《キングゴブリン/Goblin King》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
自分フィールド上にこのカード以外の悪魔族モンスターが存在する場合、
このカードを攻撃する事はできない。
このカードの攻撃力・守備力は、フィールド上のこのカード以外の
悪魔族モンスターの数×1000ポイントになる。

 天空の聖域で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 フィールド悪魔族の数に比例して自己強化する永続効果と、悪魔族が存在する場合攻撃されない永続効果を持つ。

 フィールド悪魔族モンスター1体につき1000と倍率自体は高く、悪魔族を複数並べる手段を併用すれば高い攻撃力を得やすい。
 相手フィールドモンスターもカウントするため、《リバイバル・ギフト》《ナイトメア・デーモンズ》《トーチ・ゴーレム》を併用すれば3000となる。
 これらを使う場合、《洗脳解除》でも自分フィールドに合計3000以上の総攻撃力となるモンスターを用意できるが、こちらはモンスター故にサーチリクルート手段が多い。
 《DNA改造手術》とのコンボも可能だが、その場合は《サイファー・スカウター》以上の数値は得にくい。

 自分フィールド悪魔族トークンが複数出てくるカードを併用すると攻撃力は補いやすい。
 《幻銃士》であれば銃士トークンを出せるため悪魔族を揃えやすい。
 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》お互いフィールドシャドウトークンが出てくる状態となるため、攻撃力が上がる。
 《究極幻神 アルティミトル・ビシバールキン》も相性が良く、効果邪眼神トークンを複数展開し易い。

 【ダストン】とは相性が良く、活躍を期待できる。
 《ハウスダストン》効果により悪魔族であるダストン自分相手フィールドに容易に8体展開できるので、1ターンキル級の攻撃力を簡単に得ることができる。
 《ヘル・セキュリティ》《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》といったレベル1サポートを《ハウスダストン》と共有できる事もあり、ダストン展開後のフィニッシャーとして使い勝手が良い。

 他にも《地獄の暴走召喚》で複数揃えればそれぞれの攻撃力が少なくとも2000以上になり、攻撃を封じることもできる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《収縮》《巨大化》発動されて攻撃力が0になった場合、その後すぐにこのカード効果で自身の攻撃力がアップしますか、それとも0のままですか?
A:《収縮》適用した場合、すぐにこのカード効果で自身の攻撃力がアップするので結果的に攻撃力の変化はありません。
  また、《巨大化》装備した場合、装備されている間の《キングゴブリン》の攻撃力は0となります。(14/04/17)


Tag: 《キングゴブリン》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0 ゴブリン

広告