天威(てんい)

デッキの概要

 幻竜族で統一された天威を主軸としたビートダウンデッキ
 「効果モンスター以外のモンスター」を主軸として戦うのが大きな特徴である。

《天威龍−アーダラ/Tenyi Spirit - Adhara》
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/幻竜族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、
手札・墓地のこのカードを除外し、このカード以外の除外されている自分の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
《天威の拳僧/Monk of the Tenyi》
リンクモンスター
リンク1/地属性/幻竜族/攻1000
【リンクマーカー:下】
リンクモンスター以外の「天威」モンスター1体
《天威無崩の地/Flawless Perfection of the Tenyi》
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
効果モンスター以外の表側表示モンスターは、モンスターの効果を受けない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが存在し、
相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

デッキ構築に際して

 効果モンスター以外のモンスターに関するカードが重要となる。
 また、幻竜族サポートカードも有用。

メインデッキモンスターについて

天威
 「天威龍」の名前を持つ幻竜族であり、6属性に1体ずつ存在する。
 いずれも自分フィールド効果モンスターが存在しない場合に手札から特殊召喚できる起動効果を持つ。
 モンスター自体が存在しない場合でも条件を満たすので、1ターン目ならばほぼ確実に特殊召喚が可能。
 また、手札墓地から除外する事で発動できる固有効果も持ち、この効果で戦況を有利にコントロールしていく。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

天威

効果モンスター以外のモンスター
 《天威無双の拳》の(2)の効果エクストラデッキから直接特殊召喚できる。
 また、各種天威効果の恩恵も受けられる。

効果モンスター
 天威効果の恩恵を受けられないので効果の有用性が求められる。

魔法・罠カードについて

効果モンスター以外のモンスターサポートカード

―その他

戦術

 1ターン目の行動としては、手札天威龍を自身の効果特殊召喚して《天威の拳僧》に変換し、手札にある別の天威龍特殊召喚するのが基本となる。
 そこから上位リンクに繋げてビートダウンを行うか、《天威の拳僧》を維持してコントロール的にデュエルを展開するかは手札相手デッキを考慮した上で見極めたい。
 《天威無崩の地》手札を補いつつ、《天威無双の拳》《スキルドレイン》制圧ができれば理想的と言える。

デッキの派生

【幻煌天威】

 【幻煌龍】との混合構築であり、幻竜族且つ通常モンスターを主軸とする点でサポートを共有させやすい。
 生成された幻煌龍トークン手札墓地天威龍《天威無崩の地》《天威無双の拳》等でサポートできれば長期間の維持も可能。
 (《幻煌の都 パシフィス》効果発動ターン効果モンスターの展開を封じる制約はあるが、効果を封じるわけではないため天威龍は影響を受けない。)
 《コスモブレイン》《幻煌龍 スパイラル》を展開できる点でもシナジーがあると言える。

【竜星天威】

 【竜星】との混合構築であり、どちらのカテゴリ特殊召喚が容易な幻竜族チューナーを擁する点で共通点がある。
 《光竜星−リフン》自己再生効果を持つので《虚ろなる龍輪》墓地肥やしとも相性が良い。
 《源竜星−ボウテンコウ》天威龍墓地へ送りつつ、《竜星の九支》サーチして制圧も行えるため汎用性が高い。
 《邪竜星−ガイザー》除去を行いつつ自身を破壊すれば複数のトークンを生み出す《タツノオトシオヤ》リクルートできる。
 ちなみに《タツノオトシオヤ》《天威の龍仙女》でも蘇生できるため、1枚採用しておけばターンを跨いで大量展開も見えてくる。
 《輝竜星−ショウフク》バウンス除去を行いつつ、更に蘇生効果から《天威の龍仙女》に繋いで《輝竜星−ショウフク》蘇生すれば再び蘇生効果を使える。

