No.(ナンバーズ)7 ラッキー・ストライプ/Number 7: Lucky Straight》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/天使族/攻 700/守 700
レベル7モンスター×3
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
サイコロを2回振る。
このカードの攻撃力は、次の相手のエンドフェイズ時まで、
大きい方の出た目×700ポイントになる。
さらに、出た目の合計が7だった場合、以下の効果から1つを選択して適用する。
●このカード以外のフィールド上のカードを全て墓地へ送る。
●手札または自分・相手の墓地からモンスター1体を特殊召喚する。
●デッキからカードを3枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。

 V JUMP EDITION 6で登場した光属性天使族エクシーズモンスター
 サイコロの出た目によって自身の攻撃力を変化させ、その出た目の合計が7の場合、新たに3種類の中から1つ強力な効果適用する一連の起動効果を持つ。

 エクシーズ素材最上級モンスターであるレベル7が3体も必要であるため、尋常ではないほど出すのが難しい。
 レベル7を並べやすい【征竜】ですら、関連カードが規制された現在では全盛期のように3体も並べるのは容易なことではない。
 《光神化》天使族特殊召喚して《地獄の暴走召喚》で揃えたり、《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》などを組み込んだり等、専用デッキを構築しなければならない。
 機械族レベルモンスター、特に妥協召喚可能な《可変機獣 ガンナードラゴン》《アルケミー・サイクル》《機械複製術》を使ったりする手も考えられる。
 《アビスコール》《水精鱗−メガロアビス》3体を特殊召喚すれば手札1枚から素材の調達は可能である。

 だが、いずれの場合でもこのカード自体とシナジーは乏しいデッキへの投入となり、このカードエクシーズ召喚以外の活用がしにくいカードを多く採用せざるを得ない恐れさえある。
 そのため、ただでさえギャンブル効果であるにも関わらず、更にデッキの安定性を下げてしまいやすい。
 なお、【ギャンブル】においては、《リボルバー・ドラゴン》以外に特に相性が良いレベル7が少ないため、出す事はほぼ不可能である。
 一応、《大金星!?》を使えば出せなくもないが、成功率を考えるとあまり現実的ではない。

 効果ギャンブルだが、「ライフコスト不要の墓地へ送る《裁きの龍》《終焉の王デミス》」「自分手札にも対応した《死者蘇生》」「《天使の施し》」と強力な効果が揃っている。
 適用されるかも不確定である上に1つしか選択できないが、状況によって使い分けられること自体は利便性に富んでいる。

 基本的には、相手伏せカード等があるならば、全体除去を最優先にした方が良いだろう。
 全体除去適用できれば、最低でも2800以上の高攻撃力ダイレクトアタックが可能となる。

 特殊召喚効果《死者蘇生》以上の対象範囲を持つ。
 ちなみに対象を取る効果ではないため、《D.D.クロウ》に強い。
 このカードエクシーズ召喚に成功するような状況では既に墓地が肥えている場合がほとんどであるため、対象には困らないだろう。
 全般的な墓地メタにより蘇生ができない場合は、デッキの構成上手札に溜まりやすい大型のレベルモンスターを出しても良い。

 最後の手札交換効果《天使の施し》と違い手札は増えるが、それ自体が何か状況を打破できる能力ではない。
 デッキ構成がコンボデッキ寄りになっているため手札事故の回避には一役買うだろうが、このカードを出すための代償を拭うだけではこのカードを出す必要がない。
 サイコロを振る効果は1ターンに複数回使えるため、合計7を何度も出す自信があるなら特殊召喚効果の布石にならなくもない。
 とはいえ、基本的にはこちらより上記の効果を優先した方がいいだろう。

 しかし、やはり運要素が強く7が出なければ単に攻撃力の高いモンスターで終わってしまう。
 デメリットになる目の設定こそないが、下手すれば攻撃力も素材のモンスター1体より低いという最悪な結果になる事もある。
 更に、エクシーズ素材が尽きた状態で自分ターンを迎えると、単なる弱小モンスターと化してしまう。
 《オーバーレイ・リジェネレート》などを使えば補えるが、エクシーズ召喚の難易度が高いこのカードのために投入するのは事故率の上昇を招きかねない。

 エクシーズ召喚する段階でかなりのカードを消費しており、運が良ければ全体除去できるという効果が見合っているのかは、全体除去手段が豊富な現環境を踏まえるといささか怪しい。
 単に全体除去したいだけならば、このカードより簡単に、かつ確実にできるカードも山ほど存在しており、他の効果もよほど使う側が優位でないと機会すらない。
 さらに同ランクには素材が1体少ない上に安定している《No.11 ビッグ・アイ》《幻獣機ドラゴサック》が存在し、多くのデッキスペースを取ってしまうこちらをまず使用されない。
 よってこのカードを使う場合はギャンブルを行いたいか、または《オベリスクの巨神兵》相手など明確なメタをもって採用する事になる。
 とはいえ、前述の通りこのカードを出すこと自体容易ではなくギャンブル性が大きすぎるため、結局は専用構築でもない限りは使われることはほぼないだろう。

