No.(ナンバーズ)39 希望皇(きぼうおう)ホープ/Number 39: Utopia》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターの攻撃を無効にする。
(2):このカードがX素材の無い状態で
攻撃対象に選択された場合に発動する。
このカードを破壊する。

 STARTER DECK(2011)で登場した光属性戦士族エクシーズモンスター
 No.および希望皇ホープの1体であり、エクシーズ素材を取り除いて攻撃無効にする誘発効果エクシーズ素材のない状態で攻撃された時自壊する誘発効果を持つ。

 エクシーズ素材縛りがなく、多くのデッキで主力となるレベルモンスター2体であるため、エクシーズ召喚の方法は多彩である。
 手札からなら、自身を特殊召喚できる《カゲトカゲ》《フォトン・スラッシャー》、別のモンスター特殊召喚できる《ゴブリンドバーグ》《ブリキンギョ》
 デッキからなら、《レスキューラビット》《召喚僧サモンプリースト》《墓守の偵察者》等。
 墓地からなら、汎用性のある《デブリ・ドラゴン》《カメンレオン》の他に《ゴゴゴジャイアント》《熱血獣士ウルフバーク》等の各カテゴリ専用の蘇生カードもある。
 また、効果使用済みのガジェット《魔導戦士 ブレイカー》を使えば、アドバンテージを取りつつエクシーズ召喚することが可能。
 レベルモンスターの展開に特化した【アンデット族】【雷族】【六武衆】などでは、当然エクシーズ召喚を狙える機会も多い。

 攻撃宣言を受けた時はエクシーズ素材を取り除く事で、最大2回まで攻撃を止められる。
 また、自身以外のモンスターに対する攻撃も防ぐ事ができ、更なる展開も狙いやすい。
 攻撃を2回も止めるので、【サイバー・ドラゴン】【ヴァイロン】など、特大打点で1ターンキルを狙うデッキ【剣闘獣】に対して特に強い。
 味方へ擬似的な戦闘破壊耐性を付加できると言えるが、エクシーズ素材が尽きれば自身に攻撃宣言されるだけで自壊する。
 そのため、気軽に発動できるのは実質1回だけで、2回目はこのカード戦闘破壊されるような状況まで控えたい。
 幸いこのモンスター自体のステータスランク4の中でも高く、上級ラインと同程度のため、1ターンで複数回戦闘破壊される状況はそう多くない。
 また、素材がなくなっても攻撃される前に《SNo.39 希望皇ホープONE》などを重ねればデメリットを回避できる。
 一方、効果による除去には全くの無力だが、除去カードの使用を強いるのもこのカードの役割と言える。

 希望皇ホープの基本形でもあり、【希望皇ホープ】ではまずこのカードエクシーズ召喚してから様々な進化や強化を行うことになる。
 自身もZWによる強化が可能なほか、《SNo.39 希望皇ホープONE》《CNo.39 希望皇ホープレイV》《CNo.39 希望皇ホープレイ・ヴィクトリー》の素材としても活躍する。
 《Vサラマンダー》などの強力なサポートカードも多く、汎用エクシーズモンスターとしても、デッキの軸としても運用できるカードである。

