《ウィルスメール/Infected Mail》

永続魔法
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル4以下のモンスター1体を選択して発動する事ができる。
このターン、選択したモンスターは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
そのモンスターはバトルフェイズ終了時に墓地へ送られる。

 GENERATION FORCEで登場した永続魔法
 レベル4以下のモンスター1体を選択し直接攻撃可能にする効果と、バトルフェイズ終了時にそのモンスター墓地へ送る効果を持つ。

 バトルフェイズ終了時にモンスター墓地へ送られるデメリットは大きいが、一部のカードはそのデメリットを回避しつつ毎ターン直接攻撃できるようになる。
 相性が良いカードとしては下記のようなものが挙げられる。

  1. 剣闘獣墓地へ送られる前にデッキに戻し、別の剣闘獣特殊召喚できる。
  2. 《怨念のキラードール》:このカード墓地へ送られても次の自分スタンバイフェイズ時に自己再生できる。
  3. 《速攻の黒い忍者》《フライファング》《忘却の海底神殿》《ゼンマイラビット》墓地へ送られる前に効果で一時的に除外することができる。
  4. コントロール奪取相手ダメージを与えつつ、相手モンスター除去できる。
  5. 《聖刻龍−ドラゴンヌート》《青き眼の乙女》:これらの場合、使い減りしない対象をとる効果である点に着目してのコンボで、何度もドラゴン族特殊召喚できる。
    デメリットシンクロ素材エクシーズ素材にしてしまえば問題はない。
  6. ペンデュラムモンスターコストでなく効果墓地へ送られる処理のためペンデュラムモンスター対象可能で、エクストラデッキで再利用可能。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送る効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/04/18)

Q:先攻ターン目やメインフェイズ2で自分モンスターを選択して効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/04/21)

Q:効果で指定したモンスターレベル効果解決時効果適用レベル5以上になった場合効果は維持されますか?
A:はい、その場合でも直接攻撃できる効果墓地へ送る効果はどちらも適用されます。(11/05/20)

Q:このカード《アポカテクイル》を選択し直接攻撃した後、《リビングデッドの呼び声》を発動し、チューナーを蘇生した場合、《アポカテクイル》墓地へ送られますか?
A:墓地へ送られます。(11/05/19)

Q:このカード効果発動効果適用された後に《マジック・キャンセラー》召喚した場合、直接攻撃できる効果墓地へ送る効果はそれぞれ適用されますか?
A:はい、その場合でも直接攻撃できる効果墓地へ送る効果はどちらも適用されます。(11/05/08)

Q:バトルフェイズに入り効果で指定したモンスター攻撃しないまたはモンスター攻撃した場合、墓地へ送られますか?
A:はい、墓地へ送られます。(11/04/21)

Q:このカード効果発動効果適用された後にフィールドから離れた場合、直接攻撃できる効果墓地へ送る効果はそれぞれ適用されますか?
A:はい、その場合でも直接攻撃できる効果墓地へ送る効果はどちらも適用されます。(11/04/22)

Q:効果適用されたモンスター《月の書》等の効果裏側表示になり、そのターン表側表示になった場合、直接攻撃できる効果墓地へ送る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されなくなります。(11/04/27)

Q:このカードの効果発動したターンバトルフェイズを行わなかった場合、次のバトルフェイズ対象となったモンスター墓地へ送られますか?
A:いいえ、送られません。(11/04/24)

Q:相手《光の護封剣》が存在する時に自分モンスターを選択して発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/04/21)

Q:《精神操作》コントロールを得たモンスターを選択できますか?
A:選択する事自体できません。(11/04/28)

Q:このカード効果適用された剣闘獣攻撃を行った場合、このカード墓地へ送る効果剣闘獣デッキ戻る効果はどちらが先に適用されますか?
A:プレイヤーが任意の順番で別々に発動し処理できます。(11/05/03)

Q:《安全地帯》効果適用されているモンスター対象にこのカード発動した場合、そのモンスター直接攻撃をする事はできますか?
A:選択する事自体できません。(12/03/01)

Q:守備表示モンスターを選択して発動できますか?
A:はい、できます。(12/04/13)


Tag: 《ウィルスメール》 魔法 永続魔法

広告