DD(ディーディー)魔導賢者(まどうけんじゃ)ケプラー/D/D Savant Kepler》

ペンデュラム・効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
【Pスケール:青10/赤10】
(1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードのPスケールを2つ下げる(最小1まで)。
その後、このカードのPスケール以上のレベルを持つ、
「DD」モンスター以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「DD」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
●デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

 ブースターSP−レイジング・マスターズ−で登場した闇属性悪魔族下級ペンデュラムモンスター
 DD以外のペンデュラム召喚を封じ、スタンバイフェイズペンデュラムスケールを減少させ、DD以外を破壊するペンデュラム効果召喚・特殊召喚に成功した場合、DDバウンスするか、契約書サーチする誘発効果を持つ。

 ペンデュラムスケールは10と高いが、DD以外のペンデュラム召喚は封じられるので、《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》などの最上級モンスターを出す場合に使うことになる。
 しかし、デメリット効果しか持ち合わせていないので、ペンデュラムゾーンに置く場合の単純な使い易さは《DD魔導賢者ニュートン》に劣る。
 あちらも《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》サーチ可能。

 使うのであればモンスター効果を重視し、デメリット回避も兼ねてバウンスで速やかにペンデュラムゾーンから離す構築にする方が良い。
 《EMトランポリンクス》バウンスするか、《竜剣士ラスターP》破壊し、2枚目をサーチすれば再びペンデュラムスケール10として使用できる。

 モンスター効果DDバウンスするか、契約書サーチする効果
 DDバウンスについては、《DD魔導賢者ガリレイ》の方が優秀なので、契約書サーチを優先することになる。
 契約書【DD】の要となるため、状況に応じてサーチできる利点は大きい。
 しかし、このカード自身のステータスが非常に低いため、その後の処理手段も用意する必要がある。
 サーチできる《魔神王の契約書》融合素材にしてしまうのが一番手っ取り早いが、《DDケルベロス》ペンデュラム効果レベルを変更すれば、シンクロ素材エクシーズ素材にもしやすくなる。
 【DD】では墓地を肥やすのも重要なので、《ワン・フォー・ワン》リクルートして契約書サーチするのも有効だろう。

  • 《DD魔導賢者ガリレイ》の存在から、由来は天文学者のヨハネス・ケプラーと思われる。
    惑星の運動に関する「ケプラーの法則」で知られる。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    ペンデュラム・効果モンスター
    星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
    【Pスケール:青10/赤10】
    (1):自分スタンバイフェイズに発動する。
    このカードのPスケールを5つ下げる。
    その後、このカードのPスケール以下のレベルを持つ、
    P召喚した自分フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。
    【モンスター効果】
    「DD魔導賢者ケプラー」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
    (1):1ターンに1度、自分フィールドのPモンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターを手札に戻す。
    なお、最初はペンデュラム効果が空欄だったが、後に零児のターンテキストが浮かび上がった。
  • 後に第21話で零児がテスト使用した時は、完全にOCG準拠のテキストとなっていた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードペンデュラムスケールが2の時に(2)のペンデュラム効果発動した場合、このカードペンデュラムスケールは1になり、「その後」の効果適用されますか?
A:はい、その場合、ペンデュラムスケールは1になり、「その後」の効果適用されます。(14/08/09)

Q:このカードペンデュラムスケールが1の時に(2)のペンデュラム効果発動チェーンブロックが作られますか?
A:その場合、発動自体は行われますが、「その後」の効果適用されません。(14/08/09)


Tag: 《DD魔導賢者ケプラー》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0 スケール10 DD

広告