとフィールドを広く見る力が問われる。

《戦華の仲−孫謀/Ancient Warriors - Masterful Sun Mou》
効果モンスター
星4/水属性/獣戦士族/攻1800/守1500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「戦華の仲−孫謀」以外の「戦華」モンスター1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターの効果が発動した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
《戦華の徳−劉玄/Ancient Warriors - Virtuous Liu Xuan》
効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1400/守1200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「戦華」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、
自分の手札・フィールドからカード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「戦華の徳−劉玄」以外の「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカード以外の自分の「戦華」モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
《戦華史略−三顧礼迎/Ancient Warriors Saga - Three Visits》
永続魔法
このカードは発動後、2回目の自分スタンバイフェイズに墓地へ送られる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに、自分が「戦華」モンスターの召喚・特殊召喚に成功した場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとはカード名が異なる「戦華」モンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「戦華」モンスター1体を特殊召喚する。

デッキ構築に際して

 戦華は特殊な立ち位置の《戦華の叛−呂奉》を除き、大きく分けて水属性風属性炎属性の3属性が存在し、各属性ごとに特徴が分かれている。
 水属性は他の戦華効果の発動トリガーとする効果を、風属性相手モンスター自分モンスターより多い場合に発動する効果を、炎属性相手カード破壊トリガーとする効果を持つ。
 そのため水属性には展開用のカードが、風属性には相手攻撃をしのぐカードが、炎属性には破壊による除去が重要となる。

メインデッキモンスターについて

戦華モンスター

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 相手ターンの妨害に長けたデッキではないため、それらを補えるモンスターを投入するといい。

戦華モンスター

エクシーズモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

 主に永続魔法永続罠を中心に採用していく。

戦華魔法・罠カード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 相手が並べることを前提としているのでデュエルが始まり次第後攻を取るようにしたい。
 序盤は《戦華史略−三顧礼迎》《戦華の仲−孫謀》手札を整える。
 発動条件を満たせば《戦華の徳−劉玄》により大量展開が望めるので一気に押し切ってしまいたい。

 以下は展開例。
 条件:手札《炎舞−「天キ」》《戦華史略−三顧礼迎》の計2枚、相手フィールドに2体以上のモンスター

  1. 《炎舞−「天キ」》《戦華の徳−劉玄》サーチ
  2. 《戦華史略−三顧礼迎》発動《戦華の徳−劉玄》通常召喚《戦華史略−三顧礼迎》《戦華の雄−張徳》サーチ
  3. 《戦華の徳−劉玄》効果《炎舞−「天キ」》コスト《戦華の仲−孫謀》リクルート
  4. 《戦華の仲−孫謀》効果《戦華史略−三顧礼迎》コスト戦華サーチ
  5. 墓地へ送られた《戦華史略−三顧礼迎》効果サーチした戦華特殊召喚
  6. 《戦華の雄−張徳》効果で自身を特殊召喚
  7. 戦華効果発動したので《戦華の仲−孫謀》効果モンスターバウンス

デッキの種類

【メタビート】軸

 《次元の裂け目》《群雄割拠》《虚無空間》といったメタ性能の高い永続魔法永続罠を搭載した型。
 相手の展開を抑圧する傾向が強いため、モンスターはこちらから展開しやすい水属性戦華《戦華の雄−張徳》が中心になる。
 状況に応じて自発的にロックを解除して攻め込める点が他の【メタビート】と比較しての強み。

このデッキの弱点

 メインデッキである程度戦えるものの、やはりステータスが低いモンスターが多くウイルス系統には弱い。
 また、永続カードを軸とするので《サイクロン》をはじめ、《醒めない悪夢》等のフリーチェーン除去を苦手とする。
 コスト墓地へ送る戦華も多いので《マクロコスモス》《ディメンション・アトラクター》等の無差別除外も厳しい。

 風属性戦華の性質上、相手がある程度展開してくれなければこちらも展開しづらい場合がある。
 マッチ戦の二戦目以降は特に相手の警戒が強まるため、先攻を渡されそうな場合に備えたサイドデッキ構築が必要となる。

代表的なカード

関連リンク

広告