FNo.(フューチャーナンバーズ)未来皇(みらいおう)ホープ/Number F0: Utopic Future》

エクシーズ・効果モンスター
ランク0/光属性/戦士族/攻   0/守   0
「No.」モンスター以外の同じランクのXモンスター×2
ルール上、このカードのランクは1として扱う。
(1):このカードは戦闘では破壊されず、
このカードの戦闘で発生するお互いの戦闘ダメージは0になる。
(2):このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
その相手モンスターのコントロールをバトルフェイズ終了時まで得る。
(3):フィールドのこのカードが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した光属性戦士族エクシーズモンスター
 自身への戦闘破壊耐性及びお互い戦闘ダメージを0にする永続効果、このカード戦闘した相手モンスターを一時的にコントロール奪取する誘発効果エクシーズ素材を消費して効果破壊を免れる永続効果を持つ。

 エクシーズ素材にはNo.以外の同ランクエクシーズモンスター2体が指定されている。
 エクシーズ召喚したモンスターのみで素材を揃えようとすると、前提としてリンクモンスターも必要となるため消費が激しい。
 なるべくならば蘇生帰還カードと併用して消費を少なくして呼び出したい。
 素材にするエクシーズモンスターもできるだけ効果を使い終えたモンスターを使用したい。
 特定のランクエクシーズモンスターを中心に使うデッキならば自然と採用しやすく、展開ルートも多彩。

 以下はリンクモンスターが不要なパターン。

  1. ランク3の魔人エクシーズモンスター《鍵魔人ハミハミハミング》蘇生
    なお、《鍵魔人ハミハミハミング》《バハムート・シャーク》効果でも出せるが、蘇生制限に引っかかる上にリンクモンスターも必要となる。
  2. 《ダイガスタ・エメラル》《ジェムナイト・パール》蘇生
  3. 《マスター・ピース》《ソウル・チャージ》《エクシーズ・ダブル・バック》等で同ランクエクシーズモンスターを複数蘇生
  4. 《十二獣ライカ》《十二獣ラム》蘇生させ、他のカード破壊することで十二獣エクシーズモンスター蘇生

 以下はリンクモンスターで2か所以上エクストラデッキからの特殊召喚が可能な前提が必要なパターン。

  1. 《レスキューラビット》からの《バハムート・シャーク》効果ランク3の水属性を出し、《FA−ブラック・レイ・ランサー》を重ねればランク4が2体。
  2. ガジェット《カゲトカゲ》《サモンチェーン》を併用し、《ギアギガント X》《キングレムリン》を複数展開。
  3. 《真炎の爆発》《ヒステリック・パーティー》等で同レベルモンスター《炎星皇−チョウライオ》を複数蘇生

 コントロール奪取バトルフェイズ終了時までであるため継続的なアドバンテージとはなり辛いものの、《マスク・チェンジ・セカンド》などの速攻魔法《強制終了》墓地へ送ってしまえば除去にもなる。
 《エネミーコントローラー》の2つ目の効果コストにしてやれば、更にモンスター1体のコントロールエンドフェイズまで奪うことができる。
 コンボの度合いが強くなるため手札事故の可能性は高まるが、《門前払い》との相性は抜群である。
 自身は全く戦闘ダメージを与えないためバウンスされず、奪った相手モンスター戦闘ダメージを与えていけば恒常的な除去も兼ねられる。
 このカードを出すまでのちょっとした時間稼ぎにも使えるので、このカードを主軸として活用するならば一考の余地はある。

 《アサルト・アーマー》等の2回攻撃を付与できるカードとも相性がいい。
 このカードの効果には1ターン内の発動回数に制限がないので、複数の相手モンスターコントロールを得ることができる。
 ただし、バトルフェイズ終了時までしか奪えないので、可能な限りそのターン中で仕留めたいところである。

 3つめの効果以外はエクシーズ素材を必要としない効果であるため、蘇生帰還した後でも問題なく使用できる。
 戦闘以外の耐性はないために過信はできないが、相手ターン中に蘇生すればにもなる。
 このカードを2回以上エクシーズ召喚するのは容易ではないので、出したターン中に仕留める時以外は、可能な限り使い回せるよう心がけたい。

 戦闘には滅法強い上にエクシーズ素材を身代わりに破壊効果も防げるのでとしても優秀だが、昨今では破壊以外の除去も多い為過信はできない。
 モンスター効果無効化にも非常に弱く、特に採用率の高い《ブレイクスルー・スキル》フィールドだけではなく、墓地発動効果でもあっさり突破されてしまう。
 《禁じられた聖衣》《スキル・プリズナー》と併用すると非常に堅牢なモンスターとなるので、主軸にするならばそれらのカードの採用も検討したい。

