《マジック・プランター/Magic Planter》

通常魔法
(1):自分フィールドの表側表示の永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 RAGING BATTLEで登場した通常魔法
 発動済みの永続罠コストにして2枚ドローする効果を持つ。

 このカード永続罠の2枚を消費して2枚ドローするので、手札交換カードと言い換えることができる。
 ただし、永続罠は通常「一度セットしなければ発動できない」ので、このカード永続罠手札にあってもすぐには使用できない。
 高速手札交換には向かないので、その点を考慮しつつ永続罠をあらかじめ発動しておくプレイングを心がけたい。

 永続罠墓地へ送るのはコストなので、無効にされると2枚のディスアドバンテージとなる。
 また、《マクロコスモス》等の全体除外カードがあっても発動できない。
 とは言え、自分ロック解除に使用する場合、「ロックパーツを確実にどかせる」というメリットにはなる。
 この点は特に魔法カードメタとなる《王宮の勅命》によるロック自分で解除する際に役立つ。

 採用が検討できるのは、主に以下のタイプに大別される。

  • 「プランター(planter)」とは、草花を植えるための鉢などの事である。
    カード名は、「永続魔法の鉢」という意味合いで命名されたと考えられるが、OCG化に伴いコストが変更されたことで、カード名効果が乖離している。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《マクロコスモス》を《マジック・プランター》の発動コストに使用する事が出来ますか?
A:いいえ、《マクロコスモス》効果適用中には《マジック・プランター》を発動する事が出来ません。(09/02/15)

Q:自分フィールド上の装備魔法となっている永続罠を《マジック・プランター》の発動コストに使用する事が出来ますか?
A:いいえ、できません。(09/02/15)

Q:《メタル・リフレクト・スライム》のような、発動後、罠モンスターとして自分フィールド上に存在している永続罠を、《マジック・プランター》の発動コストに使用することが出来ますか?
A:はい、使用することが出来ます。(12/08/08)


Tag: 《マジック・プランター》 魔法 通常魔法

広告