《アルカナフォースXXI(トゥエンティーワン)THE WORLD(ザ・ワールド)/Arcana Force XXI - The World》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻3100/守3100
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
コイントスを1回行い、その裏表によって以下の効果を得る。
●表:自分のエンドフェイズ時に自分フィールド上の
モンスター2体を墓地へ送って発動できる。
次の相手ターンをスキップする。
●裏:相手のドローフェイズ毎に、
相手の墓地の一番上のカードを相手の手札に加える。

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した光属性天使族最上級モンスター
 アルカナフォースの1体であり、コイントスによって得る2つの異なる効果を持つ。

 コイントス表の効果は、コストとしてフィールド上のモンスターを2体墓地へ送ることで、相手ターンを1ターン丸ごとスキップする効果
 相手ターンスキップする効果は、「カードを1枚ドローする」「もう1度通常召喚を行える」「セットされた罠カード発動できる」「自分モンスターはもう1度攻撃できる」「1ターンに1度のみの効果をもう1度発動できる」等の効果を受けることに等しく、得られるアドバンテージは大きい。
 ただし、コストとなるモンスター墓地へ送る必要があるため、トークンペンデュラムモンスターコストにできない。
 また、このカード自身も表の効果コストにできる。

 コイントス裏の効果は、相手ドローフェイズごとに墓地の一番上のカードサルベージさせる効果
 相手は1ドローフェイズに2枚のドローできることに近く、墓地の一番上という操作しやすい場所からサルベージされるので、制限カードを使い回されることもある。
 致命的なデメリット効果であり、《光の結界》《逆転する運命》等で裏の効果発動させないように対策することが必須となる。

 最上級モンスターであり、自身のモンスター効果コストとして2体のモンスターを必要とすることから、まずはそれらの確保が重要になる。
 このカード自身が高い攻撃力を持つことから、実際には2、3ターンスキップをすれば勝利できる場面も少なくないので、無限コストである必要性はなく、扱いやすいカードを採用する方が安定する。
 《黄泉ガエル》等は毎ターン自己再生できるのでロックを成立させやすいが、《光の結界》等との併用が難しくなる。
 アンデット族ベースのデッキであれば、《ゴブリンゾンビ》《ゾンビ・マスター》コストを用意でき、《アンデットワールド》を使用すればこのカード蘇生も簡単になる。
 天使族関連カードである《神の居城−ヴァルハラ》《創造の代行者 ヴィーナス》とは相性が良く、先攻ターン目でこのカード《神の居城−ヴァルハラ》《創造の代行者 ヴィーナス》《光の結界》の4枚が揃えば、妨害がない限り勝利できる。
 《鬼ガエル》効果《粋カエル》コストを稼ぎ続けるといった動きも有効である。
 《光の結界》を用いる場合、召喚権を消費しないSinモンスターも、相互的にシナジーする。
 デメリット効果を得た場合に、エクシーズ素材《アドバンスドロー》コストにできるので、これら高レベルで固めた構築も十分に考えられるだろう。

  • 「THE WORLD(世界)」はタロットにおける大アルカナの21番目のカード
    正位置は「完全」「成就」、逆位置は「未完成」「終わり」。
  • 斎王が使用した永続魔法《ザ・ヘブンズ・ロード》のイラストにて、穴の中に放置されている様子が描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 2では、OCGに先んじてゲームオリジナルカードの一枚として収録されている。
    ゲームでは下記のような効果である。
    このカードの召喚に成功した時、
    コイントスを1回行い以下の効果を得る。
    ●表:自分のエンドフェイズ時、
    自分フィールド上のモンスターを全て墓地に送る事で、
    次の相手ターンをスキップする。
    ●裏:相手のスタンバイフェイズ時、
    相手は相手の墓地の一番上にあるカード1枚を手札に加える。
    召喚でしかコイントス効果を得られず、スキップ後の自分ターンモンスターを持ち越せず、相手ターンを連続でスキップすることはできなくなっている。
    その代わり、自身のみをコストとしてのターンスキップが可能となっている。
  • この時ゲームで登場したものとOCGのものではカードの絵柄が違う。
    ゲームのものはアニメと同様のイラストだが、OCGでは少し下から見たような構図に変更されている。

関連カード

ターンをスキップ

―《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:表の効果・裏の効果効果種別はなんですか?
A:いずれも誘発効果です。(16/09/07)
  なお、裏の効果対象をとらない効果です。(09/07/14)

Q:表の効果墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、コストです。(08/02/23)

Q:表の効果強制効果ですか?任意効果ですか?
A:任意効果です。(08/02/23)

Q:表の効果でこのカード墓地へ送ることはできますか?
  また、その場合スキップ効果適用されますか?
A:はい、コストでこのカード自身を墓地へ送ることも可能で、スキップ効果適用されます。(08/02/23)

Q:表の効果コストトークン墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、コストトークン墓地へ送ることはできませんので、選択することはできません。(08/02/23)

Q:表の効果コスト《閃光の追放者》墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、コスト墓地へ送ることはできませんので、選択することはできません。(08/05/24)

Q:表の効果コスト《混沌の黒魔術師》墓地へ送ることはできますか?
A:いいえ、除外されますので、選択することはできません。(08/06/05)

Q:表の効果《闇・道化師のペーテン》《代打バッター》墓地へ送った場合、それらの効果発動できますか?
  (墓地へ送った後にスキップの処理を挟みタイミングを逃すことになりますか?)
A:発動コストとして墓地へ送った場合、相手ターンスキップする効果処理が続くため、墓地へ送られた時に発動する効果発動する事はできません。(08/12/17)

Q:先攻ターン目に表の効果相手ターンスキップした場合、次の自分ターンバトルフェイズを行うことはできますか?
A:はい、できます。(08/03/10)

Q:相手《大寒波》効果適用されている時、表の効果によって相手ターンドローフェイズ)をスキップした場合、《大寒波》効果は終了しますか?
A:はい、終了します。(08/08/20)

Q:表の効果によって相手ターンスキップした場合、自分《光の護封剣》等のターンカウントはどうなりますか?
A:その場合でもターンカウントを進めます。(09/11/22)

Q:《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果使用した後に別の《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/06/18)

Q:《星守の騎士 プトレマイオス》の「●7つ」の効果適用したターンエンドフェイズにこのカードの表の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/06/28)


Tag: 《アルカナフォースXXI−THE WORLD》 モンスター 星8 光属性 天使族 効果モンスター 攻3100 守3100 アルカナフォース

広告