《ガーディアン・エアトス/Guardian Eatos》

効果モンスター
星8/風属性/天使族/攻2500/守2000
(1):自分の墓地にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードに装備された自分フィールドの装備魔法カード1枚を墓地へ送り、
相手の墓地のモンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果で除外したモンスターの数×500アップする。

 LIMITED EDITION 15で登場した風属性天使族最上級モンスター
 自分墓地モンスターが存在しない時に、自身を手札から特殊召喚することができる召喚ルール効果を持つ。
 さらに、自身に装備された装備魔法を1枚墓地へ送ることで、墓地モンスター除外し、攻撃力をアップする起動効果を持っている。

 最上級モンスターとしてはステータスが低いが、自身のモンスター効果特殊召喚できる。
 条件さえ整えば複数展開も可能だが、逆に手札腐る可能性もある。
 この点から、【次元ビートダウン】【剣闘獣】【マドルチェ】等の墓地モンスターが溜まりにくいデッキでは運用しやすい。
 《トレード・イン》《神の居城−ヴァルハラ》等、他の利用手段も用意しておくと良い。

 この他、《究極封印神エクゾディオス》等で墓地を操作すれば、中盤以降でも効果を活用できる。
 【戦士族】ならば、《神剣−フェニックスブレード》サーチし使い回すことで墓地を空にできる。
 《アームズ・ホール》とも相性が良く、このカード特殊召喚できるので、通常召喚できないデメリットも気にならない。
 その際は、このカードを先に特殊召喚しておけば、《アームズ・ホール》発動時にモンスター墓地に落ちる可能性も気にならない。

 相手墓地モンスター除外するモンスター効果は、装備魔法さえあれば発動回数に制限がない。
 装備魔法墓地に存在することがメリットになるカード【ヴァイロン】《ライフ・ストリーム・ドラゴン》等がある。

 しかし特殊召喚効果は序盤の方が使いやすく、除外効果墓地カードが少ない序盤では使いにくいと、噛み合っているとは言いづらい。
 両方の効果を同時に使用するのは難しいので、どちらかに特化させて戦術を組み立てた方が良いだろう。

  • イラストはへそ出しの服装をしているが、露出描写に厳しい海外でのイラスト修正は受けていない。
    アマゾネス同様、民族衣装への規制は差別行為につながるからだろうか。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    星8/風属性/天使族/攻2500/守2000
    「女神の聖剣−エアトス」が自分のフィールド上に存在する時のみ、
    このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。
    墓地にモンスターがいない場合、このカードは生け贄無しで特殊召喚する事ができる。
    このカードに装備された「女神の聖剣−エアトス」を破壊する。
    相手の墓地のカードを上からモンスターカード以外のカードが出るまで
    モンスターカードを取り除く。
    取り除いたモンスターカードの攻撃力の合計値をこのカードの攻撃力に加える。
    また、戦闘破壊された時にデッキから《ガーディアン・デスサイス》守備表示特殊召喚できる効果を持っている。
    アニメ版のテキストにも書かれてないが、ラフェール本人の口からも、この効果は《ガーディアン・エアトス》の効果であると明言されている。
  • アニメ版のイラストは腰から上しか写っておらず、正面を向いている。
  • 《オレイカルコス・シュノロス》同様、アニメに登場したのは2003年で、実に6年近い時を経てのOCG化となった。
    ヴァリュアブル・ブック12には「一部のファンの間では、長年登場が待ち望まれた人気カード。」と書かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚するのは種別のない効果(→召喚ルール効果)、もう一つの効果起動効果です。(09/08/03)

Q:対象をとりますか
A:相手墓地モンスター対象にとります。(09/08/03)

Q:除外と数値上昇は同時扱いですか?
A:同時扱いです。(09/08/03)

Q:《次元の裂け目》が存在している時に、このカードに装備されているユニオンモンスターなどの装備魔法扱いのモンスター墓地へ送って発動できますか?
A:はい、そのカード除外されずに墓地へ送って発動できます。(09/09/24)

Q:起動効果効果解決時にこのカードが存在しない場合、数値の上昇は処理できませんが除外は行われますか?
A:はい、除外は処理します。(12/02/08)

広告