 《始祖の守護者ティラス》などから《RUM−アストラル・フォース》でランクアップする手もある。
 こちらの方が少ない消費で出せるが、かける手間に合うかよく考えて使いたい。

  • 攻撃力の期待値は3130であり、攻撃力が2800以上になる確率は3/4、攻撃力が最大の4200になる確率は11/36である。
    数字の合計が7となる確率は1/6であり、この場合必ず4・5・6のいずれかが入るので攻撃力は2800以上となる。
    1・6の組み合わせは最大攻撃力4200となり7を満たすが、この確率は僅か1/18である。
  • 《出たら目》を併用した場合は以下の表のようになる。
    ××
    ××

    ◎:合計が7になり、6の目を含む…12/36
    ●:合計を7にするか、6の目を含めるかの選択…4/36(影響を受けない)
    空白:6の目を含む…16/36
    ×:6の目を含まず、合計が7にもならない…4/36
    • ●の場合は前者を優先するものとすると、片方を適用できる確率はそれぞれ2.7倍・1.5倍、両方は6倍に広がっている
  • 「ストライプ(Stripe)」とは「縞模様」という意味である。
    その名の通り、このモンスターの胴体部分は縞模様に覆われている。
  • 英語名では、「直線の」を意味する「ストレート」となっている。
    また英語版では「相手エンドフェイズ攻撃力が戻る」記載がなく強化が永続なので、実質強化されている。
    日本で使用する場合、日本の裁定に従う。(13/01/31)
  • エクシーズ召喚時には周りに縞模様のある縦長のルーレットの形をしており、そこから展開される事でイラストの姿になった。
    また、その際「ラッキーセブン」と声を上げている。
  • アニメでは「所有者が絶対的な強運を得る」という言い伝えがあった。
    その言い伝えの通り、チャーリーは2度のデュエルを通じて、サイコロの6の目を12回連続で出した(確率にして21億7678万2336分の1)。
    また、その運は「太陽が真っ二つになった時に尽きる」とも言い伝えられていた。
    −「太陽が2つに分かれし時、その力、風となりて去らん。」
    詳細は不明だが、このカードに言い伝えがあるのはかつてアストラルとドン・サウザンドが争ったときに飛び散った50枚のNo.のひとつであるためと思われる。
  • デュエル終了後、このカードはアストラルには吸収されず、チャーリーの手によって難しい手術に臨む少女・まゆみに手渡された。
    手術後に遊馬が受け取る約束をしており、はっきりと渡したシーンこそないものの、アストラルの精神世界で7の数字が浮かんでいたことや、その後の描写から無事アストラルが回収したようである。
    だが、元々このカードは博物館に展示されていたのをチャーリーが盗み出した物であり、立派な盗品である。
    No.所有者同士のデュエルで決着直後に所有権が移らなかったのは、引き分けだった「アストラルvsカイト」戦を除けば初めての事である。
  • 原作第4話で登場した脱獄囚が要求したタバコの銘柄が「ラッキーストライプ」(実在するタバコの銘柄「ラッキーストライク」のパロディ)であった。
    このカードのナンバー・ランク・攻守・効果同様、脱獄囚の囚人ナンバーは777と、7に関連するものだった。

関連カード

―効果関連

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上に《虚無魔人》が存在する時に効果を発動する事ができますか?
A:発動はできますが、合計の目が7だった場合、特殊召喚する効果を選択する事はできません。(12/01/07)

Q:《強欲で謙虚な壺》発動したターン効果を発動する事ができますか?
A:発動はできますが、合計の目が7だった場合、特殊召喚する効果を選択する事はできません。(12/01/07)

Q:相手フィールド上に《神殿を守る者》が存在する時に効果を発動する事ができますか?
A:発動はできますが、合計の目が7だった場合、ドローする効果を選択する事はできません。(12/01/07)

Q:このカードサイコロを振る効果に対して《神の警告》発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/12/13)

Q:相手フィールドに6の目が出て攻撃力が4200になっている《No.7 ラッキー・ストライプ》に対して、《ZW−一角獣皇槍》を装備した《CNo.39 希望皇ホープレイ》攻撃した場合、《No.7 ラッキー・ストライプ》の攻撃力はどうなりますか?
A:カードに記載されている元々の攻撃力に戻ります。(13/07/12)

Q:このカードテキストは日本語版と英語版で異なっていますが、英語版を使用する場合でも日本語版のテキストに従いますか?
A:英語表記の《No.7 ラッキー・ストライプ》をご使用頂く場合、日本語表記のテキストに従って頂きます。
また、英語表記の《No.7 ラッキー・ストライプ》は、既に日本語表記テキストが存在するカードとなり、公認大会等でもご使用頂く事は可能です。(13/01/31)

広告