E・HERO(エレメンタルヒーロー) エアー・ネオス/Elemental Hero Air Neos》

融合・効果モンスター
星7/風属性/戦士族/攻2500/守2000
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」
自分フィールド上に存在する上記のカードをデッキに戻した場合のみ、
融合デッキから特殊召喚が可能(「融合」魔法カードは必要としない)。
自分のライフポイントが相手のライフポイントよりも少ない場合、
その数値だけこのカードの攻撃力がアップする。
エンドフェイズ時にこのカードは融合デッキに戻る。

 STRIKE OF NEOSで登場した風属性戦士族融合モンスター
 E・HEROの一体であり、《E・HERO ネオス》《N・エア・ハミングバード》コンタクト融合した姿である。
 コンタクト融合体の共通効果に加え、相手とのライフポイントの差だけ自己強化される永続効果を持つ。

 コンタクト融合体は1ターンしかフィールドに存在できないデメリットがあり、《コンタクト・アウト》等のサポートなしでは使いにくいのだが、このモンスターは爆発的に攻撃力が上がる効果を持つ点で、他のコンタクト融合体とは格が違う。
 1ターンフィールドを離れてしまう可能性があるコンタクト融合体にとって、召喚ターンに勝負を決められる効果は重要。
 基本的に自分ライフが2500以下の時に直接攻撃を通すことができれば、それだけで勝利をもぎ取れる。
 数あるコンタクト融合体の中でもかなり強力なモンスターである。

 他のコンタクト融合体にも言えることだが、《E・HERO ネオス》融合素材とするよりも、《E・HERO プリズマー》《E・HERO ネオス》扱いにしてコンタクト融合を狙ったほうがよい。
 通常召喚生け贄が不要な点、《ヒーローアライブ》に対応している点などで召喚のしやすさが段違いな上に、《E・HERO ネオス》墓地に落として《ミラクル・コンタクト》につなげることができる。

 効果を活かすならば自身のライフポイントを減らすカードと併用したい。
 特に、自身のライフポイントを半分にしながら《E・HERO プリズマー》リクルートできる《ヒーローアライブ》は無二の相性を誇る。
 他にもライフポイントを調整する手段は多々あるが、ライフ調整カードに場所を取られてこのモンスターを出しにくくなっては意味がないため、無理なく投入できるカードを選びたい。
 汎用性の高さでは《神の宣告》《神の警告》が群を抜き、ライフコストが大きくやや発動条件が厳しいが《神の忠告》も悪くないだろう。
 他には除去対策の《我が身を盾に》や、融合素材を守りつつギリギリまでライフポイントを減らせる《光の護封壁》も採用圏内。
 《活路への希望》ライフポイントを減らす事を意義とするこのカードとはとてもマッチしている。
 《SNo.39 希望皇ホープONE》効果ライフポイントを10にしつつ相手モンスターを一層してダイレクトアタックを狙うのもいいだろう。
 《ヒーローアライブ》を使えばエクシーズ素材を揃えつつ《SNo.39 希望皇ホープONE》発動条件を満たす事が出来る。
 ライフポイントを自ら減らすカードを多用する事から《CNo.39 希望皇ホープレイ》とも相性が良く相手モンスター攻撃力を下げる事で1ターンキルの確率を上げてくれる。
 《簡易融合》ライフポイントを減らしつつ上記のエクシーズモンスターの素材を特殊召喚出来る。

 また、ライフコストを支払うカードの他に、相手攻撃を見極めて敢て攻撃を通す事でライフポイントをギリギリまで調整する手もある。
 《速攻のかかし》《クリフォトン》のような防がれにくい手札誘発効果を持つ防御カードを握っていれば後1撃で敗北してしまうというところで効果発動ライフポイントをギリギリの状態にして次のターンを迎えられる。
 しかし、まだ耐えられると踏んで攻撃を通したが、ダメージステップ時に攻撃力を上昇させる効果を持つカード発動されてそのまま敗北という事もあるので注意が必要。
 手札誘発効果を持つ防御カードは多々あるが発動すれば高確率で相手ターンを凌げるカードとなると《バトルフェーダー》《速攻のかかし》《クリフォトン》が挙げられる。
 どのカードも一長一短だが《コンバート・コンタクト》《ヒーローアライブ》自分フィールド上にモンスターがいると発動できないので、それらのカードと併用するなら《バトルフェーダー》は他のカードと比べて一歩劣る。

 融合素材となる《N・エア・ハミングバード》回復効果強化条件が相反しており、相手よりもライフが上回っている時にコンタクト融合を行ってもデメリットしかない。
 なので、ライフが下回った状態で《N・エア・ハミングバード》効果を使わずにコンタクト融合するのが基本になるだろう。
 無論、《ミラクル・コンタクト》を使用するならばこの限りではない。
 《E・HERO エアー・ネオス》の攻撃終了後に《コンタクト・アウト》し、メインフェイズ2で回復能力を発動する手もある。
 例え相手よりライフポイントが高い状況でも、《コンタクト・アウト》手札にあるなら積極的にコンタクト融合してもいいだろう。
 コンタクト融合前と《コンタクト・アウト》後で《N・エア・ハミングバード》効果を2回発動でき、追撃までできる。

 エンドフェイズ時に融合デッキに戻ることから、扱いは難しい。
 それでも爆発的な攻撃力を持つこのモンスター《ミラクル・コンタクト》から突如現れるのは非常に強力である。
 【コンタクト融合】の切り札となるのは勿論、このカードに特化した専用デッキを組む事も出来る。
 使う際は、可能な限り召喚ターンでの勝利を狙いたいところ。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vsヨハン」戦にて十代が使用。
    残りライフ400の状態でコンタクト融合に成功し、攻撃力を1200ポイントアップさせ、その攻撃でヨハンに勝利した。
    その後「十代vsブロン」戦や「十代vsクロノス」(2戦目)でも登場した。
    攻撃名は「スカイリップ・ウィング」。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE3では、なぜか「通常のパックでは入手できない隠しカード」になっている。
    他の隠しカード三幻神《狂戦士の魂》・《トゥーン・キングダム》などのゲームオリジナルカードであり、なぜ前作では普通に入手できたこのカードが隠しカード扱いとなったのか理由は不明である。
    パスワード認証すらも消されているのだが、何故かカード変換機に59枚のカードを投入しても入手できる。
    なお、カード変換機から入手できるのはスタッフのミスと思われる。(タッグフォース2での枚数と同じ)

関連カード

―《E・HERO エアー・ネオス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果欄には「自分ライフポイント相手ライフポイントよりも少ない場合、その数値だけこのカードの攻撃力がアップする」とあります。
 その数値というのが「ライフポイント差の分上がる」という取り方もできますが、「自分ライフポイントの数値分上がる」とも取る事ができます。
 どちらの数値でしょうか?(《裁きの代行者 サターン》と違い、テキストがはっきりしていなかったための質問)
A:上昇値は「ライフポイントの数値差分」となります。

広告