《クリボー/Kuriboh》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターが攻撃した場合、
そのダメージ計算時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。

 Vol.7で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 自分への戦闘ダメージを1度だけ0にする手札誘発誘発即時効果を持つ。

 相手ターンに使える、手札誘発カードの開祖。
 しかし《速攻のかかし》《バトルフェーダー》といった後続に単体性能は劣る。

 このカードならではの利点としては、《クリボーを呼ぶ笛》《増殖》《機雷化》といった、専用サポートカードの存在がある。
 《クリボーを呼ぶ笛》ならば手札加える事でモンスター効果の発動特殊召喚する事でリリースシンクロ素材など各種コストの確保ができる。
 《増殖》《幻魔皇ラビエル》リリースを一気に確保する事も可能。
 カテゴリとしてのクリボーにも属するため《クリボーン》で複数体を蘇生させることもできる。

  • 「アジアチャンピオンシップ2001」の《クリボー》は、2008年1月3日にYahoo!オークションに開始価格50万円で出品されたが、落札者は現れなかった。
  • 原作・アニメにおいて―
    遊戯(闇遊戯)が「決闘者の王国編」「バトルシティ編」の両方で愛用した数少ないモンスターカードの1枚。
    遊戯のデッキのマスコット的存在にして、彼のデッキの守りの要と言えるカードである。
    「決闘者の王国編」の「闇遊戯vsインセクター羽蛾」戦において初登場。
    そのときは名称不明の罠カード(アニメでは《パラサイト・ワーム》という名前がついている)の囮になって破壊されるだけだった。
    「闇遊戯vs海馬」戦において、このカードの隠された効果機雷化」が初登場。
    《増殖》とのコンボで無限に増殖して無敵の壁となり、《青眼の究極竜》から遊戯のライフポイントを守っている。
    「遊戯vsペガサス」(2戦目)でもこのカード《サウザンド・アイズ・サクリファイス》攻略の糸口となるなど、大いに活躍した。
    「闇遊戯&海馬vs光の仮面&闇の仮面」戦では海馬も助けているが、《魔力無力化の仮面》によって《増殖》とのコンボが初めて破られた。
    「記憶編」におけるファラオとセトの訓練戦(ディアハ)では、石版に封印されていた「魔物」としてファラオが召喚
    セトの精霊《デュオス》に石版ごと砕かれたことで石版の破片と同数に《増殖》し、力に頼るセトを戒めた。
  • 当初は海馬はおろか、舞やペガサスからも「最弱モンスター」の烙印を押されていた。
    原作ではテキストに何も書かれておらず、《ワイト》と変わらぬ攻守を見ればそう思われるのも無理はないだろう。
    しかし、創造主のペガサスですらその様に見なしていたということは、上述の隠された効果は一体どのような経緯で付けられたのだろうか。
  • 東映版『遊☆戯☆王』の劇場版でチョイ役出演している。
    プロローグで青山翔吾がカード屋で買ったパックで最初に引いたカードであり、その次の2番目に作中のキーカードである《真紅眼の黒竜》を引いている。
    デュエルでは使用されていないが《シルバー・フォング》と同じく劇中で出番のあったカードの為かスタッフロールでも登場している。
  • アニメDMでは途中からOCG仕様となり、原作以上に多くの場面で使用されている。
    OCG効果の初使用は「バトルシティ編」での「闇遊戯vs海馬」で、遊戯に対する《オベリスクの巨神兵》ダメージを打ち消した。
    この効果が使用された時、《増殖》とのコンボ時と同じように《クリボー》が大量に増殖して遊戯のデュエルディスクのライフカウンターに立ちはだかる演出であった。
  • アニメ版「バトルシティ編」の「闇遊戯vsバクラ」戦では、ドローしたこのカードレベルが表記されていないミスがあった。(再放送やDVDでは修正されている)
  • アニメオリジナル「乃亜編」においては、「闇遊戯vsビッグ1(大下)」戦にて闇遊戯のデッキマスターとして勝手に出現。
    他のデッキマスターと異なり言葉を話せないために能力を教えてくれるような事もなく、闇遊戯を悩ませた。
    因みにその効果は、「デュエル中に1度だけ、発動してからターンが終わるまでのあらゆるダメージ無効化する」という《クリボー》らしい能力だった。
  • アニメオリジナル「ドーマ編」では、「クリボー5兄弟」の存在が確認された。
    詳細はクリボーのぺージを参照のこと。
  • 杏子の携帯電話に《クリボー》を模したストラップが付いているシーンがある。
  • 劇場版『光のピラミッド』の冒頭では、凶暴性をあらわにして遊戯に襲いかかっている。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でも遊戯が使用。
    砦の内部で左右から壁が迫ってきたときに高所にあるカプセルを見つけ出し、カプセルに向かってジャンプする遊戯をサポートした。
    その後は遊戯が存在を忘れたかのごとく登場しなかったが、最終回になってやっと再登場し、《スティング》と共に仲間の守りに徹した。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。
  • アニメZEXAL・SP特番(内村選手五輪金メダル記念)の「遊馬vs大樹」戦では、大樹の手札に確認できる。
  • アニメARC-Vの「権現坂vs暗国寺」戦で描写された観客の中に、このモンスターを元にしたと思われる被り物をした子供の姿が確認できる。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「小さな悪魔 暗闇でいっぱい出てくるととっても邪魔だ」と書かれている。
    まるで《ワイト》《ヘルバウンド》を思わせるような内容である。
  • 「フォルスバウンドキングダム」では、そのままではあまり強くないが、専用アイテムの《増殖》を装備する事で攻撃力が大幅にアップする。
    装備している数だけアップするので、持てる分だけ装備すると、とても《クリボー》とは思えないほどの攻撃力を得る事ができる。
    このゲーム時の通常攻撃名は「ニードルスプリンクラー」、全体攻撃名は「分身ハリネズミシュート」。

関連カード

サポートカード

―《クリボー》の姿が見られるカード

色違いモンスター

―類似モンスターカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1ターン戦闘ダメージを、全て0にできるのですか?
A:いいえ、戦闘ダメージを0にできるのは1体分だけです。

Q:《ガード・ヘッジ》と同時に使用したい場合、どうすればいいですか?
A:発動タイミングが同じ「ダメージ計算時」なので、チェーン処理になります。(09/03/02)

Q:同一チェーンで、2枚の《クリボー》の効果発動できますか?
A:はい、できます。(12/09/10)

Q:自分モンスターよりも、相手モンスター攻撃力の方が低い場合、《クリボー》の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/09/10)

Q:攻撃力0のモンスター攻撃に対し、《クリボー》の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/09/10)


Tag: 《クリボー》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻300 守200 クリボー

広告