《ゴヨウ・ガーディアン/Goyo Guardian》

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星6/地属性/戦士族/攻2800/守2000
地属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性戦士族シンクロモンスター
 相手モンスター戦闘破壊墓地へ送った時、そのモンスター自分フィールド守備表示特殊召喚できる誘発効果を持つ。

 レベルシンクロモンスターとしては非常に高いステータスを持ち、多くのモンスター戦闘破壊して蘇生する事ができる。
 奪ったモンスター守備表示になる以外の制約はなく、効果使用したり、リリースや各種素材に活用できる。
 《最終突撃命令》等と併用する事で、バトルフェイズ中に追撃する事も可能。

 チューナー地属性に限定されているが、《グローアップ・バルブ》《TG ストライカー》など汎用性の高いモンスターも多く、このカードを中心としたデッキを組むのも悪くない。
 他には、地属性チューナーを擁する【X−セイバー】【スクラップ】【カラクリ】などで活躍できるだろう。

  • イリアステルによって見せられた「未来のネオ童実野シティ」の映像に、このカードが映っていた。
  • 攻撃名の「ラリアット(Lariat)」とは「動物を捕縛する縄」という意味であり、プロレス技の名前ではない。
    アニメでは、攻撃時に紐付きの十手を投げつけ、その十手の紐で戦闘破壊したモンスターを絡めとる描写がなされている。
  • Duel Arenaでは《ゴヨウ・ガーディアン》制限復帰キャンペーンが行われ、そのイベントで配布されている。
    説明文には「正義の守護者が遂に帰ってきた。得意技の「ゴヨウ・ラリアット」で悪党を痛めつける」といった趣旨の文章が書かれており、内容は牛尾が使用したカードを集めたデッキとなっている。

関連カード

シンクロ素材に指定されているチューナーについてはこちらを参照

戦闘破壊したモンスターコントロールを得るモンスターについては、《ジャッカルの霊騎士》を参照。

―《ゴヨウ・ガーディアン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:コントロール奪取されたモンスター戦闘破壊自分墓地へ送ったとき、そのモンスター蘇生する事ができますか?
A:できます。(08/04/19)

Q:戦闘相打ちになった場合、効果発動する事ができますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(09/05/29)

Q:墓地モンスター対象にとりますか?
A:いいえ、とりません。(08/08/12)

Q:《ボマー・ドラゴン》戦闘破壊墓地へ送った場合、効果《ボマー・ドラゴン》特殊召喚する事ができますか?
A:はい、特殊召喚する事ができます。(08/10/04)

Q:《ウィード》攻撃し、《ウィード》効果によって別の植物族が代わりに破壊された場合はその植物族モンスター特殊召喚する事ができますか?
A:戦闘を行った《ウィード》自身がフィールドに存在するため発動する事ができません。(08/10/31)

Q:このカード裏側表示《スノーマンイーター》戦闘を行いました。
  《スノーマンイーター》効果によってこのカード破壊された場合、効果解決時にこのカードフィールドに存在しないことになりますが、《スノーマンイーター》墓地から特殊召喚することはできますか?
A:いいえ、その場合特殊召喚できません。(10/08/01)


Tag: 《ゴヨウ・ガーディアン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 戦士族 攻2800 守2000

広告