《アポカテクイル/Apocatequil》

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1800/守1200
自分フィールド上にチューナーが存在する場合、
フィールド上のこのカードのレベルは5として扱う。
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の「太陽の神官」1体を選択して特殊召喚できる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した光属性雷族下級モンスター
 レベル5として扱う永続効果墓地から《太陽の神官》特殊召喚する誘発効果を持つ。

 チューナーと並んだ場合にレベル5になる永続効果により、シンクロ召喚時のレベル調整が可能。
 下級モンスターなので手札事故にならず、攻撃力も高いためアタッカーとしても運用可能。
 レベル3のチューナーと並べることで、レベル8のシンクロモンスターを出すことができる。
 光属性モンスターなので、《ライトエンド・ドラゴン》《神聖騎士パーシアス》シンクロ素材に使うこともできる。
 また、ランク5のエクシーズ素材としても活用可能な他、レベルチューナーと並べば《アルティマヤ・ツィオルキン》になることも可能。

 また破壊された時に《太陽の神官》蘇生する効果を持つので、シンクロ素材に使う前に除去されても無駄にならない。
 その《太陽の神官》も、破壊された時に《赤蟻アスカトル》《スーパイ》サーチする効果を持っている。
 《太陽の神官》と共に《太陽龍インティ》《月影龍クイラ》の両方シンクロ素材に使えるので、これらを使うデッキには必ず投入したい。

  • 「アポカテクイル(Apo-catequil)」とはインカ神話における稲妻の神であり、インカの創世神話に登場する英雄。
    このカード種族雷族なのも、この「稲妻の神」という設定のためだろう。
    当時地上を支配しており、父グァマンスリを殺害したグァチミネ族を退治し(アポカテクイル自身の母もグァチミネ族であったが)、創世神アタグフから授かった黄金の鋤で大地に閉じ籠められていた人類を解放した。
    この時に解放された人類が、インディオの先祖だとされている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:セットされた状態のこのカードがカードの効果破壊されて墓地へ送られた時でも特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/14)

Q:ダメージステップ中に破壊されて墓地へ送られた時でも特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、できます。(09/11/19)

Q:チューナーが存在する時に《レベル・スティーラー》効果を受けた時、レベルはどうなりますか?
A:その場合は、自分フィールド上にチューナーが存在していてもレベルは4になります。(09/11/19)

Q:上記の状況の時にチューナー表側表示で存在しなくなった場合、レベルはどうなりますか?
A:元のレベルから1つ下げた状態でレベルは3になります。(09/11/19)

Q:上記の状況の時にチューナーが再び表側表示で出された場合レベルはどうなりますか?
A:その場合、レベルは5になります。(09/11/19)

Q:このカードを対象に《ライトニング・チューン》を発動した場合、レベルは変動しチューナーとして扱いますか?
A:その場合でもレベルは5になり、チューナーとして扱います。(10/11/23)


Tag: 《アポカテクイル》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 雷族 攻1800 守1200

広告