《ゴヨウ・ガーディアン/Goyo Guardian》

シンクロ・効果モンスター(禁止カード)
星6/地属性/戦士族/攻2800/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
そのモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。 

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 戦闘破壊したモンスター墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 シンクロ素材に制限はなく、レベルシンクロモンスターとしては高いステータスを持ち、多くのモンスター戦闘破壊して蘇生することができる。
 奪ったモンスター守備表示になる以外の制約はなく、戦闘効果の発動リリースシンクロ素材エクシーズ素材等に活用できる。
 《最終突撃命令》等との併用することで、バトルフェイズ中に追撃する事も可能となる。

  • カード名の由来は、江戸時代の警察機構である奉行所や火盗改めの末端である「岡っ引」の別名が「御用」である。
    「御用」には「逮捕」という意味もあるので、相手モンスターを奪うモンスター効果にピッタリのネーミングである。
    様々なモンスターを御用にしてきたこのカードであるが、最終的には自身が御用になるという何とも皮肉な結末となった。
    • このカードの背景にも、「御用」の文字が記されている。
  • イリアステルによって見せられた「未来のネオ童実野シティ」の映像にこのカードが映っている。
  • 攻撃の際は、紐付きの十手を投げつけ、その十手の紐で戦闘破壊したモンスターを絡めとっている。
    「ラリアット(Lariat)」と聞くと、相手の首や胸に自分の腕をぶつけるプロレスの技を思い浮かべるかもしれないが、こちらは「動物を捕縛する縄」という意味の「ラリアット」である。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのスピードデュエルでは、このカード《手錠龍》をスキャンすると、隠しデッキ「ゴヨウ・チェイサーズ」が使用できる。
    アクセラレーションガイド付属カードの方もDUEL TERMINALに対応しており、ゲーム内で召喚すると「御用」の文字のエフェクトが現れる特別仕様となっている。
    また、アクションデュエルのミニゲーム「遊星GO!」でも、十手を投げつけて妨害する敵キャラとして登場する。

関連カード

戦闘破壊したモンスターコントロールを得るモンスターについては、《ジャッカルの霊騎士》を参照。

―《ゴヨウ・ガーディアン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:コントロール奪取されたモンスター戦闘破壊自分墓地へ送ったとき、そのモンスター蘇生する事ができますか?
A:できます。(08/04/19)

Q:戦闘相打ちになった場合、効果発動する事ができますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(09/05/29)

Q:墓地モンスター対象にとりますか?
A:いいえ、とりません。(08/08/12)

Q:《ボマー・ドラゴン》戦闘破壊墓地へ送った場合、効果《ボマー・ドラゴン》特殊召喚する事ができますか?
A:はい、特殊召喚する事ができます。(08/10/04)

Q:《ウィード》攻撃し、《ウィード》効果によって別の植物族が代わりに破壊された場合はその植物族モンスター特殊召喚する事ができますか?
A:戦闘を行った《ウィード》自身がフィールドに存在するため発動する事ができません。(08/10/31)

Q:このカード裏側表示《スノーマンイーター》戦闘を行いました。
  《スノーマンイーター》効果によってこのカード破壊された場合、効果解決時にこのカードフィールドに存在しないことになりますが、《スノーマンイーター》墓地から特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、その場合特殊召喚できません。(10/08/01)

広告