(ネオスペーシアン)・ブラック・パンサー/Neo-Spacian Dark Panther》

効果モンスター
星3/闇属性/獣族/攻1000/守 500
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
エンドフェイズ時まで、このカードは選択したモンスターと同名カードとして扱い、
同じ効果を得る。

 POWER OF THE DUELISTで登場した闇属性獣族下級モンスター
 ネオスペーシアンの一体であり、相手モンスターカード名効果をコピーする起動効果を持つ。
 《E・HERO ネオス》コンタクト融合する事で《E・HERO ブラック・ネオス》となる。

 《ダーク・アームド・ドラゴン》などの起動効果を持つ相手モンスターをコピーできれば大きなアドバンテージが見込める。
 カード名をコピーした後はコンタクト融合できなくなるが、2種類のコンタクト融合体はどちらも扱いづらい。
 むしろ初めからコンタクト融合を行わない【Nビート】や、属性種族を活かして他のデッキに投入した方が有効に活用しやすい。

 リリースが必要なく、リクルーターにも対応するため、コピーしたいモンスターが現れたところを見計らって召喚することはそれほど難しくない。
 《クロス・ポーター》からサーチ可能であり、《終末の騎士》《マスマティシャン》から間接的に手札にも加えられる。
 《コンバート・コンタクト》《闇の誘惑》という2種類の手札交換カードにも対応しているのでデッキ回転も高めやすい。
 また、ネオスペーシアン蘇生できるカード《死者蘇生》を除いていずれも罠カードだったり発動条件デメリットの厳しいものばかりなのだが、このカード《エアーズロック・サンライズ》での蘇生が可能。
 速効性のある魔法カードなので《スペーシア・ギフト》の際にドロー枚数を稼ぎやすい。

 しかし効果相手依存であり、墓地発動する効果召喚・特殊召喚に成功した時に発動する誘発効果などはコピーしても意味がない。
 また、エクシーズモンスターの多くはエクシーズ素材がないと効果発動できず、コピーする意味は薄い。

  • デザインは横山光輝の漫画『バビル2世』に登場する主人公のしもべ「ロデム」と酷似している。
    黒豹であることだけではなく、アニメの能力使用時の演出(体がドロリと溶けて水たまりの形となり、そこからコピーした相手の姿が浮き上がってくる)までそっくりである。
  • この手のコピー効果の例に漏れず、アニメではコピーした相手と同じ姿になる演出付きである。

関連カード

カード名効果をコピーするモンスター

―《N・ブラック・パンサー》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスターリバース効果も得ることが出来ますか?
A:はい、得る事ができます。
  しかし《N・ブラック・パンサー》の効果を得た状態は永続効果の様に扱う為、裏側守備表示になると《N・ブラック・パンサー》の効果が失われてしまい、リバース効果発動させる事ができません。

Q:墓地に送られることで発動する効果リクルーター効果など)を得た場合、その効果発動しますか?
A:いいえ、墓地へ送られた時点でこのカード永続効果の様に扱う「得た効果」は失われてしまうので発動しません。

Q:味方モンスター効果の対象にできますか?
A:いいえ、「相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を〜」なので、不可能です。

Q:効果モンスター以外のモンスター対象にできますか?
A:はい、その場合効果を得ることはできませんが、同名カードとして扱うことができます。(12/06/14)
  ただし、モンスタートークン対象にできません。(17/04/13)

Q:《No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ》対象にした場合、このモンスターは「希望皇ホープ」と名のついたモンスターとして扱われますか?
A:扱われます。(14/05/02)

Q:《N・ティンクル・モス》対象にした場合、このモンスターは「《N・ティンクル・モス》《N・グロー・モス》両方の名を持つ」として扱われますか?
A:扱われます。(14/06/02)

Q:《サイバー・ドラゴン》をコピーし同名になったこのカードを、自分《サイバー・ドラゴン》融合させ《サイバー・ツイン・ドラゴン》融合召喚できますか?
A:はい、できます。

Q:相手フィールド上の《E・HERO アクア・ネオス》などのコンタクト融合体をコピーした場合、このカードエンドフェイズエクストラデッキに戻りますか?
A:「エクストラデッキ戻すことができない」ため、この効果適用されずフィールドに残り続けます。(07/04/27)

Q:相手フィールド上のスピリットをコピーした場合、このカードエンドフェイズ手札に戻りますか?
A:「召喚リバースしたターンにコピーした場合」にプレイヤーの任意のタイミングで先にモンスターをコピーする効果を解除するかスピリット効果適用するか選ぶことができ、手札に戻さない事もできます。
 「また、召喚リバースした以外のターンにコピーした場合」は得た効果発動せず手札に戻りません。(06/06/26)

Q:相手フィールド上のデュアルをコピーした場合、このカードはどうなりますか?
A:「通常モンスター状態のデュアル」「効果モンスター状態のデュアル」どちらをコピーしても、「通常モンスター扱い」になります。
  その状態から《N・ブラック・パンサー》を再度召喚すれば、そのデュアル効果を使えるようになれます。(07/07/22)

