Dragoon(ドラグーン) D−END(ディーエンド)/Destiny End Dragoon》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/戦士族/攻3000/守3000
「D−HERO Bloo−D」+「D−HERO ドグマガイ」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを破壊し、表側表示モンスターを破壊した場合、
その攻撃力分のダメージを相手に与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分スタンバイフェイズに
自分の墓地の「D−HERO」カード1枚を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 相手モンスター破壊攻撃力分のダメージを与える起動効果、自身を墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 融合素材モンスターはどちらも《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》サーチ可能なので、揃えるのは難しくない。
 ただし、どちらも重い特殊召喚モンスターなので、枚数を多くすると手札事故の可能性が上がってしまう。
 幸い、どちらも《デステニー・ドロー》《トレード・イン》《闇の誘惑》の3種類の手札交換カードに対応しているため、状況によってはこれらで捨ててしまう事も考えてプレイしたい。
 また、《融合呪印生物−闇》起動効果《幻想召喚師》等で特殊召喚することも可能だが、その場合蘇生制限が満たせず(2)の効果自己再生できなくなってしまう点に注意。

 (1)の効果は、往年の《破壊輪》相手プレイヤー限定にしたような効果
 ただし、バトルフェイズを行えないデメリットが発生するため、状況次第では効果を使用しない方が多くのダメージを与えられる。
 より効果的に使うなら、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》などとのコンボを狙いたい。
 また、《チェーン・マテリアル》《フュージョン・ゲート》コンボも有効で、デメリットが重複している上にこのカードを同時に複数体並べる事が可能。
 効果発動後はそのまま《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》などのランク10エクシーズモンスターへ繋げられる。

 (2)の効果は、墓地D−HERO除外自己再生を行う効果
 《異次元からの埋葬》《終焉の精霊》は、コスト補充に加えて《奈落の落とし穴》などで除外された際の対策にもなるため、相性が良い。

  • カード一枚に対して開発費が高すぎると突っ込まれる事もあるが、ソリッドビジョンの制作費と考えれば、それほどおかしくないのかも知れない。
  • DUEL TERMINALではEXステージのエドが使用。
    アニメで明言されていなかった攻撃名「アルティメット・D・バースト」、破壊効果名「インビンシブル・D」、蘇生効果名「リバイブ・D」が公表された。
    ワールドチャンピオンシップ2009や2010では、デュエリストとして登場し【Dragoon D−END】を使用する。
    デッキ名は自身の二つ名である「最後のD」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:モンスター破壊する処理とダメージを与える処理は同時ですか?
A:同時に処理します。(08/06/23)

Q:モンスター破壊する効果発動する場合バトルフェイズを行えませんが、先攻ターン目に発動することはできますか?
  (《トーチ・ゴーレム》特殊召喚した場合など)
A:はい、できます。(09/08/22)

Q:モンスター破壊する効果に対して《エネミーコントローラー》等をチェーン発動され、そのコストにより対象モンスターリリースされ不発になってしまった場合にも「この効果使用したターンバトルフェイズを行う事ができない」効果適用されますか?
A:はい、発動した事実は残りますのでバトルフェイズは行えません。(10/12/01)

(2)の効果について

Q:蘇生制限を満たしていないこのカードを自身の効果特殊召喚できますか?
A:いいえ、蘇生制限を満たしていないこのカードを自身の効果特殊召喚できません。(08/02/23)


Tag: 《Dragoon D−END》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 戦士族 攻3000 守3000

広告