《サクリファイス・ロータス/Samsara Lotus》

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻   0/守   0
自分のエンドフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、  
自分フィールド上に魔法・罠カードが存在しない場合、  
自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。  
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、自分のスタンバイフェイズ毎に  
このカードのコントローラーは1000ポイントダメージを受ける。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性植物族下級モンスター
 《黄泉ガエル》のように自己再生する誘発効果と、スタンバイフェイズ毎にダメージを受ける誘発効果を持つ。

 《リンクリボー》自己再生コストにして、モンスター《くず鉄のかかし》として運用できる。
 《リンクリボー》相手ターンにも自己再生できるので、これを上手く活用すると良い。
 モンスター除去されても次のターンにはまた同様のことができ、除外されない限り毎ターン繰り返し使える。
 《黄泉ガエル》との併用が可能なので、自分ターンでは《黄泉ガエル》コストにして《リンクリボー》自己再生し、相手ターンではこのカードコストにすることで《リンクリボー》を使い回すと良いだろう。
 前のターン《黄泉ガエル》を出し《リンクリボー》リンク召喚
 次のターンにこのカードを出しリンクモンスターリンク召喚して、エンドフェイズにこのカード自己再生
 相手ターンでこのカードリリース《リンクリボー》自己再生
 2ターン掛かりだが、このカード《黄泉ガエル》《リンクリボー》の3枚だけで、リンクモンスター《リンクリボー》という布陣を敷くこともできる。

 他には、相手ターンシンクロ召喚できる《スチーム・シンクロン》等と組み合わせて、相手ターンシンクロ素材使用することも可能。
 また、《アルカナフォースXXI−THE WORLD》コストに用いれば、相手を完全にロックできる。

 【ロックバーン】等のデッキでは、単純に《強制転移》《死のマジック・ボックス》等で相手送りつけることで、相手ダメージを与えるのもいい。
 1回のダメージ《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同じなので、地味に活躍してくれるだろう。

  • 「ロータス(lotus)」とは、ハスと睡蓮を含めた総称である。
    エジプト神話などにも登場しており、ホルスはロータスから生まれたとされている。
    英語名の「Samsara」は、輪廻転生を意味するサンスクリット語であり、あわせて「輪廻転生の蓮」といった意味となる。
  • アニメ5D'sでは十六夜アキの回想シーンにおいて、アキの父・英雄が使用している。

関連カード

―《サクリファイス・ロータス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:墓地から特殊召喚する効果チェーンをして自分速攻魔法発動し、効果解決時自分フィールド上に魔法・罠カードが存在する場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/01/19)

Q:ダメージを受ける効果効果解決時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、ダメージを与える効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/01/19)


Tag: 《サクリファイス・ロータス》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 植物族 攻0 守0

広告