【召喚獣天威】

 天威龍特殊召喚効果召喚権《召喚師アレイスター》に回す余裕は持ちやすい。
 召喚獣の中でも《召喚獣メガラニカ》効果モンスター以外のモンスターなのでサポートを共有させやすい。
 また、《召喚獣ライディーン》《簡易融合》でも出すことができ、自身を対象効果発動すれば裏側守備表示になるため効果モンスター以外のモンスターになれる。
 なお、天威モンスターは多属性が存在するため召喚獣融合素材にもしやすいが、墓地天威龍除外するのは墓地リソースの損失になるので慎重に行いたい。

【天威真紅眼】

 【真紅眼の黒竜】との混合構築であり、《真紅眼の黒竜》とそのサポートカードを活用することで、《レッドアイズ・スピリッツ》《真紅眼の鎧旋》での墓地からの展開、《王者の看破》による妨害の追加を狙った構築。
 《レッドアイズ・インサイト》《黒鋼竜》《伝説の黒石》は1枚で《真紅眼の黒竜》特殊召喚でき、特に《黒鋼竜》は打点アップにも使えるため腐りにくい。
 前者2枚は《レッドアイズ・スピリッツ》を経由するため相手ターンでの特殊召喚になってしまうが《天威無崩の地》やこのデッキで用いられるカウンター罠相手ターンでの各種天威効果は問題なく使える。
 《王者の看破》が使えるのもこの構築の強みであり、《天威無崩の地》を守るため等、《天威無双の拳》だけでは足りない場合の対魔法・罠カード要素を追加できる。
 《スキルドレイン》とも相性が良く、レッドアイズをサポートするモンスター効果墓地手札発動するため展開を阻害しない。
 手札に来てしまった《真紅眼の黒竜》《天威の龍仙女》等で墓地へ送れば蘇生に繋げられ、天威龍特殊召喚効果からアドバンス召喚を行っても墓地発動できる効果があるためディスアドバンテージを多少は押さえられる。
 《真紅眼の鎧旋》《天威龍−ヴィシュダ》の存在からランク7のエクシーズ召喚も得意であり、《真紅眼の鋼炎竜》なら《真紅眼の鎧旋》発動条件を満たしたまま蘇生効果《真紅眼の黒竜》を維持し、天威効果も使用できる。
 この場合は《スキルドレイン》との兼ね合いを考える必要があるが単純に2800打点のレッドアイズとして使っても良い。
 ただし、《スキルドレイン》等で相手の展開を妨害しても《真紅眼の黒竜》アタッカーとしては心許ないため、《黒鋼竜》《天威龍−ナハタ》による戦闘補助は必須である。
 攻撃力で負けている相手モンスターはできるだけ《王者の看破》召喚特殊召喚自体を無効にしておきたい。

【天威ドラグマ】

 エクストラデッキからの展開に支障は出るが、汎用的な効果を備えたものが多い【ドラグマ】との混合構築。
 《天威の拳僧》の存在によりエクストラデッキモンスターフィールド墓地に用意しやすいため、ドラグマ特殊召喚の条件を満たしやすいのが利点。
 ドラグマデメリット適用される前に出す必要はあるが、《天威龍−アーダラ》下級ドラグマ《源竜星−ボウテンコウ》シンクロ召喚できる。
 単純に《教導の聖女エクレシア》《ドラグマ・パニッシュメント》サーチしてセットするだけでも一定の妨害力は保持できよう。

【天威OZ】

 展開補助用のサポートカードが豊富な【獣族】との混合構築であり、《マスター・オブ・OZ》除去から守りながら戦うデッキ
 融合素材《ビッグ・コアラ》自身も通常モンスターであるため、天威のサポートを受けられる。

このデッキの弱点

 手札墓地天威龍除外するのが肝となるので《王宮の鉄壁》《アーティファクト−ロンギヌス》等で除外を封じられるのが痛い。
 逆に《D.D.クロウ》等で墓地天威龍をピンポイントで除外されるのも計算が狂いやすく困る。
 《天威無崩の地》による耐性付与や《スキルドレイン》等の影響により対モンスターには比較的強いのだが、反面魔法・罠カードには弱い。
 一応、《天威龍−シュターナ》《天威龍−マニラ》である程度は防御できるのだが、モンスターに対して発動した場合よりアドバンテージは稼ぎにくい事が多い。

代表的なカード

関連リンク

広告