氷結界(ひょうけっかい)

デッキの概要

 DUEL TERMINAL −シンクロ覚醒!!−で登場した氷結界をメインに置いたデッキ
 属するモンスターは全て水属性で、相手の行動を制限する効果を持ったモンスターが多いのが特徴。
 《氷結界の紋章》を始めとしたサポートカードモンスター効果で各種ロック効果を使い分け相手の行動を抑制する。
 氷結界シンクロモンスターも出しやすく、その効果で攻めていける。

《氷結界の伝道師/Prior of the Ice Barrier》
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守 400
(1):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚するターン、自分はレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。
(2):このカードをリリースし、
「氷結界の伝道師」以外の自分の墓地の「氷結界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
《氷結界の照魔師》
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1700/守1000
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、相手はアドバンス召喚できない。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「氷結界」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(3):自分が「氷結界」モンスターの効果を発動するために、
手札を墓地へ送る場合または捨てる場合、そのカード1枚の代わりに墓地のこのカードを除外できる。
《氷結界の虎将 ガンターラ/General Gantala of the Ice Barrier》
効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2700/守2000
(1):自分エンドフェイズに、「氷結界の虎将 ガンターラ」以外の
自分の墓地の「氷結界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
《氷結界の紋章/Medallion of the Ice Barrier》
通常魔法
(1):デッキから「氷結界」モンスター1体を手札に加える。

デッキ構築に際して

 基本的に蘇生による展開をメインとする性質上、上記の相手の行動の抑制に加え、基本戦術での展開には墓地肥やしが必須の為、並行して行わなければならない。
 相手からの妨害なども加味する場合、1ターンで同時展開できるのは基本2体、相手からの妨害が無く手札の質やフィールドの状況が良い場合でも3体展開するのが限界である。
 個々の単体性能や他との相性の差が激しく、全ての氷結界を採用することは不可能なので、後述の展開の起点となる氷結界を基準にどのような布陣を築くかを考え取捨選択したい。

メインデッキモンスターについて

―主力となる氷結界

―同時展開を前提とする氷結界

―単体で機能する氷結界
 あくまでフィールド発動するための条件であって、基本的に他の氷結界との同時展開が望ましいことには変わりない。
 各々の特性に対応したサポートカードとの併用や大会環境を踏まえた上での採用が求められる。

―その他の相性のいいモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 《氷結界の照魔師》《海晶乙女コーラルアネモネ》効果を多用する場合は水属性モンスターを多めに採用したい。

氷結界モンスター
 いずれもシンクロモンスターである。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

 相性の良い永続魔法永続罠氷結界の虎王 ドゥローレン軸を参照。

氷結界サポートカード

種族属性サポート

―それ以外のカード

戦術

 序盤は《氷結界の照魔師》《氷結界の軍師》手札から、《氷結界の霜精》《おろかな埋葬》デッキから氷結界墓地へ送る
 蘇生対象墓地へ置くことができたら《氷結界の伝道師》《氷結界の晶壁》などで蘇生し展開に繋げていく。

 制約はあるが《氷結界の照魔師》と任意の氷結界の2枚で序盤からでも氷結界の展開が可能。
 手順は以下の通り。

  1. 手札氷結界Aを捨て《氷結界の照魔師》効果《氷結界の霜精》リクルートする。
  2. 《氷結界の霜精》効果発動し、デッキから《氷結界の伝道師》墓地へ送る
  3. 《氷結界の照魔師》《氷結界の霜精》《海晶乙女コーラルアネモネ》リンク召喚効果リンク先《氷結界の伝道師》蘇生
  4. 《氷結界の伝道師》効果氷結界Aを蘇生

 手札コストとなる氷結界Aは《氷結界の虎将 ライホウ》ならば相手モンスター効果の牽制、《氷結界の虎将 ガンターラ》墓地氷結界蘇生ができる。
 また、《氷結界の虎将 ウェイン》であれば氷結界魔法・罠カードサーチできるため、更なる展開が可能となる。
 他にも《氷結界の照魔師》墓地効果を使い、《氷結界の軍師》《氷結界の封魔団》ノーコストドロー魔法カードロックを狙うのも良い。

 上述の通り墓地を肥やす速度や1ターンに行える蘇生回数には限界があり、氷結界の種類もかなりの数を誇る。
 かと言って展開手段にカードを分配しすぎると妨害手段が相対的に減ってしまうことは十分考えられる。
 相手ロックを突破しようとする際はブラフに引っかかることの無いようにマストカウンターを見極めたい。
 万一全体除去等を通してしまった場合は建て直しが難しくなるため特殊召喚モンスターなどの切り返しの手段は温存しておきたい。

デッキの種類

《氷結界の虎王 ドゥローレン》

 通常の構築より永続系の魔法・罠カードを多用した【セルフ・バウンス】【フィフティ・フィフティ】に特化した構築。
 効果バウンスすることで繰り返し効果を活用する、相手にのみ制約を押し付ける戦術をメインとする。

 シンクロ素材となる水属性チューナー氷結界《氷結界の虎王 ドゥローレン》蘇生できる《氷結界の伝道師》は採用必須といえる。
 《リビングデッドの呼び声》《安全地帯》相性が良い《氷結界の大僧正》も適宜採用しておきたい。
 一方、主軸となる永続魔法永続罠の種類や採用枚数は、大会環境を読んだ上で吟味する必要があるので、相対的に他の氷結界カードの枚数は抑え気味になる点は留意したい。

―相性の良い永続魔法永続罠

デッキの派生

【湿地草原】

 《氷結界の水影》等のレベル2以下の水族氷結界《湿地草原》強化しつつ攻めるデッキ
 詳細は該当ページ参照。

このデッキの弱点

 展開型デッキの常として《大天使クリスティア》《虚無魔人》などの特殊召喚を封じるカード《スキルドレイン》といった効果無効にするカードに弱い。

 また、氷結界モンスターは基本フィールドに他の氷結界モンスターがいなければ発動適用されない効果を持つ。
 そのため起点となる最初のモンスター除去されるとそのターン中は何もできなくなることが多い。
 《氷結界の大僧正》でも対処できるが、モンスター効果には無力な点が昨今の環境には向かい風。
 現時点でモンスター効果に対しての耐性を付与できる氷結界《氷結界の御庭番》対象をとるモンスター効果のみであり、モンスター効果へのメタカードには一層力を入れておきたい。

 リクルートによる柔軟な展開こそ得意であるが、それを行うカードにはコストを要求するものが多く、そこを無効にされると失ったアドバンテージを回復しづらい。特に《氷結界に至る晴嵐》無効にされた場合はかなり大きい損失となる。

 除外にも弱く、対象を取らず重要な墓地アドバンテージをも奪い取る《氷結界の龍 トリシューラ》は最大の天敵である。
 《連鎖除外》《奈落の落とし穴》対策に、《王宮の鉄壁》《異次元からの埋葬》を、サイドデッキに入れておくのもいいだろう。
 なお、《奈落の落とし穴》破壊を介する除外であるため《氷結界の大僧正》で回避できる。

代表的なカード

関連リンク

広告