《キラー・トマト/Mystic Tomato》

効果モンスター
星4/闇属性/植物族/攻1400/守1100
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから攻撃力1500以下の闇属性モンスター1体を
自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した闇属性植物族下級モンスター
 リクルーターの一体であり、戦闘破壊され墓地へ送られた時に攻撃力1500以下の闇属性モンスターデッキから表側攻撃表示特殊召喚できる任意発動誘発効果を持つ。

 モンスター効果によってリクルートできるカードの総数は600種以上と多岐に渡り、また汎用性の高いカードを多く含む。
 専用のサーチまたはリクルート手段の無い低攻撃力闇属性積むデッキでは、潤滑油として起用できる。
 汎用性の高いチューナーを多くリクルートできるため、シンクロ召喚を積極的に行うデッキに採用しても活躍する。
 墓地を肥やす事でカオス墓地コストも賄える。
 PHANTOM DARKNESSEXTRA PACKで登場した《ダーク・アームド・ドラゴン》等の闇属性関連カードとも相性は良好で、墓地の枚数調整にも役立つ。

  • 元ネタは、恐らくジョン・デ・ベロ監督の米国映画「アタック・オブ・ザ・キラー・トマト」だと思われる。
    ストーリー自体はトマトが人を襲撃するというだけの内容なのだが、如何にもB級映画らしいキャストや演出がカルト的な人気を得て、最終的にはアニメまで作られた。
    事実、このカードイラストはアニメのトマトと非常に似ている。
  • 英語版では殆ど面影の無い写実的で恐ろしげな顔のイラストに差し替えられており、名前も「Killer」がまずいためか「Mystic Tomato」になっている。
    日本版のイラストはキリスト教と関係のある「ハロウィン」を想像させるため、宗教上の問題から変更されたのかもしれない。
    が、同じくハロウィンを題材にしている《ゴースト王−パンプキング−》イラストは修正を受けていない。
  • アニメGXでは橘一角のデッキに入っているのが確認できる。
    彼の使用する効果モンスター《不死のデスロード》のサポート用だったのだろう。
    「翔&剣山vs氷丸&雷丸」戦では、氷丸の使用した永続罠《メビウスの氷河》のイラストに登場している。
  • アニメZEXAL第50話では、フォールガイズ・ウルフのデッキタイプが「Mystic Tomato Hand Destruction」と表示されていた。
  • アニメARC-V第21話において、遊矢が読んでいた雑誌「Dステップ」に「トマトハンデスデッキ」の記事が載っており、そのデッキレシピに3枚投入されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「トマトを口に入れられ窒息した人間がこのような姿になった」と書かれている。
    DM4では生け贄を必要とするため全く使えないカードと化しているが、それ以上に他に類を見ないおぞましい設定である。
    • DUEL TERMINALでは闇マリク、EXステージのモクバ、ユベル、ボマー、十六夜アキが使用。
      攻撃する際は「ケッケッケッケッケ……」という音声が入っており、体当たりをする。
      十六夜アキは第10弾から使用し専用ボイスがある。

関連カード

―《キラー・トマト》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カードに記載された攻撃力が「?」のモンスターリクルートできますか?
A:そのタイプのモンスターは、デッキ内だと攻撃力を判定できないためリクルートできません。

Q:《異次元の狂獣》相打ちになった場合は効果発動しますか?
A:その場合《異次元の狂獣》効果除外されるために発動しません。


Tag: 《キラー・トマト》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 植物族 攻1400 守1100

広告