  • 初登場後、5回も再録されており、しかもそのうち4回は初登場から1年以内である。
    加えて長らく高レアリティ仕様が保たれており、5回目の再録となるスターターデッキ(2013)で初めてレア仕様となった。
  • 「ホープ(Hope)」とは「希望」の意で、カード名ではOCGで散見される意味の重複が起こっている。
    この事はアニメZEXAL第41話終了後のオマケパートでも遊馬にツッコまれた。
    英語名の「Utopia(ユートピア)」とは英国の思想家トマス・モアの著書の題であり、その中で記された「現実には決して存在しない理想の社会」を意味する造語である。
  • 「遊馬とアストラルの接触によりNo.が飛び散った後、唯一このカードだけが2人の手元に残されていた」というアニメ・漫画での設定を考えると、モチーフはギリシア神話でパンドラの箱に唯一残されたという「希望」だろうか。
    プロメテウスが人間に「火」を与えた事に激怒したゼウスを初めとする神々は、人間最初の女性とされる美女パンドラを創り出し、プロメテウスの弟エピメテウスの元に送り出した。
    パンドラの美しさにたちまち虜になったエピメテウスは彼女を妻とするが、神々は彼女に決して開けてはいけないという箱を渡していた。
    ある時パンドラが好奇心に負けてその箱を開けると、中にはあらゆる厄災が封じられており、たちまちそれらの厄災は外へと飛び出してしまう。
    彼女が慌てて箱を閉じると、その中には唯一「希望」だけが残されていたという。
    ちなみに箱では無く壺であるという説、箱は神々が渡したのではなく元々エピメテウスの家にあったという説、パンドラが箱を自分で開けたのではなくエピメテウスに開けさせたという説等も存在する。
  • イラストでは、左肩のプロテクターに自身のナンバーである「39」が書かれている。
  • COSMO BLAZER発売日に新聞に掲載された、OCGの広告に用いられているカードの1枚。
    この広告では最初期から現在に至るまでの、それぞれの世代を代表するカードが世界各国の言語別に掲載されている。
    このカードは、ZEXAL世代を代表して掲載されたカードなのだろう。
    ちなみにこのカードはフランス語版であった。
  • 遊馬以外にも、遊馬のデッキを借りたアストラルや、本人から一度手渡された鉄男も使用している。
  • 「遊馬vsアストラル」でのアストラルのエクシーズ召喚の際の台詞は「現れよNo.39。我が戦いはここより始まる。白き翼に望みを託せ。光の使者、希望皇ホープ!」。
  • デュエル以外でも、遊馬やアストラルの力によって使役される事がある。
    「遊馬vsゴーシュ&ドロワ」戦では皇の鍵内部の空間においてアストラルが、「カイトvsトロン」戦ではハルトの精神世界において遊馬が、それぞれ敵の攻撃から身を護るために使っている。
  • 通常の攻撃は剣1振りで行うが、攻撃力が上昇した際は二刀流になり(漫画では常に二刀流)、「遊馬vsドロワ&ゴーシュ」戦で攻撃力が4倍になると背部の翼状のパーツが剣状に変化し、さながら四刀流のようになった上に自身が赤く発光していた。
    「遊馬&ギラグvs小鳥&キャッシー」戦では野球を模したデュエルだったためか剣が野球のバットに変化、その二本のバットで相手攻撃を撃ち返し、その際の攻撃名も「ホープ剣 逆転満塁ホームラン」、という奇抜な演出が見られた。
    また、攻撃無効になった時は刀身が消える。
  • 「遊馬&ナッシュvsドン・サウザンド」戦で攻撃力が204000まで上がっている。
    この数値は「無限」を除いて歴代最大攻撃力となっている。
  • ムーンバリア発動時には背部の翼状のパーツが前面に展開し、防壁となる。
    英語版アニメの効果名によれば、これは「ライトウィング・シールド」というらしく、盾のためのパーツのようだ。
  • アニメでの初登場時にはテキストが文字化けのような謎の言語で表記されていたが、アストラルにより通常の日本語表記に変えられた。
    この時、種族ドラゴン族と誤植されていた。
  • アニメ5D's最終話後の映像の字幕では技名が「ホーケースラッシュ」となっていた。
    またアニメの英語字幕では、《Number 39: Aspiration Emperor Hope》となっていた。
  • 番組で行われた「モンスター人気投票(ナンバーズ編)」で4位に入賞した。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではもちろん遊馬が使用し、またADXのチャンピオン戦でも使用していた。
    コマンドは、自身や関連カードとは関係ない「マジック・ジャマー」が何故か搭載されている。
    守備表示時には、「ムーンバリア」用の背部パーツ(ライトウィング・シールド)が展開した状態になる。
    また、このカード《ゴゴゴゴーレム》をスキャンするとこのカード攻撃名と同じ名前の隠しデッキ「ホープ剣・スラッシュ!」が出現する。
    ランク4を出しやすい構築に加え、アニメさながらの《ダブル・アップ・チャンス》とのコンボも採用されているため、高得点を狙うプレイヤーが使用することも多い。
    NEXTではアドベンチャーモードの最初のクエストでボスである遊馬が使用する。
    初めてのクエストなので対したコマンドは持たないが、攻撃力が高いため油断すると押し負けてしまう。
    Duel Arenaではパートナーの1体として登場。
    紹介文には「No.39を司る希望の戦士。」と書かれており、光属性軸の【戦士族】を使用する。

