E・HERO(エレメンタルヒーロー) スパークマン/Elemental HERO Sparkman》

通常モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1600/守1400
様々な武器を使いこなす、光の戦士のE・HERO。
聖なる輝きスパークフラッシュが悪の退路を断つ。

 THE LOST MILLENNIUMで登場した光属性戦士族下級モンスター
 E・HEROの1体であり、融合パターンの数は《E・HERO ネオス》《E・HERO フェザーマン》に次いで多い。
 他の通常モンスター下級E・HEROより攻撃力はあるが、退路を断てる悪はさほど多くないため、E・HEROらしく融合素材にするのが基本となる。

 【E・HERO】では、融合召喚の軸として活躍できる。
 このカード融合素材とする融合モンスターは、総じて高い攻撃力アドバンテージを取りやすいモンスター効果を持っているため、融合素材として重要な存在となる。
 主力である《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》《E・HERO プラズマヴァイスマン》のほか、《E・HERO The シャイニング》融合素材にもなれる。
 《レスキューラビット》リクルートした場合も融合召喚ランク4のエクシーズ召喚に繋ぐ事ができ、手札にきても困る事は少ない。
 《E・HERO アナザー・ネオス》ほどではないが、《ヒーロー・ブラスト》サルベージする対象としても使える。

 単体ではさほどでもない攻撃力だが、融合素材となる下級通常モンスターの中では《E・HERO クレイマン》と共に高めのステータスである。
 E・HERO戦士族であるだけでなく光属性である点が価値を押し上げており、利用できるサポートカードは多い。
 《レスキューラビット》《闇の量産工場》で2体補充して、即《E・HERO The シャイニング》への融合召喚に繋げることでき、【凡骨融合】でも重宝する。
 《高等儀式術》儀式モンスター降臨させる際、他のE・HERO共々墓地へ送ることで、《ミラクル・フュージョン》《ダーク・コーリング》も即発動できる。

 「様々な武器を使いこなす」だけあり、《スパークガン》《ライトイレイザー》《融合武器ムラサメブレード》《神剣−フェニックスブレード》等を装備できる。
 このモンスターを投入するなら、専用の装備魔法である《スパークガン》を1枚投入してみても良いだろう。
 表示形式を変更する事でレベル6のモンスターの大半やモンスター戦闘破壊できるので使い道はある。
 そのほか、バトルフェイズ終了後に味方の《E・HERO ワイルドマン》《E・HERO フォレストマン》等を守備表示に変更するという使い方もできる。
 また、同じ光属性戦士族《E・HERO プリズマー》カード名を変えられるので多くの装備魔法を共有できる。

  • 英語版では再録時にテキスト攻撃名が「Shining Surge Flash」から「Static Shockwave」にエラッタされている。
    変更理由は不明だが、後述のように英語版アニメでは当初の攻撃名が採用されていないため、それに合わせたのかもしれない。
  • 十代の使用した通常罠《魂の結束−ソウル・ユニオン》・《エレメンタル・ミラージュ》、永続罠《ヒーロー・シールド》のイラストに描かれている。
  • エド・フェニックスのE・HEROデッキでは、彼のカラーリングの青部分が黒になっている。
    この黒いスパークマンは覇王となった十代も使用している。
    この絵柄のカードはSTARTER DECK(2006)の特別版にのみ封入されている。
  • 日本語版では「スパークフラッシュ」だったり、雷撃による攻撃以外では攻撃名を言わなかったりするが、英語版アニメではアメコミヒーローなのもあってか、攻撃名は多彩である。
    「スタティック・ショックウェーブ」・「スパーク・ストーム」・「エレクトリック・ロッド」・「エレクトリック・パンチ」・「エレメンタル・ソード・スラッシュ(装備魔法《エレメント・ソード》装備時)」等と数多くが用意されている。

関連カード

―このカード融合素材に指定する融合モンスター

サポートカード

―《E・HERO スパークマン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《E・HERO スパークマン》 通常モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1600 守1400 HERO E・HERO

広告