E・HERO(エレメンタルヒーロー) エアー・ネオス/Elemental Hero Air Neos》

融合・効果モンスター
星7/風属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。
自分のライフポイントが相手のライフポイントよりも少ない場合、
その数値だけこのカードの攻撃力がアップする。
エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。

 STRIKE OF NEOSで登場した風属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、《E・HERO ネオス》《N・エア・ハミングバード》コンタクト融合した姿である。
 コンタクト融合体共通の召喚ルール効果エンドフェイズ融合デッキ(エクストラデッキ)に戻る誘発効果相手とのライフポイントの差だけ自己強化される永続効果を持つ。

 相手とのライフポイントの差だけ強化されるため、劣勢であれば爆発的な攻撃力を獲得可能。
 基本的に自分ライフが2500以下であれば、相手ライフポイント以上の攻撃力になるため、直接攻撃を通せば勝利できる。
 他のコンタクト融合体と同様《ミラクル・コンタクト》1枚から特殊召喚が可能であり、【コンタクト融合】の切り札としての活躍が期待できる。
 ただし1ターンフィールドを離れてしまうため、特殊召喚したターンに勝負を決めるフィニッシャーとして運用するか、チェンジ《コンタクト・アウト》との併用が基本となる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsヨハン」戦にて十代が使用。
    残りライフ400の状態でコンタクト融合に成功し、攻撃力を1200ポイントアップさせ、その攻撃でヨハンに勝利した。
    その後「十代vsブロン」戦や「十代vsクロノス」(2戦目)でも登場した。
    攻撃名は「スカイリップ・ウィング」。

関連カード

―《E・HERO エアー・ネオス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果欄には「自分ライフポイント相手ライフポイントよりも少ない場合、その数値だけこのカード攻撃力がアップする」とあります。
 その数値というのが「ライフポイント差の分上がる」という取り方もできますが、「自分ライフポイントの数値分上がる」とも取る事ができます。
 どちらの数値でしょうか?(《裁きの代行者 サターン》と違い、テキストがはっきりしていなかったための質問)
A:上昇値は「ライフポイントの数値差分」となります。


Tag: 《E・HERO エアー・ネオス》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 風属性 戦士族 攻2500 守2000 HERO E・HERO ネオス 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告