関連カード

―《No.39 希望皇ホープ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃無効にする効果エクシーズ素材を取り除くはコストになりますか?
A:はい、コストになります。(11/03/19)

Q:相手《次元幽閉》に対して、この効果チェーンして攻撃を止めることはできますか?
A:いいえ、この効果誘発効果スペルスピード1ですので、《次元幽閉》チェーンをして発動することができません。(11/07/18)

Q:自分モンスター攻撃宣言時に効果発動し、相手はそれにチェーンして《次元幽閉》発動することはできますか?できる場合、このカードは除外されますか?
A:発動でき、逆順処理で攻撃無効になる前に攻撃を行った自分モンスター除外されます。(11/03/19)

Q:相手がこのカードに対し攻撃宣言しました。優先権はあちらにあるためその時に相手《サイクロン》等を発動しました。この場合、スペルスピード1のこのカードの効果発動できますか?
A:その場合でもターンプレイヤーである相手はまずこのカード攻撃無効にする効果発動するかどうか確認する必要があり、確認をせずに相手チェーン1でスペルスピード2の《サイクロン》などの効果発動すること自体できません。(11/03/20)

Q:《ヴァイロン・シグマ》攻撃宣言しました。優先権はあちらにあるためその時に相手《ヴァイロン・シグマ》効果発動しました。この場合、スペルスピード1のこのカードの効果を発動できますか?また、できる場合、《ヴァイロン・シグマ》効果適用されますか?
A:はい、発動することができ、このカードの効果《ヴァイロン・シグマ》攻撃無効になった場合でも、《ヴァイロン・シグマ》効果適用されます。(11/03/23)

Q:攻撃無効にする効果攻撃を行ったモンスター対象にとりますか?
A:いいえ、対象をとりません。(11/03/19)

Q:自壊した場合、バトルステップの巻き戻しは発生しますか?
A:はい、発生します。(11/03/19)

Q:相手フィールドエクシーズ素材がないこのカードと、エクシーズ素材があるこのカードが存在しています。エクシーズ素材がない方に攻撃宣言しましたが、エクシーズ素材があるカードによって攻撃を止められました。この場合、エクシーズ素材がない方は自身の効果自壊しますか?
A:はい、その場合でも自壊します。(11/03/30)

Q:攻撃対象に選択され、自壊効果チェーンされ、このカード裏側守備表示になった場合、自壊効果は有効ですか?
A:はい、その場合でも自壊します。(11/07/04)

Q:自壊効果は、《スキルドレイン》無効になりますか?
A:はい、自壊効果誘発効果なので無効になります。(11/03/19)

Q:このカード《クレボンス》攻撃した場合、どのように処理しますか?
A:まずターンプレイヤーである自分がこのカード効果発動できます。
 またその効果チェーンをして、相手《クレボンス》効果発動できます。(11/04/12)

Q:このカードエクシーズ素材がない状態で攻撃対象になった時このカード自壊しますが、その時に《No.19 フリーザードン》エクシーズ素材を代わりに取り除いてこのカードの効果攻撃無効にできますか?
A:はい、その場合まず強制効果であるこのカード破壊される誘発効果チェーンをして、任意効果であるこのカード攻撃無効にする誘発効果発動でき、攻撃無効になりますがその後このカード破壊されます。(11/10/26)

Q:エクシーズ素材がない状態で攻撃されたとき、自身を破壊する誘発効果チェーンして《ナンバーズ・オーバーレイ・ブースト》エクシーズ素材を補充しました。
  この場合も破壊は処理されますか?
A:はい、その場合でも破壊されます。(13/10/30)

広告