Q:相手フィールド上のチューナーをコピーした場合、このカードチューナーとしてシンクロ召喚することはできますか?
A:チューナーとしての能力をコピーすることはできません。(08/03/27)

Q:《邪神アバター》をコピーした場合の処理はどうなりますか?
A:《邪神アバター》を除くフィールドで最も攻撃力が高いモンスター+100の攻撃力になります。(09/01/01)

Q:《ディノインフィニティ》《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》をコピーした場合の処理はどうなりますか?
A:元々の攻撃力(守備力)を変化させる効果なので、《N・ブラック・パンサー》の攻撃力守備力は参照せず効果で得た攻撃力守備力になります。
  よって、《ディノインフィニティ》をコピーした場合の攻撃力除外されている恐竜族の数×1000ポイントになります。(10/07/14)

Q:《デブリ・ドラゴン》などの「シンクロ素材とする場合、ドラゴン族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない」などのシンクロ召喚を行う際に制約があるモンスターをコピーして、このカードシンクロ素材にする場合、それらの制約を守らなければなりませんか?
A:いいえ、これらのモンスター効果として扱われないシンクロ召喚を行う際の制約は適用されず、このカードドラゴン族モンスター以外のシンクロ召喚の素材に使用したりするなど可能です。(09/07/29)

Q:相手フィールド上に《ビクトリー・バイパー XX03》効果を得た《ファントム・オブ・カオス》がいます。その《ファントム・オブ・カオス》対象に《N・ブラック・パンサー》の効果発動した場合、《ビクトリー・バイパー XX03》効果を得ますか?
A:いいえ、《ビクトリー・バイパー XX03》効果を得る事はできず、《ファントム・オブ・カオス》効果を得ます。
  また、カード名《ファントム・オブ・カオス》として扱い、コピー効果発動する事は出来ます。(10/09/04)

Q:相手フィールド上に貫通効果を得た《堕天使エデ・アーラエ》がいます。
  その《堕天使エデ・アーラエ》対象に《N・ブラック・パンサー》の効果発動した場合、貫通効果は得ますか?
A:その場合、《堕天使エデ・アーラエ》効果を得る事ができます。
  しかしながら、《N・ブラック・パンサー》は《堕天使エデ・アーラエ》効果を得た状態で墓地からの特殊召喚には成功していないため、攻撃力守備力を上回った数値分戦闘ダメージを与える効果適用されません。(14/01/10)

Q:では、墓地から特殊召喚した《N・ブラック・パンサー》が《堕天使エデ・アーラエ》効果をコピーした場合、貫通効果適用されますか?
A:《N・ブラック・パンサー》が墓地から特殊召喚に成功した時点で《堕天使エデ・アーラエ》効果を得ている訳ではないので、攻撃力守備力を上回った数値分戦闘ダメージを与える効果適用されません。(14/01/10)

Q:このカード《ゼンマイソルジャー》のように「このカードフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない」制約がある効果を得て、《ゼンマイソルジャー》効果発動しました。
  その後、次のターン以降にこのカードが再び《ゼンマイソルジャー》効果を得た場合、《ゼンマイソルジャー》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/21)

Q:《CNo.101 S・H・Dark Knight》効果を得た場合、エクシーズ素材にする効果発動する事ができますか?
A:いいえ、発動できません。(13/11/20)

Q:《影依の原核》対象効果発動した場合、カード名と効果を得ることはできますか?
A:《影依の原核》対象に選択した場合、カード名《影依の原核》となり、『「シャドール融合モンスターカードに記された属性融合素材モンスターの代わりにできる』効果を得る事ができます。
  ただし、『このカード罠カードとしても扱う』効果は得ません。(16/02/15)

Q:《The tyrant NEPTUNE》が自身の効果《青眼の亜白龍》カード名効果を得た場合、その《The tyrant NEPTUNE》対象にこのカードの効果発動した場合、このカードカード名効果はどうなりますか?
A:カード名効果《The tyrant NEPTUNE》となります。(16/04/01)

Q:相手の場の《刻剣の魔術師》対象に、自分の場の《N・ブラック・パンサー》の効果発動しました。
 その後、《刻剣の魔術師》対象にして《N・ブラック・パンサー》がコピーした「(2):1ターンに1度フィールドモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する」の効果発動しました。
 この場合、次の自分スタンバイフェイズに《N・ブラック・パンサー》と《刻剣の魔術師》除外ゾーンからフィールドに戻って来ますか?
A:除外された自身と、もう1体のモンスター共にフィールドに戻ります。(17/06/28)

Q:《ヒーロー・マスク》効果カード名《E・HERO シャドー・ミスト》となっている《トランス・デーモン》対象にこのカードの効果発動した場合、このカードカード名効果はどうなりますか?
A:《トランス・デーモン》カード名効果を得ます。(16/04/07)


Tag: 《N・ブラック・パンサー》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 獣族 攻1000 守500

広告