 変わったところでは、自身の効果よりもその特異な召喚条件を活かす事も考えられる。
 【インフェルニティ】等ではエクシーズモンスターエクシーズ素材を速やかに墓地に落としたい場合や、フィールドを1つ開けたい場合などにエクシーズ召喚する事もある。
 更にそこから、《ダイガスタ・エメラル》《ガガガガンマン》等を絡めることによって先攻1ターンキルも可能となる。

  • イラストでは、胸部に自身のナンバーである「0」があしらわれている。
    ただし、アニメでのエクシーズ召喚の際に表示された数字は、他の1桁のNo.と同じように「00」となっていた。
    • 表記される数字が左右対称の1桁であるため、全No.で唯一左右対称のデザインをしている。
  • エクシーズ召喚時の口上は「今こそ現れろ、FNo.0! 天馬、今ここに解き放たれ、縦横無尽に未来へ走る。これが俺の、天地開闢! 俺の未来! かっとビングだ、俺! 未来皇ホープ!」。
  • 九十九遊馬の髪型に似た頭部をしており、作中でも小鳥が「遊馬に似てる」とつぶやいている。
    また、《ダブル・アップ・チャンス》発動した際には、遊馬とこのモンスターが一体となっていた。
    アストラルからも「君自身のナンバーズ」と言われており、No.の中でも特異な存在であるらしい。
  • アニメでのイラストは棒立ちの姿で描かれていたが、OCGでは右膝を曲げ両手に剣を持っている構図となっている。
    また、カード名の文字の色は青だった。
  • アニメ公式サイトの「必勝!モンスターアカデミー」によると、《No.39 希望皇ホープ》の未来の姿であるとの事。
    また、サイトおよびVジャンプの遊馬によれば、効果は「デュエルをすればみんな友達」という遊馬の考えを体現したものとの事。
  • アニメ遊戯王シリーズ通算777回記念となったアニメARC-V第73話の特別OPでは使い手の遊馬と共に登場している。
    ただし、同日に更新された公式ホームページの「超熱血!デュエル塾 講義24」では《No.39 希望皇ホープ》が遊馬の切り札として紹介されている。

関連カード

リメイクモンスター

―類似効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:エクシーズ素材とするエクシーズモンスターが持っているエクシーズ素材は、このカードエクシーズ素材となりますか?
A:いいえ、このカードエクシーズ素材とはならず墓地へ送られます。(14/07/18)

Q:《CX 冀望皇バリアン》効果でこのカードカード名効果を得た場合、《CX 冀望皇バリアン》ランク1として扱いますか?
A:いいえ、このカードの『ルール上、このカードランクは1として扱う。』は、モンスターの効果としては扱わないため、《CX 冀望皇バリアン》効果を得た場合でも、ランク1として扱う事はできません。(14/07/19)

(2)の効果について

Q:このカード効果コントロールを得たモンスターがそのバトルフェイズ中に裏側表示になった場合でも、バトルフェイズ終了時にコントロールは戻りますか?
A:はい、戻ります。(14/08/06)

Q:コントロールを得るのは「バトルフェイズ終了時まで」とありますが、エンドステップ中に処理を終わらせるのですか?
A:エンドステップ中の任意のタイミングにコントロールが戻ります。(15/03/27)

Q:このカード《相克の魔術師》効果レベル1のエクシーズ素材として扱えますか。
A:はい。扱えます。(15/05/03)

Q:《スキルドレイン》適用されている場合にこのカード攻撃表示モンスター戦闘を行い戦闘破壊されました。このカードの(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/12/24)

《FNo.0 未来皇ホープ》が、《A・O・J カタストル》《エルシャドール・ネフィリム》のような「ダメージ計算を行わず、効果によって破壊するモンスター」と戦闘を行った場合…

《FNo.0 未来皇ホープ》が、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《幻奏の華歌聖ブルーム・ディーヴァ》のような「ダメージ計算後に、効果によって破壊するモンスター」と戦闘を行った場合…

Q:《禁じられた聖杯》効果無効になった《FNo.0 未来皇ホープ》が《イビリチュア・メロウガイスト》との戦闘破壊されダメージ計算後《イビリチュア・メロウガイスト》効果によりエクストラデッキに戻った場合、《FNo.0 未来皇ホープ》の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(17/06/09)


Tag: 《FNo.0 未来皇ホープ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク1 光属性 戦士族 攻0 守0 No. ホープ

広告